土佐高知の雑記帳

四国西南部から徒然なるままに、祖国の右傾化、田舎切りすてに異議申し立てほえる。靖国神社の戦争犠牲者冒涜に怒りの発信!軍需産業=吸血鬼を暴き出すお気楽バンパイア・ハンター(^○^)

Entries

記念講演での「反省」に思う

日本共産党創立88周年記念講演会で志位和夫委員長が参議院選挙での敗北の要因の一つに

、消費税増税問題での論戦の「弱点」をあげ、わかりやすい建設的スローガンを掲げるべきだったとしている。

日本共産党創立88周年記念講演会 - しんぶん赤旗

まず応援のクリックをお願いします!

志位委員長はこの問題について、菅首相が出してきた消費税増税論議に真っ向から反対を貫いてたたかったことには成果があったが、新しい政治への探求を求めている国民には建設的ケッセージを伝えきれなかったとして次のように語っている。

-----(引用開始)-----
私たちの論戦は、とくに6月17日以降、「消費税増税反対」が前面に押し出され、国民の新しい政治への探求にこたえ、展望をさししめす建設的な提案は、語ってはいたのですけれども、後景に追いやられる結果となりました。そのため、多くの国民には、「反対」というメッセージだけが伝わることになりました。
-----(引用開始)-----

そして、「どういう訴えが必要だったか」について次のように語っている。

-----(引用開始)-----
「消費税増税反対」と一体に、「大企業応援から暮らし最優先」への転換というわが党ならではの経済政策の基本姿勢が伝わり、この立場にたってこそ財政危機打開の道も開かれるという展望が伝わるような、建設的なスローガンを提起すべきだったと思います。しかもこの問題では、一言でいえるスローガンが大事だったと思います。それにもとづいて国民の探求にこたえる豊かな論戦を展開する。こうして消費税問題と一体に、日本の経済と財政をどうするかについての私たちの積極的展望を大きく語り、建設的メッセージが伝わる論戦が必要だったのではないか。
-----(引用開始)-----

ここに参議院選挙の公示日(6月24日)に志位委員長が新宿駅西口で行った第一声がある。

見出しは次のようになっている。
○大企業減税のための消費税増税――増税大連合にきびしい審判を
○大企業応援から国民生活応援へ――経済政策の大本からの転換を
○普天間基地の無条件撤去――アメリカ政府にきっぱり伝える
○大激戦――首都・東京から比例代表と選挙区の二つの勝利を

最後の部分はわずかだが、あとは3分の一ずつ。
構成としては建設的提案が少なすぎたということはないと思う。
問題は中身だ。
まず批判があって、次に日本共産党の提案という形になっている。
それが「反対」というメッセージだけが伝わることになったとの指摘は当たっていると思う。

どうすれば良かったか?
論戦を告発→批判→対案(建設的提案)ではなく、逆にすべきではなかったかと思う。
まず財政危機を突破する日本共産党の提案を示し、その論旨のなかで菅内閣がすすめようとしている消費税増税、大企業減税が、財政危機を悪化させる愚策であることを批判する――そうすれば「反対」というメッセージだけが伝わることにはならなかったのではないかと思う。

しかし、これはこれまでも繰り返し強調されてきた論戦の基本中の基本である。
だが、菅首相が消費税増税を口にした6月17日を境にして中央の論戦は引き寄せられるかのように「反対」が前面に出た。
それをいさめる声はなかったのだろうか。

実感からすると、消費税問題は菅首相が口にしたことでクローズアップはされたが、それまでも財界から出ていたし、それに呼応する自民党スジ、民主党の一部の動きも明らかになっていた。
当ブログでも6月17日以前にそれをとりあげていた。

消費税増税は亡国論

内部留保放出こそ要石

消費税引き上げ論議を嗤う

それが6月17日を境にして急速に「決戦的争点」に押し上げられたことに、やや奇異な感じはもった。

また署名活動の経験で、国民の中に財政危機突破のために「消費税増税やむなし」との世論が相当強固・広範囲に形成されていることもわかっていた。
だからこんどの記念講演で明らかにしたような財源論(大企業・大金持ち増税、歳出引き下げ)にまで突っ込んで論戦をする必要があったと思う。

だが、この問題は委員長が言うように20秒程度の一言でいえるスローガンでわかるものなのだろうか?
それも大事だが、現場の対話で日本共産党の財政再建論、成長戦略論を縦横に語る力を党員、運動員が持つことが大切だと思う。

参議院選挙での敗北の反省は、まだこれからだ。


☆きょうも読んでくれてありがとうm(__)m
 サヨクブログのランキングアップにご協力を!
  励みになります。ポチッとおねがい!
↓    ↓   ↓
にほんブログ村 政治ブログへ

*Comment

 

選挙後、メール読むまで、反対ばかりではダメだということに気が付かなかったとは!そんな話は、下では渦巻いた。常任幹部会というのはどれだけ茶坊主集団なのか。
  • posted by 天津飯 
  • URL 
  • 2010.08/05 13:18分 
  • [Edit]

 

国家財政は実は深刻な状況ではない事は分かっているんですが、マスコミにのせられている人達には違うんですね。まずその辺りの発想の転換が彼等にとって不可能に近い程大問題なんですよね。
民主党が無駄を省けば財政が好転すると期待(それだけの実力は少なくとも彼等にはなかったし、やる気もはじめから無かった)していた国民にとって誰にも出来ないのではないか?まして共産党にやらせたら全て国営化してソ連の末期の経済状態にされてしまうに決まってるって言うシナリオが浮かんで来るのでしょうね。
賃金として払われるべきお金を内部留保し過ぎてる事に関しても、もし大企業が潰れたら経済が破綻すると言うイメージなのでしょう。この20年、次第に下がり続けた賃金が少なくとも横ばいであったら日本だけが経済成長が出来ないなんて事はなかったはずなのですが。
マスコミによって蚊帳の外に追いやられる作戦は大成功でした。
「誰がやっても官僚の代わりはできないんだ。」と国民に諦めさせる事に成功したのですから。

不謹慎だとは思いますが、いくらマスコミが偏っているにせよ、自分で考える人があまりに少ないです。民意の低さを思わざるを得ません。
  • posted by ヒロユキ 
  • URL 
  • 2010.08/05 18:47分 
  • [Edit]

 

別にスローガンが明後日の方向を向いているのは今に始まったことじゃありませんから、350万票という深刻な水準に留まったことの理由にはなっていませんね。
  • posted by キンピー 
  • URL 
  • 2010.08/05 19:28分 
  • [Edit]

 

党中央の枝葉末節な総括にうんざりしていたところに、

>現場の対話で日本共産党の財政再建論、成長戦略論を縦横に語る力を党員、運動員が持つことが大切だと思う。

は、希望の光。そのためには、「枠」をあらかじめ嵌めるような「民主集中制」は廃止し、「言論は闊達、(行動には一定の制限)」という、現状に相応しい「民主集中制」に変えるべきだ。

20秒ではなく、2秒で 

ご無沙汰しております。記事のほうはチェックしておるのですが、いろいろ忙しくてコメント欄のチェックまではなかなか至りませぬ(^^;;
>だが、この問題は委員長が言うように20秒程度の一言でいえるスローガンでわかるものなのだろうか?
少し話しはずれますが、基地問題の街宣をしている時「(こっちは急いでるんだから)2秒で分かるようなことをせんとアカン」などといわれたことがあります。
その上で、人に興味を持ってもらった上で、
>現場の対話で日本共産党の財政再建論、成長戦略論を縦横に語る力を党員、運動員が持つことが大切 ですね、どんな運動でも・・・

アプローチ 

執行部は何か総括におけるアプローチからが間違っているのではないかと感じます。

繰り返しになりますが今回の総括は、先ずは2005年、2007年、2009年にどんな風が吹こうが共産党に投票していた最低450万と言われる基礎票が、今回どうして350万にまで減ったのかの調査と分析からした方がいいと思います。(前々回も前回もそして今回も共産党に投票していない層の意見を参考にするより効果的です。)

これだけの得票数の後退は、何らかの理由で彼らを怒らせたか、大きくやる気を失くさせた原因が何かあるはずです。先ずは去年の総選挙後から赤旗購買をやめた人や、購買していた人でも積極的支持(友人・知人の声掛けや電話かけなどのお手伝い)から消極的支持(自分の一票だけの支持)になった人に対して、その理由をうまく聞きだせばいいのにと思います。

個人的には消費税増税反対の今回のスローガンが原因で、これまでの強固な基礎票が離れたとはちょっと思えません。天安沈没の「北風」説よりはまだ救いがありますが・・・。
  • posted by FK 
  • URL 
  • 2010.08/05 23:56分 
  • [Edit]

賛成 

「現場の対話で日本共産党の財政再建論、成長戦略論を縦横に語る力を党員、運動員が持つことが大切だと思う。 」

 そのような主体的力量のある人間を教育する活動を最優先にする必要があります。が、政策論と同時に、日本共産党の根本思想、基本思想についても縦横に語っていける力量をつける必要があります。

 裏切り者の野坂ら分派グループというものの原因は、結局のところ、政策論でも人気・人柄でもなく、思想・理論が腐っていたからなのですからね。

 日本共産党が容認している腐った思想・理論の清掃が本当に急務だと思います。

 基本思想の違う勢力は別政党にし、政策協定で政治協力する方が絶対に正しいと東西は思います。
  • posted by 東西南北 
  • URL 
  • 2010.08/31 14:23分 
  • [Edit]

NoTitle 

キンピーさんやFKさんは共産党の票が増えても決して評価はしないんだよね。
まあそういう人だから
  • posted by エイラ 
  • URL 
  • 2014.12/27 00:24分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「議員歳費や政党助成金に切り込む選択肢もあり得る」 西日本新聞

2010年8月7日(土)  当ブログの 【8月4日の記事】 や 【7月30日の記事】 で、国会議員の定数削減問題を論じ、【8月4日の記事】の最後に、「国会議員自らが身を切る」 というと 『議員定数の削減』 となっていることを 「おかしい!」 という議論を高め、 マ

比例定数削減論の狙いは、その後には消費税増税などの国民負担の実現ー無駄というなら政党助成金を削減をー

地方紙 社説から異論 比例削減 少数意見を封殺/政党助成金削減を --------------------------------------------------------------------------------  民主党が参院選後の臨時国会で衆院比例定数80削減の法案を提出・成立させる構えをみせていることに、地方紙が

Menu

応援おねがいm(__)m

サヨクブログ興隆のために 1日1回それぞれポチッと!!↓


にほんブログ村 政治ブログへ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アンケートのおねがい

このブログへの評価をおねがいします。これからの記事に反映させていきたいと思います。

プロフィール

土佐高知

Author:土佐高知
男性/スライム系(LV61・HP715・MP1952)/高知県に生息/酒席は好きだが、晩酌はしない/どちらかといえば「凝り性」/美徳は「きまぐれ」/ウルトラマラソンに向かって日々鍛錬中!!/嫌いなことは陰口と意見を無視する態度
◎ブログの考え◎
TBは、削除しません。ただし、アダルトやスパム、記事に直接関係のないものなどは警告なく削除します。
コメントへの書き込みは、管理人および訪問者の意見交換の場と考えていますので、反対意見でもフレンドリーかつ建設的な態度で行なっていただくようお願いします。無意味な文字の羅列や、コピペ、他者を誹謗・中傷する(この判定は下記のとおり)コメントは警告なく削除する場合があります。多重ハンドル禁止など、ネチケットをまもることは、最低限のルールであることは言うまでもありません。
その他、ここに明文化していないことは土佐高知の判断に属します(重要!)。
紹介している商品の取引は、それぞれの責任でおこなってください。当ブログは一切の責任をおいません。

MAILをどうぞ!

ここでは書けないご意見、お問い合わせをどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QRコード

FC2拍手ランキング

ブロとも申請フォーム

埋め込み

右サイドメニュー

トコトン共産党

ご訪問ありがとう

ただいまのご訪問者

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ブログ内検索

商品検索

賛同TBセンター


「しんぶん赤旗」

ブログジャンキー

わたしのオススメ

お薦めの本、CDなど



















アフリⅠ

アフリⅢ