FC2ブログ

土佐高知の雑記帳

四国西南部から徒然なるままに、祖国の右傾化、田舎切りすてに異議申し立てほえる。靖国神社の戦争犠牲者冒涜に怒りの発信!軍需産業=吸血鬼を暴き出すお気楽バンパイア・ハンター(^○^)

Entries

日本テレビクルーの遭難

はっきりしたことはわからないが、これまで報道されている内容を読むと、二人はガイドの

注意を再び無視した形で沢から入って遭難した可能性が高い。

まず応援のクリックをお願いします!

毎日から引用。
-----(引用開始)-----
 死亡した日本テレビの2人と一度は埼玉県の防災ヘリコプター墜落現場に向かった、山岳ガイド、水野隆信さん(33)は1日夜の会見で、30日に2人の装備を確認したところ、「(北さんの)装備はかなり不十分だった。その時に大丈夫かと思った」と明らかにした。川上さんは防寒具などを装備していた。北さんには、水野さんがヘルメットや、沢登り用の靴を貸したという。

 墜落現場に向かった際、2人の足取りが危うかったため、「途中で引き返そうと決めていた」。滝川で水の冷たさを確認。「雲行きが怪しい。服装(の問題)があるので撤退しましょう」と伝え、登山口へ戻ったという。

 午前10時ごろ、川上さんが「尾根の方を見たい。少し見てくるだけなので」と言ったため、「すぐ戻ってくるだろう」と思い解散した。午後2時までに戻るよう伝えたという。
-----(引用終了)-----

山をなめていたとしかいいようがないが、近年、山岳遭難が増加しているという。
それも中高年(50歳代~60歳代)が急増しているという。

山岳には興味があったので、このあいだ図書館から一冊借りてきたが、それを読むと驚くべき実態が記されていた。

その本によると近年遭難が増えている山は、富士山と東京都八王子市にある高尾山(599m)だという。
富士山は3000メートルを超えるヤマだからわかるにしても、たかだか599メートルの山で「なぜ遭難が」と思うのだが、とんでもないお馬鹿さんたちがいるんだという。

それまでも都心に使い山として有名だったが、この山が「ミシュラン」で紹介されてからは様子が一変、麓にあるトイレは40分待ちという位に入山者が急増したんだという。
何とも日本人らしい話だが、軽装は言うに及ばずハイヒールではいるというバカもいるんだそうだからあきれた話。
それで滑落したり、道迷いになったりして救助を要請するというケースが少なくないんだそうだ。

高尾山ほどではないにしても、中高年の山岳遭難が急増しているという背景には、働きづめ、子育てづめだった世代が自由になって、それまであこがれていた山に向かうという日本の現実があるのかもしれない。

しかもこの世代人一倍の体力への過信があるのも事実。
だからといって、満足な装備をせず、トレーニングもしないで山にはいるのは言語道断だ。

山をなめたらいかん!!
他山の石としたい。
---------
追記。
ここ2日、訪問者が多かった。
「逝きし世の面影」の自己乱闘ぶりが要因だと思うが、残念ながら彼は出入り禁止にした。
彼はよっぽど悔しかったのか、たかしさんところでまたヨタを書いているので興味の方はそちらをご覧いただきたい。

そこでたかしさんがわたしの「ストレス」について、頓珍漢な「解説」を試みているのにはワロタ。
それについては近々、書きたいと思う。


☆きょうも読んでくれてありがとうm(__)m
 サヨクブログのランキングアップにご協力を!
  励みになります。ポチッとおねがい!
↓    ↓   ↓
にほんブログ村 政治ブログへ

*Comment

面影参上! 

おっ、たかしくんブログに「荒らしの忍者、面影参上!」ですね。

ストレス云々の話は本人ではありませんので何とも言えませんが、客観的に見るとストレスを大いに抱えているのはむしろたかしくんの方だと感じますね。そうでなければ閑古鳥が鳴いているとわざわざ自虐的に自ブログを紹介したり、他者ブログのコメント表示の仕方に何回も不満コメントを書いたりしません。(自分のブログの運営に満足ならばわざわざ他者のブログまで出向きそのような意見表明は致しません。)

たかしくんブログは彼の説に少しでも異論を唱える者をネトウヨとレッテル貼りして、彼とその取り巻き連中が口汚く罵(ののし)る低俗なものだと感じていますので、殆ど訪問していませんが、面影くん参上によってますますその傾向が強まると予想します。「北風」を吹かせている風神・雷神のそろい踏みですね。困ったもんです。
  • posted by FK 
  • URL 
  • 2010.08/02 20:10分 
  • [Edit]

ガイドがいれば 

沢に降りるな、尾根に出ろ! とか、ガイドがいれば適切な指示で絶対死ななかったのにと残念です。

お話の高尾山は2度登りました。初めては期末テストが済んだ足で行きました。
徹夜の後でしたが、体力もあり登りきりました。
登山路を外れなければ遭難するような山ではないのですが、そうですか、山は怖いですね。

ここで展開しているのは日本のガイドたらんとする共産党の敗因を探る論争なのですが、まじめにやれば、市民団体や他党にも良い影響を与えるでしょうし、民主(人民)優先の考え方が浸透すれば、いかなるときもクーデターなどの発生を食い止める役割を果たすと思うのです。

少し自分の体験から、共産党をどうみるのか、書いてくださると分かりやすいのですが。

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

応援おねがいm(__)m

サヨクブログ興隆のために 1日1回それぞれポチッと!!↓


にほんブログ村 政治ブログへ

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

アンケートのおねがい

このブログへの評価をおねがいします。これからの記事に反映させていきたいと思います。

プロフィール

土佐高知

Author:土佐高知
男性/スライム系(LV61・HP715・MP1952)/高知県に生息/酒席は好きだが、晩酌はしない/どちらかといえば「凝り性」/美徳は「きまぐれ」/ウルトラマラソンに向かって日々鍛錬中!!/嫌いなことは陰口と意見を無視する態度
◎ブログの考え◎
TBは、削除しません。ただし、アダルトやスパム、記事に直接関係のないものなどは警告なく削除します。
コメントへの書き込みは、管理人および訪問者の意見交換の場と考えていますので、反対意見でもフレンドリーかつ建設的な態度で行なっていただくようお願いします。無意味な文字の羅列や、コピペ、他者を誹謗・中傷する(この判定は下記のとおり)コメントは警告なく削除する場合があります。多重ハンドル禁止など、ネチケットをまもることは、最低限のルールであることは言うまでもありません。
その他、ここに明文化していないことは土佐高知の判断に属します(重要!)。
紹介している商品の取引は、それぞれの責任でおこなってください。当ブログは一切の責任をおいません。

MAILをどうぞ!

ここでは書けないご意見、お問い合わせをどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QRコード

FC2拍手ランキング

ブロとも申請フォーム

埋め込み

右サイドメニュー

トコトン共産党

ご訪問ありがとう

ただいまのご訪問者

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ブログ内検索

商品検索

賛同TBセンター


「しんぶん赤旗」

ブログジャンキー

わたしのオススメ

お薦めの本、CDなど



















アフリⅠ

アフリⅢ