土佐高知の雑記帳

四国西南部から徒然なるままに、祖国の右傾化、田舎切りすてに異議申し立てほえる。靖国神社の戦争犠牲者冒涜に怒りの発信!軍需産業=吸血鬼を暴き出すお気楽バンパイア・ハンター(^○^)

Entries

「ケ・セラ・セラ」な党へ!

中田くんが選挙総括のことについて書いている。要するに中央の論戦の組み立てが、東京都

議選挙の敗北をうけて出した2009年7月16日幹部会声明から、「自民も民主もおなじ」という「元に戻った」ことにこんどの敗因があるという趣旨だ。

まず応援のクリックをお願いします!

だが「そうか?」と思う。
鳩山退陣直後のV字回復は、政権交代を支持している部分が少なくないことを示している。
それを「小沢切り」だけに根拠を求めたことは、たしかに問題だと思う。
だが、菅内閣が打ち出した法人税減税・消費税増税は明らかに自民党政治への回帰であり、V字回復に示された人たちの期待の方向とは正反対を向いていた。
それに日本共産党が「改革を後押しする」という態度で臨んでいたらどうなんだろう?

いまよりヒドイ結果になっていたのではないだろうか。
わたしはむしろ中田くんが書いているエントリーの次の部分に原因があると思う。

つまり、
-----(引用開始)-----
上が一言いうと、どっとそっちに流れて、敷き写しに同じことを言い出すということが、これまでもにも幾度となくあった。

結局、それだけと深まらず、同じことを繰り返すことになる。弁証法が機能しないから。ミスがあったとするなら、なぜ起きるのかというところ、再発を防ぐ手だてなど、さらに踏み込んだ議論をすることが大事ではないかと思う。
-----(引用終了)-----
である。

わたしは時代とともに党組織そのものも変化しなければ、時代の変化について行けずやがて淘汰されると思う。
いかに崇高な理想を掲げていたとしても、いかに人民のなかで活動することを立党の精神としていても、時代の変化を機敏に捉え、みずからを弾力的かつ柔軟に順応させていくすべをもたなければ、時代に乗り遅れてしまうと思う。

だが、党はそのことに気がついている。
少なくとも諸決定を見直すとそれはある。
だが、決定を出すことと、それを実行に移すこととは別問題である。
「人間」というファクターがあることを忘れてはならない。

中田くんはこんかいの敗因追及を「徹底的にやるべきだ」と書いているが、それもコトバのうえでは異議はない。
批判自己批判も必要だろう。
しかし「人間」というファクターを通すときに、それはとんでもない怪物になったり、「人間」を押しつぶしたりするものになることを忘れてはならない。
そして、そんなことを「ロシア的」にやる組織はもう時代遅れなのではないか。

人生にはかぎりはあるけれど革命は長い。
もちろん日本共産党が日本の救世主であるとの自負と自覚を持つことはかまわない。
だが、それを昂じさせて「選挙に敗北して国民への責任がはたせなかったことは重大だ。原因を徹底追及せよ」とやるのは「自信過剰」という。
別に日本共産党が伸びようが伸びまいが、社会は確実に進歩しているのだから、もっと肩の力を抜いて相互に敗因を掘り下げたらどうだろうか。

そういう意味で「ラテン的」といったのである。
けっして「てやてや」という意味ではない。

全国革新懇 志位委員長の発言 - しんぶん赤旗


☆きょうも読んでくれてありがとうm(__)m
 サヨクブログのランキングアップにご協力を!
  励みになります。ポチッとおねがい!
↓    ↓   ↓
にほんブログ村 政治ブログへ

*Comment

 

もちろん菅を批判するなと言っているわけでは当然なくて、要するに菅内閣の自民党回帰を批判する時に、スタンスが定まらず、結局自民党と同じベクトルのようなメッセージを有権者に与えたということではないでしょうか。実際の演説でもそれは感じましたよ。総括についてですが、これまで「ロシア的」に突き詰めたてきたという認識が正直ないんですよね。いつも付和雷同に止まってしまう。「徹底的」というニュアンスがとり方があろうかと思いますが、当然節度を持って科学的にやるべきだと言っているとご理解くださいませ。
  • posted by 中田 
  • URL 
  • 2010.07/26 12:47分 
  • [Edit]

 

>立党の精神

守るべきはこれですね。
立ち返るのもここです。
  • posted by キンピー 
  • URL 
  • 2010.07/26 13:37分 
  • [Edit]

 

肩の力を抜いて徹底的に、やればいいんじゃないでしょうか。決定が改革の方向性を示しているのに、実践されないという、その指摘こそ、付和雷同の弊害だとおもいますよ。
  • posted by 中田 
  • URL 
  • 2010.07/26 14:26分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

応援おねがいm(__)m

サヨクブログ興隆のために 1日1回それぞれポチッと!!↓


にほんブログ村 政治ブログへ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アンケートのおねがい

このブログへの評価をおねがいします。これからの記事に反映させていきたいと思います。

プロフィール

土佐高知

Author:土佐高知
男性/スライム系(LV61・HP715・MP1952)/高知県に生息/酒席は好きだが、晩酌はしない/どちらかといえば「凝り性」/美徳は「きまぐれ」/ウルトラマラソンに向かって日々鍛錬中!!/嫌いなことは陰口と意見を無視する態度
◎ブログの考え◎
TBは、削除しません。ただし、アダルトやスパム、記事に直接関係のないものなどは警告なく削除します。
コメントへの書き込みは、管理人および訪問者の意見交換の場と考えていますので、反対意見でもフレンドリーかつ建設的な態度で行なっていただくようお願いします。無意味な文字の羅列や、コピペ、他者を誹謗・中傷する(この判定は下記のとおり)コメントは警告なく削除する場合があります。多重ハンドル禁止など、ネチケットをまもることは、最低限のルールであることは言うまでもありません。
その他、ここに明文化していないことは土佐高知の判断に属します(重要!)。
紹介している商品の取引は、それぞれの責任でおこなってください。当ブログは一切の責任をおいません。

MAILをどうぞ!

ここでは書けないご意見、お問い合わせをどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QRコード

FC2拍手ランキング

ブロとも申請フォーム

埋め込み

右サイドメニュー

トコトン共産党

ご訪問ありがとう

ただいまのご訪問者

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ブログ内検索

商品検索

賛同TBセンター


「しんぶん赤旗」

ブログジャンキー

わたしのオススメ

お薦めの本、CDなど



















アフリⅠ

アフリⅢ