FC2ブログ

土佐高知の雑記帳

四国西南部から徒然なるままに、祖国の右傾化、田舎切りすてに異議申し立てほえる。靖国神社の戦争犠牲者冒涜に怒りの発信!軍需産業=吸血鬼を暴き出すお気楽バンパイア・ハンター(^○^)

Entries

なぜ心に響かなかったのか?

敗北を奇貨とするために」でこんどの選挙の結果を受けて、日本共産党への辛口もふくめ

たご意見をお寄せいただくよう呼びかけたことに応じてくれたみなさん。たくさんの書き込みをいただいたことに心から感謝申し上げます。

まず応援のクリックをお願いします!

いま党内外でからの様々なご意見をいただいているところなので、またこれだけの結果を前にしての総括なので、方向を出すには一定の時間がかかることを、まずご理解願いたい。
その上で、これまで出されている意見について交通整理的にエントリーをたててみたい。

まず、総括の角度は日本共産党が日本共産党として前進するために何が必要なのかを前提としているので、綱領や規約、科学的社会主義の放棄を求める意見には同調できないことは言うまでもない。

したがって「党綱領と大会決定にたちかえり」という部分に引っかかるという意見もあったが、それを外すと日本共産党としての総括にはならないので、この議論の主題から外していただく。

もう少し踏み込んで言えば、当ブロガーはこんどの選挙での日本共産党の主張が誤っていたとは思っていない。
たとえば「大企業減税のための消費税増税反対」「アメリカにも財界にもモノが言える政治を」との押し出しの基調は正確だったと思う。

問題はそれがなぜ、多数の有権者の受け入れられなかったのかということだ。

その点でけんちゃんやヒロユキさんのご意見は考えさせられた。
「共産党員の人って、とにかく真面目だったりストイックだったり、強い意志を持った人が多いみたい」「ラテン系」などである。
別のところでも書いたのだが「日本共産党はストライクゾーンにだけボールを投げてバッターを三振にとろうとしている投手みたい」との意見とも似通っている。

つまり、候補者や議員、党員などの発言は中央の決定や綱領からブレないことが重視され、それから少しでもブレたりするとバッシングをうけるために自己規制が働いて結果として「主張が面白くない」没個性になるのではないかということだ。

その点、自民党や民主党、みんなの党の候補者たちの発言は自由闊達、多彩だ。
こんどの選挙でも「消費税増税反対」とやった候補もいたし、「国債は恐くない。返すときには日銀に紙幣を刷ってもらって返せばいい」との発言をした元総理もいた。

そこまでやれとは言わないが、日本共産党の側も多少党の政策や綱領からブレたことであっても、有権者にわかりやすく説明するために、それぞれの個性を活かした演説や対話をやってもいい。
そしてそれを容認できるような党組織であっていいと思う。
党がブレなければいいわけで、党員や候補者は多少ブレてもいいのではないか。
ところがそれを許さないムードがある気がする。

だからポスターやビラなどの宣伝物が万人にうけるようなもの=面白味も人間味もないものになってしまうのではなかろうか。
そしてそれは、悪しき「前衛党」の遺産を引き続けていることにあるのではないかと思う。

それとも関連があるかもしれないが、党員、党組織の自発性、創意性をもっと発揮できるようにする必要があると思う。
ただ、これはキンピーたんが言っているように、現在の日本共産党の組織形態に原因があるのではなく、それが不徹底なことからくる問題だと思う。

たとえば、それぞれの地域や職場で得票目標を達成するためにはどうするか、それぞれの条件に合わせたやり方、宣伝物、切り口、選挙戦術などがあってもいいのだが、なかなかそうはならない。
むしろ「指示待ち」になっているような気がする。

支部は地区委員会・県委員会の一構成部分ではない。
地区から自立したその地域・職場で日本共産党を代表する自己完結型の組織である。
極端なことを言えば、地区、県がなくても活動できる組織である。
ところが支部は、地区委員会の下部組織だとの認識を持っている場合が少なくない。

その誤った認識を突破する「支部が主役」ということが強調されて久しいが、未だにそれに成功していないことに力不足を感じた(もちろんあきらめないが)。

三つ目に、伯爵さんの意見である。
彼はこんどの選挙で、これまで日本共産党を支持していた人が離れた理由として次のようにコメントを寄せてくれた。

-----(引用開始)------
私も次回は別の党に投票しようと考えているので。

 簡単な話で、投票しても可能性がないからです。政策的には支持してるんですよ。一度投票するぐらいだから。でも、投票しても成果が見えないのでは、民主党に入れようと思うのも仕方ない話です。

 一番支持できるが全く可能性のない政党より、2番目・3番目でも政権に加われる政党を選ぶのです。
-----(引用終了)------

これは、選挙後に呑みともだちのYちゃんから「なんでお前のところは、地方政治では存在感があるのに国政では伸びないのか」と言われたこととも関連すると思う。

やはり有権者は「自分の一票で政治を動かしたい」という思いは強いものがあると思う。そこに「議席に結びつかなくても、あなたの批判票は政治を動かすんですよ」言ってもなかなか写らないのではないか。
ただ、これを解決するには現行選挙制度ではなかなか厳しいことではある。

それとつながってくるのが選挙連合の話だ。
よく「なんで共産党は社民党と手を結ばないのか」という質問をいただく。
それには長い歴史や近親憎悪のようなものがあってたいへんなのだが、こういう選挙制度が続く元では大胆な発想転換も必要かもしれないと思う。

たとえば中選挙区制度にもどすことをだけを政策合意した、公明党も加えた選挙連合を組んで限定選挙にのぞむとかはできないものだろうか。

それはできないものとしても、せめて選挙戦術を当選第一主義にして、比例を軸にしつつ選挙区選挙は重点主義にするなどの工夫もいると思う。
そうしないと伯爵さんのような支持者が続出する懸念をもつ。

以上、交通整理的な発言とさせていただく。
引き続きご意見をお寄せいただくようにおねがいする。

なお、このエントリーをあげることとし、前回のエントリーは通常バージョンにする。


☆きょうも読んでくれてありがとうm(__)m
 サヨクブログのランキングアップにご協力を!
  励みになります。ポチッとおねがい!
↓    ↓   ↓
にほんブログ村 政治ブログへ

*Comment

 

私は主に科学的社会主義を鍛え直す(党員が取り戻す)観点から意見しましたが、、、、「科学的社会主義の放棄」と捻じ曲げてレッテルを貼られましたか。
党員の中に残っているであろう良心に訴えたのですが、ある意味 従来の日本共産党的な対応で、まことに残念なことです。

しかし、不破さん的な「真理」の解釈に異を唱えられない異常さに気づき、理論的な誤りや解釈の誤りを正そうとする本物の共産党員が一人でも多く党内に増えることを願うばかりです。
  • posted by キンピー 
  • URL 
  • 2010.07/20 20:23分 
  • [Edit]

 

あ、そうそう。
この不破さんの解釈しか認めない党内事情が、いまだにあることが明白になりましたが、科学の発展の受け入れを拒否し、「現在の科学はありのままに見ることです。」などと哲学・科学を論じる不破さんのデタラメぶりも同時に明白になってしまいました。

ただ一人の「真理」の解釈者による「ありのまま」なんてものは存在しません。
現在の科学に影響を与えた「ありのまま」とは自分の頭でものを考える人々の主観をすり抜けて見えてくるものです。
不破さんの態度やそれを無批判に受け入れる党員の姿は、はっきり言って科学・哲学に対する冒涜であり、不破さんの解釈する科学的社会主義とは、もはや科学の名に値しません。

それでも「科学的社会主義」にしがみつくのか、それとも科学的社会主義に近づこうと努力するのか。
私は真面目な党員が現れることを待ち望んでいます。
  • posted by キンピー 
  • URL 
  • 2010.07/20 21:11分 
  • [Edit]

キンピーたんへ 

>不破さん的な「真理」の解釈

最近のあなたのコメントによく出てくる「不破さん的」云々について、もう少しかみ砕いていただけませんか?

頭が悪いのか読んでもわかりません。
  • posted by 土佐高知 
  • URL 
  • 2010.07/20 21:27分 
  • [Edit]

 

えーと、端的に。

>綱領や規約、科学的社会主義の放棄

根本的に見直すならば、綱領や規約の見直しと、「科学的」の「科学観」を見直さなければならないでしょうね。

「真理の独占者」という、エンゲルス以来の病気(究極は法皇・カウツキー)が、べっとりと張り付いているというのが小生の共産党に対する見立てです。

 

率直に言うと、小生としては日本共産党がこのまま自然死を迎えたところで、別にどうでもいいんです。

というのは、大衆が必要とするならば、共産党とは別の原理を持つ共産主義組織を作るでしょうし、その萌芽もみているわけで。それは「党派」という姿を取っていません。

そちらについては、まあ、楽しみですわ。

ただ、真面目で一生懸命な党員がしのびないだけです。

 

土佐高知さん

う、あ、、
TAMO2さんに先を越されましたが、科学観哲学観が19世紀のままなんですよ。
後は「敗北を奇貨とするために」の最初の私のコメントで書いたものと重複します。
不破さんのやっていることって、都合よく古典を解釈しながら、なんとか党の過ちを隠そうとしているだけなんですよ。
だから不破さんの「科学的社会主義の解釈」=「真理」を盲目的に受け入れたら、現状の過ちは隠蔽されてしまいますから変革の必要も無くなるわけです。
不破さんの本て読みやすいですから、うっかりしていると罠にはまってしまいますが、そういうところは天才的だと思います。
  • posted by キンピー 
  • URL 
  • 2010.07/20 22:30分 
  • [Edit]

意義がみえない 

キンピーたん
>科学観哲学観が19世紀のままなんですよ。

TAMO2さん
>「真理の独占者」という、エンゲルス以来の病気(究極は法皇・カウツキー)が、べっとりと張り付いているというのが小生の共産党に対する見立て

そこまでいっているのなら、何ももうしません。

ここでの議論の意味は根本的に失われていると思うのですが、ご自由に。
  • posted by 土佐高知 
  • URL 
  • 2010.07/21 10:27分 
  • [Edit]

 

私からすると「全てを疑え」というマルクスのモットーや、科学的立場の放棄こそが、自らの存在意義を失わせるものだと思うのですが、土佐高知さんが立ち遅れた「科学」から科学へ鍛えることに意義が見出せないのならしょうがありません。

ただ、議論の参加者やロムしているだけの人の中にも誠実な党員はいらっしゃると思いますので、党内での活発な議論に期待するところです。
  • posted by キンピー 
  • URL 
  • 2010.07/21 11:22分 
  • [Edit]

 

綱領、規約の放棄ではなく、発展的進化はなければならないと思います。科学的社会主義は発展の理論であり、固定化は停滞を生むもの。現に今までも綱領、規約は何度も改良されてきました。弁証法は知識やお題目ではなく実践であると考えます。

何が桎梏なのかの見極めは重要ですが、頭から組織形態がヤバいというのも観念的に過ぎるかもしれません。橋本大阪府知事のように何でも制度のせいにして制度を変えれば万事うまくゆくかの考えは曲者です。

やはり、「支部が主役になっていない」とおっしゃるように、実践的な教訓の積み重ねの中から「支部が主役になる為にはどうしたらいいのか」を導き出してゆくべきなのでしょう。

それについて、病室の私は語るべきものを持っていません。ただ、「下級は上級に従う」という規定が重すぎることが「指示待ち」をもたらしている空気は感じます。
地域で独創的な取り組みにより支持を広げた経験はたくさんあるはずなのですが、そうした経験よりも「正しい方針に従って正しく活動し成果を上げた」提灯持ち的な経験が尊ばれる傾向は確かにあると思います。
決定を下すのは機関でも、結果について評価するのは各級党会議、大会でなければならないのですが、十分機能しているとは思えません(対案の一つや二つでなければおかしい)。

誰もやったことがない変革の事業を成し遂げようとする時、塹壕から生まれた100年前のスタイルでいいはずはありません。
ただし変革は理屈ではなく、実践を通じて行われるべきなのでしょう。
  • posted by ゴロヴィッィモ 
  • URL 
  • 2010.07/21 11:35分 
  • [Edit]

土佐高知さんへ 

1.そもそも普通の一般国民は党綱領や大会決定など知らない人が大多数です。党内外の幅広い意見に耳を傾けるならば異論にも容認の姿勢が必要と考えます。最初から綱領・大会決定は是とする立場での執行部の意見募集に問題があると思います。

2004年に改訂された綱領を読んでみても個人的には相当国民感情からずれていると思います。例えば中国に対する立場(向き合い方)が全くないのは再考の必要があると考えます。また日米安保にしても即時破棄で無く、自衛隊の存在のように(近隣諸国・世界情勢を見ながら)国民的合意の下で徐々に距離を置く、という選択肢もあっていいと思います。

2.選挙戦で同政党の候補者が同じ趣旨の事をアピールするのはむしろ正しいと思います。菅民主党は突屈に消費税発言をして候補者が混乱し支持を失いました。このような愚かな行為を共産党が真似る必要はありません。個人的には失礼ながら少数野党の共産党が、「大企業減税のための消費税増税反対」「アメリカにも財界にもモノが言える政治を」のスローガンが有権者の心に響いたのかの考察の方が重要と思っています。結果論かもしれませんが、みんなの党のアンチテーゼとして「格差」に絞ったスローガンの方が良かったと思います。

3.選挙戦術を当選第一主義とする方向は大いに考えて欲しいです。ただそこで問題になるのが党綱領やこれまでの方針です(他党にも当てはまりますが・・・)。率直な感想ですが、有権者には共産党が一番頑固(独善的)という印象を持たれていると考えます。民主党も今やマスコミお気に入りの右派(前原一味)が主導権を握っていますので頑張って欲しいです。
  • posted by FK 
  • URL 
  • 2010.07/21 14:40分 
  • [Edit]

大きな病は意外と気付きにくいものだ 

土佐高知様にも、共産主義運動の蓄積された宿病が色濃く影響を及ぼしていますね。

日本共産党は長年、今の綱領や規約で闘ってきました。そして、彼らの世界観は(彼らなりの)科学的社会主義です。それで、ドンドン選挙に負け、党勢は(選挙に限らず)後退を重ねてきました。

ならば、「すべては疑いうる」(K.マルクスの愛した格言)という、マルクス主義が本来持つべき精神で、「理性の業火で綱領や規約や世界観を焼く」べきではないでしょうか?

それを、ここに確信を持つ(疑わない)ということは、結局は本質的には何も変えないと宣言するに等しく、変わり得ることはお示しの通りの隠遁姑息な小手先の方法論にしかなりません。

もし、党中央がこのようなことに帰着するならば、党の死滅は運命づけられていると言わざるを得ません。

では、自由に共産思想について考えを深めることといたします。

小池晃さんの落選は残念 

 今回の共産党の衰退を象徴しているのは、「党の顔」としてご活躍されていた小池晃氏の東京選挙区での落選でしょう。

 それも最後の1議席を「みんなの党」の松田公太氏というコーヒー・チェーン店の社長に競り負けたのですから。

 小池さんは国会やTV討論会などでよく活躍されていただけに残念です。

 この10年ぐらいで日本は「格差社会」になりました。それを支える思想は「自己実現」と「自己責任」という経営者にとって、とても都合の良い考え方に、身分保障のない、格差にあえぐ若者たちを中心とする多くの国民が騙されたというか、呪縛されたことです。

 評論家勝間和代がうけていますが、彼女の世界観は「優勝劣敗」であり、「格差社会こそが活力を生む。悪平等社会は経済が衰える」という世界観です。

 みんなの党は「格差社会をつくりだして、這い上がった経営者」を多数立候補させていました。

 いわば新たな「ジャパニーズ.ドリーム」の体現者ばかりでした。

 共産党が志位委員長が国会質問で「労働者派遣法の問題点」や「小泉政権での規制緩和で国民の格差が広がった」という事実を説明したことは、動画チャンネルで放映され、視聴した人はたくさんいました。

 しかし投票に結びつきませんでした。

 共産党の広告宣伝が稚拙で今風ではないことは確かです。その改善は必要です。

 せっかくの「蟹工船」のブームも活用しきれませんでした。これも残念でした。

 それと思ったのは共産党の幹部の人たちの意識が、未だに中選挙区時代のままでした。

 小選挙区の時代。いいも悪いもその制度が定着した現実に対応した選挙戦術ではありませんでした。

 小選挙区で勝つためには、いいも悪いも「国民政党」にならないと勝てません。もしくは故山原健二郎さんのようなスーパー・スターの存在が必要です。

 春名なおあきさんも,昔は単なる「組織内候補者」にすぎませんでした。でも最近は「アウエー」のトークも巧みで、高知選挙区の4人の候補者のなかでは卓越していました。

 でもそれが得票に結びつかない。比例票にもならない。

 共産党は戦術を変更すべきでしょう。

1)政党交付金は素直に受け取ればいい。

 税金だから、使用用途の1円にいたるまで情報公開すればいい。

 受け取らないことは素晴らしいことですが、現状では党員の負担が重すぎます。「ノルマ」を果たすことで精一杯で、「打って出る」攻めの選挙ができないのではないかと思います。

2)「格差社会の克服」にしぼったスローガンと宣伝。相談窓口、行動の「特化」。

 極論すれば全国的に「そればかり」やること。

3)柔軟な選挙戦術の行使。

 これは各支部に裁量権を持たすべき。

 今までも福祉の分野では関係者に共産党の信頼は厚いと思います。

 それに加え、「雇用」と「経済」の分野で国民の信頼感を得ることが出来れば、共産党は再興できると思います。

支持してくれた有権者の離反を招いた 

「共産党の声が届かなかった」とか「心に響かなかった」とか言われますが、私は「共産党から離れた有権者が多かった」と捉える方が正確だと感じます。要するに、心に響かなかったのではなく、それ以前に有権者が共産党から心を遠ざていたのでしょう。その要因は今さら言うまでもありませんが、党内には解っていない人が多いようです。福田さんじゃないですけど、自分を客観的に見ることのできるようになってほしいですね。それが本当の科学的態度ではないでしょうか。
  • posted by コミュニスト 
  • URL 
  • 2010.07/22 10:19分 
  • [Edit]

 

TVショーの影響は絶大です。
その中で「テレビでおなじみの小池」さんが落選されたのは、宣伝云々のレベルでは無いことの証明です。
  • posted by キンピー 
  • URL 
  • 2010.07/22 22:34分 
  • [Edit]

展開なしで密集陣形では 

「密集した反革命を引きずり出して殲滅する」という勇ましい大言壮語ではなく、敵を分断して味方を保存することが定石でありましょうから、大衆の中へ分け入って支持を得るのが不十分であったと思います。
革新懇運動も内向きになっていなかったか、確かに組織された人々は頼もしいのですが、共産党の外枠がそこにとどまっていたら自己満足の敷居を踏み超えれないものだと思うのです。
また、こんな懇談会の「懇」なんて難しい字をあてはめるのもなんだと思うのです。

随分前でしたが、民主的医療機関へかかっている党員の方が民間の病院にかかられて随分親切ですねと驚かれていました。
思い込みが強いと、今ではどの医療機関もサービスへ不断の努力をしていますから、情勢を誤ると思います。外側の世界と接触がなくなると活力が無くなるのは自然の理でしょうね。

今の共産党なら出来ることに、外部との接点のひとつになっていた『文化評論』の再開があると思いますよ。
有田芳生さんとか高野 孟さんの編集の頃でしょうか、面白かったですよ。
赤旗が報道しない伊豆諸島での米軍基地反対の農民と共同の戦いなど、折角共産党ががんばってやっているのにもったいないと思いました。日射病で倒れた機動隊員を介抱したら息を吹き返して襲ってくる描写など、よく書けていました。

「しんぶん赤旗」は、明日どこで何があるかをまったく書いていない。明日のことは天気予報だけです。
市議に聞いたら「スパイが入るから」といわれたのですが、市役所前集会でそんなことを言うのはおかしいのです。「お前ら、野坂の耳のくそをのめ」と言われた体験組みとしてはもう、マンガです。
これは読者は分際を守って読んでおればよくて、大衆動員は党でやるから大丈夫だということでしょうが、大衆に信を置いていない仕業です。
大衆の自発性を重んじ、援助し、そのお礼として始めて清き一票が得られると思うのです。
逆に大衆組織のヘゲに目を奪われるなぞは、夢にも考えないほうがいいと思います。

レーニンの全国党建設には全国政治新聞の利用があり、徹底的な暴露・宣伝・扇動があったと思うのです。
啓蒙どまりであってはダメで、共に啓発していこうという姿勢を見せていただきたいと思います。

候補者は党の伝道師、自らの熱があって始めて大衆に伝えられると思うのです。
大学教育がそのような力を失わさせているとしたら、やはり、ただの2年でも党活動家は俗世間で働いたほうがいいと思います。
票が取れない候補者はさっさとチェンジしたほうがいいと思います。

最後に、療養・介護型病院や、特労施設などで票が簒奪されているのに対策を立てないのはまずいのでは。事務長と看護師長の立会いで、選管職員もいないところでなにをやっているんだか、マスコミも赤旗も報道しない闇だと思います。
もっとも最近のことは知りませんが、何百万票もあるでしょう。

セールス・プロモーションの問題 

 いかに大衆に浸透させるのか。

 この件に関しては大企業のトヨタもアサヒビールも莫大な費用をかけ、毎日日にち宣伝しています。それでも売上が落ちているのですから、大変なのです。費用と努力は大変なんものです。

 党の理論や綱領や組織論については、しょせんは部外者なので,コメントのしようがありません。

 ただ現状では多くの真摯な活動をされている共産党関係者のみなさんにとりましては「懸命に努力しても結果が出ない」事態は、せつなく、ゆゆしき問題であろうと思います。

 ある経営コンサルタントが参考になるとを言われていましたので、転載します。

   「文明とは伝達行為である」

 マーケティングというのは価値を伝えることである。

 もし価値を伝えられないなら、それは存在しないのも同じだ。

  あなたがたとえ、

  どんなに素晴らしい商品を売っていても
 どんなに素晴らしいサービスを提供していても
  どんなに価値のある会社やお店をやっていても

   その価値をお客さまに伝えられないのなら

   あなたの商品やサービス、会社やお店は

   「存在しないと同じこと」

 「会社」を共産党,「お店」を支部、「商品」を候補者、「サービス」を党の政策と代入したらよく理解できると思います。

「人治」から「法治」への小さな一歩も 

コメント欄の議論,拝読してとてもレベルが高いという感想を持ちました.

共産党は,20世紀(の初めの方)タイプの党文化からの変化が余りにも遅く,あるいは重要部分で全く変化しないということが問題ですが,全く改善がないわけでもありません(もちろん何を変えるべきで,何を変えるべきでないか,が基本問題).党員の意見表明について,2000年に変化がありました.

1994年規約では,「国際的・全国的性質の問題について,中央機関の“意見”に反して,下部組織とその構成員は,勝手にその意見を発表したり,決議したりしてはならない」とあったのが,2000年改訂では「個々の党組織と党員は、党の全国“方針”に反する意見を、勝手に発表することをしない」となりました.前者では,中央機関の“意見”,極論すれば指導部の「頭の中」が基準だったのが,少なくとも物理的に検証可能な,ふつうは文書化されているはずの“方針”に変わったのですから,「人治から法治へ」というほどの大きな変化かも知れません.しかし今でも頭の中は旧規約,という党員が多いのかも知れません.

他に規約上で変えるべき重要ポイントは,委員長(党首)を党員の公選にすることでしょう(現在は中央委員会で選出).そのような「普通の政党」にならなければ,一般の人の親近度のレベルを一桁以上あげることは出来ないと思います.また,現在の制度では,同一人が長期に在任するということになり(実際そうですが),新しい発想も生まれにくいでしょう.

上記の規約の変化の件は,拙ブログの次の記事に書いています.
http://pegasus1.blog.so-net.ne.jp/2005-12-24-1
また,拙ブログの関係記事をリストした「当ブログの共産党への『批判的応援』」もよろしく.
http://pegasus1.blog.so-net.ne.jp/2010-06-19

Re: 展開なしで密集陣形では 

下司さん

> 大衆の自発性を重んじ、援助し、そのお礼として始めて清き一票が得られると思うのです。

これ、大切ですね。
ただ「大衆」という言葉自体が「上から目線」を伴うので、できるだけ使わないように呼びかけています。

>療養・介護型病院や、特労施設などで票が簒奪されているのに対策を立てないのはまずいのでは。

これは感じています。
病院や施設の思うとおりになっている、との内部証言もありますし…。
  • posted by 土佐高知 
  • URL 
  • 2010.07/24 11:26分 
  • [Edit]

代弁者ではなく代表者として、 

土佐高知さんの指摘どおり、『大衆』は「敵は幾万ありとても全て烏合の衆なるぞ」の大衆で、「大衆的議論を経て」「大衆的支持」の大衆ではないようです。
土佐高知さんは日常、主体的な「市民」を使われているのでしょうか。
権力の側から、40年、50年も前も、活動家と一般学生と分断してから闘争をたんなる紛争として処理する策動がなされていました。
この一般学生を一般大衆と置き換えれば、言葉の本質が浮かび上がってきます。
ただ、生の市民運動とした場合、往々にして「庶民」ぬきの合理的な流れにのっていくような危うさも感じます。
ときの首相も「市民運動」出身を名乗っていますが、なに元は東工大のスト破り、幹事長は革マルと言う極悪コンビで、地下の市川房江さんが怒ってらっしゃることと思います。

何故、北風が吹いた事実を見ないのか・ 

今回の多数のコメントですが全部読ましてもらいましたが、誰一人『北風が吹いた』事実にふれないのでしょう。?
民主党が負けた理由は簡単で管直人の消費税10%のオウンゴールで実に分かり易い。
みんなの党の勝利も『消費税を上げる前にすることがある』なる分かり易いスローガンで新自由主義の隠蔽に成功したからでしょう。選挙勝利の原因はわかりやすい。
日本共産党ですが、これ等の原因よりももっと分かり易い原因で大敗北しているので。
ソ連戦闘機がサハリン沖で大韓航空機を撃墜すれば何の関係も無いはずの日本の共産党は敗北する。
中国の天安門事件が起きれば今回と全く同じで消費税に対する怒りで与党自民党が大敗北。
ところが矢張り今回と同じで一番消費税に対して明確な反対の日本の共産党は大敗北しているのですよ。
今回は天安門事件ではないが韓国の天安の沈没で日本の共産党が大敗北したのですよ。
昔、韓国の軍事政権の時代は大事な選挙のたびに『北風が吹く』悪しき伝統があったのですが、日本では02年の小泉訪朝以来の右傾化は目覆うばかりの悲惨な状態で社会全体が大きく右旋回してしまったのです。
今回の選挙ですが、韓国の6月2日の統一地方選挙では『北風』が吹いたにも関わらず与党は大敗北し、野党が最勝利しています。
原因は天安沈没の北風を徹底的に追求したことに尽きるでしょう。
野党や民主勢力は『北朝鮮魚雷』との韓国軍合同調査団発表の矛盾点を暴くことで勝ったのです。
ところが一ヵ月後の日本では『韓国製北風』の影響で共産党が大敗北。
これはもう、韓国の民主勢力の行動を手本として勉強するべきでしょう。今度の選挙は負けるべくして負けたのです。
  • posted by 逝きし世の面影 
  • URL 
  • 2010.07/25 14:57分 
  • [Edit]

 

>天安沈没

そこまで言ってしまうとジョークかと思われますよ。
それに北朝鮮はあまりの異常さ故に、最近では日本の左翼勢力と「=」で結ぶ人は少ないかと。
社会主義国というより金王朝というイメージでしょう。
  • posted by キンピー 
  • URL 
  • 2010.07/25 17:23分 
  • [Edit]

ジョーク? 

「逝きし世の面影」さんのコメントは、ジョークとかたづけられないと思います。私は↓で書きましたが、残念ながら、多くの日本人は、中国共産党や北朝鮮労働党から受ける「イメージの悪さ」と日本共産党のイメージを漠然とですが重ね合わせていると思います。論理ではありません。あくまでも漠然としたイメージです。でも、イメージだから余計に始末が悪いのです。少なくとも普天間問題で「日本に米国の基地はいらない」という正論を訴えた共産党にたいして、「天安沈没事件」は効いていると思います。
(「北の嫌なイメージ」に対する漠然とした不安が、結局は「基地は抑止力で必要」ということに???)

今回の選挙は、どの党も勝っていません。「間違った選挙システム」のおかげで、自民党は復活しましたが、一票の格差はますます大きくなるばかりです。とくに神奈川県はひどい。たまたま私は出身が鳥取県で、現在は神奈川県に住んでいるのですが、神奈川県民の一票は鳥取県民の5分の1しか値打ちがない。69万票以上でも落選した民主の千葉景子氏、13万7306票でも当選した高知の広田一氏。なんという格差(もし一票の値打ちが平等なら、東京の小池晃氏も、大阪の清水ただし氏も、そして私が投票した畑野きみえ氏も当選)。
神奈川県民の多くの意思は国政にまったく反映されません。意思が反映されるのはかろうじて比例票のみですが、その比例を「削減」という民主党。
(今回の結果で言いにくくなったとは思いますが、あいかわらずメディアは削減をあおっています)

共産党は、比例での得票を減らしたのは問題ですね。正論は貫いてほしいのですが、やはり「北風の悪しきイメージ」を立ちきる必要はあると思います。

キンピーさんへ 

キンピーさんが20歳だとは思えないのですが、何歳なのでしょうか。?
20才程度の若い人なら当然な当たり前の感想であろうと思われますが、
一定年齢以上の経験がある人物であるとしたら実に不思議なコメントで不見識の極みのようなコメントですね。
今の様なご自分の勝手な主観ではなく、客観的な科学的事実を踏まえて何かをを述べてください。


今回の幹部会声明と何時ものこれまでの敗北時の声明とは大きな違いがあったのです。
何時もなら、『卑劣な反共宣伝が云々かんぬん』で敗北したとなっていたのですよ。
ところが今回はその決まり台詞の『『反共宣伝』の言葉が一言も無かったのです。
そして選挙戦でも明確な日本共産党を名指しする『反共宣伝』と言われるようなものは皆目無かった。
20数年前に産経新聞紙上を使った自民党による『共産党に対する名指し攻撃』の全面広告があったのですが、これには共産党も本気で反撃していた。

『北朝鮮叩き』は金王朝のバッシングであるから日本共産党とは何の関係も無いと考えているとは日本人も日本の歴史も日本の選挙の実態も何も知らないのと同じですよ。
公式論しか理解出来ないからそんな間違意を犯すのですが、現実のリアルな政治の世界ではソ連戦闘機が民間機を撃墜すれば直後の選挙で共産党が大敗北するし、天安門事件で100%大勝利できる国内情勢であったにも関われず大敗北しているのですよ。
天安門事件や大韓航空機撃墜事件が何故日本国の国政選挙、其れも一番ソ連共産党や中国共産党と理論対立していて実質的に敵対関係にあった日本共産党が負けたのか、?
少しは前例に学ぶべきでしょう。
お隣の韓国では選挙の直前の『北風』で軍事政権が勝ち人権派が負ける構図があったのですが、日本でも庶民層の精神構造は同じなのです。
大韓機撃墜や天安門などの『北風』が吹いたら日本共産党が負けるのですよ。
そして02年からの『北朝鮮バッシング』とはまさに『北風』であったことが今度の天安沈没の調査報告からの1っ月後の参議院選挙とは消費税で社会党が大勝利したマドンナ選挙の再来なのですよ。
何故一番消費税に対して明確な態度であった共産党が、今度の選挙や1989年の消費税創設時の選挙で負けたのかの説明が出来るのですか。?
当事の社会党ですが、今のみんなの党と全く同じような曖昧な態度であったことは村山社会党が証明しています。
  • posted by 逝きし世の面影 
  • URL 
  • 2010.07/26 08:43分 
  • [Edit]

 

逝きし世の面影さん
しろーさん

人間、得体の知れないものには嫌悪感を抱くものですが、それが社会主義へのプロパガンダと「事件」によって負の感情が増幅され日本の左翼勢力に被害が及ぶ。
そういったことが過去にはありましたが、北朝鮮は拉致問題以降、報道される頻度が増え、もはや「得体の知れない」ものでは無くなったのです。
多くの日本人にとって北朝鮮は嫌悪感というより、もはや侮蔑でしかないでしょう。
中国にしても今の経済のあり方を見れば、アレが社会主義国だと思っている人はいないでしょうし。
だいいち北朝鮮や中国を糾弾する人々を見れば、社会主義云々より歴史的文脈での批判が圧倒的ですよ。
もし北朝鮮や中国と重ね合わせて日本の共産党を批判するとすれば、せいぜい体質の問題ぐらいです。
  • posted by キンピー 
  • URL 
  • 2010.07/26 12:25分 
  • [Edit]

キンピー 氏へ 

貴方は何歳ぐらいなのでしょうか。?到底経験ある大人には思えないコメントです。

今回のように、同じ内容のご自分の主観的な判断を何べんも繰り返しても何の意味もないでしょ。
問題は客観的な事実であるのですよ。

1989年のマドンナ選挙の実態を少しでも知って、同じ意見が言えるとは思えませんね。
投票日の一月前に天安門事件が起こるのですが、選挙の雰囲気は劇的に悪化して、様子が一変してしまったのです。
この事実は当時の現職議員でこの選挙で落選した共産党候補が異口同音に語っていいるのですよ。
当時の中国共産党ですが、今とそれほど違っているわけではないし、同じように日本共産党も違っていないのですよ。

北朝鮮ですが、冷戦崩壊後に欧米諸国は例外なく軍備縮小に向かっているし、国民も自国への攻撃などの考え方はしなくなっている。
唯一の例外が日本国なのですが、その原因は言うまでも無く北朝鮮の軍事的な脅威なのですよ。
そして中国の体性にそれほどの違いが無いように、北朝鮮もこの半世紀の間なんの違いもないのです。
違って来たのは我が日本国の方なのです。
今日本は社会全体が極度に右傾化していますが、その原因の一つが間違いなく北朝鮮バッシングによる社会全体の劣化現象でしょう。

マドンナ選挙での共産党の歴史的敗北の『天安』抜きで説明が出来るとでも思っているのでしょうか。?

勿論当時の党執行部もその事実は、当たり前ですが実際に選挙戦を戦い落選した幹部を中心に十分意認識していたのですよ。

ただ明確に『天安』が影響したとは発表しなかったのですね。『悪質な反共宣伝が云々』と有耶無耶な表現にされたのですが、広い意味では『悪質な反共ウ宣伝』で共産党が負けたことは、事実そのものだったのですよ。
  • posted by 逝きし世の面影 
  • URL 
  • 2010.07/26 13:41分 
  • [Edit]

個人的感想 

前原一味が主導権を持つ民主党には大いに失望しています。ただ一応民主シンパの私としては、日本共産党が党内外の意見に耳を傾けた結果、自分達の敗北の原因が「天安沈没事件」のよる所が大きいという総括がなされた方が笑えますしありがたいです。ぜひできるだけ共産党員・支持者・外部の声を集め執行部に届けて欲しいです。
  • posted by FK 
  • URL 
  • 2010.07/26 14:14分 
  • [Edit]

 

今回は、FKさんの御意見に頷いてしまいます。

私は、20才をとうに過ぎたオッサンです。
  • posted by 阿波太郎 
  • URL 
  • 2010.07/26 15:12分 
  • [Edit]

イメージ空間の影響力 

逝きし世の面影さんの見方は,ありうる話だと思います.ここでの議論に決着をつけるには,社会科学的な方法論に基づいた世論調査のようなことしかないと思います.いずれにせよメディア等による「イメージ操作」というのは相当決定的な影響力を持っていると思いますが,これに対抗するには,逆のイメージ操作,ないしは作られたイメージの「脱構築」の作業が必要で,いくら論理や理性に訴えても,「空間」が違うところには効き目がない,ということでしょう.共産党はこのイメージ戦略,戦術の面でもっと技量を身につける必要があると思います.また,名称変更論の是非は別として,「共産党」の名前がネガティブなイメージと強く結びついていることは間違いないと思います.

 

逝きし世の面影さん

年齢が何の関係があるのかは存じませんが、私も20をとっくに過ぎているとだけ言っておきます。
さて、たしかに哨戒艦の問題を共産党の敗因にもってくるのはジョークでしかないという認識は私の主観です。
しかし他の主観を重ね合わせればデータとなりますので、逝きし世の面影さんの前提として今回選挙で共産党のみならず、哨戒艦の問題が投票行動に影響を与えたというデータでもあるのでしょうか。
あるいは、謀略ビラにでも書かれていたのでしょうか。
あるいは、ネットでそのような意見があったのでしょうか。
謀略ビラに関しては、反共勢力からももはや相手にされなくなって久しいわけですし、ネットの意見に関しても哨戒艦の問題が日本共産党の選挙結果に影響したという主観は、検索しても逝きし世の面影さん以外にはいまのところ見当たりません。
逝きし世の面影さんご自身が仰っているように「誰一人として」です。
【科学的に言えば】、間主観的にみても共同主観的にみても、逝きし世の面影さんの主観は、主観の域を出ていません。
また、その主観の形成を見ると、直接的に経験されたものではなく、過去の出来事と今回の選挙結果を単純につなぎ合わせたものでしかありません。
【つまりその間の変化を見落としているのです。】
中国に関していえば日本のみならず西側諸国と中国経済が親密になったということですし、北朝鮮に関していえば圧倒的な報道量の違いです。
過去の報道では内外の圧力もあり「北朝鮮民主主義人民共和国」と紹介していた国が、いまでは「北朝鮮」や「北」です。
このような変化は私たちの日常的な経験からも知覚され、そして基本的に知れば知るほど脅威というものは下がります。
逆に認識を新たにし問題が生じてくるかもしれませんが、それは抽象的なものではなく個別具体的なもに変わり、「なんとなく左翼って怖い」という反共プロパガンダには使いづらくなるのです。
現世に生きる人々は皆 変化を経験しているわけですから、ここに他の人々との主観の違いがあり、結果として「誰一人として」という結果があるのではないでしょうか。
  • posted by キンピー 
  • URL 
  • 2010.07/26 20:14分 
  • [Edit]

 

「天安」の影響があったと言うのは正直、新鮮に感じました。
その影響力が今回の選挙にどの程度現れたのかについては個人的には、それほど大きかったとは思えませんが、無かった訳でもないと言うところでしょうか。
ただ、yamamotoさんが言われるイメージとして、一般の国民が捉えたとする考えには頷けました。
政治を理論的であったり科学的に捉える国民は小数派です。
大多数の国民にとってはイメージは大きな影響力を与えるとして方策を考える事が一番効果的だと思えます。
しかし、バ○マスゴ○しか目にしない人達に注目させるのは並大抵の事ではないですね。
けんちゃんがジブリの鈴木氏の例を挙られています。
私はたまたま元ジブリの関係者から「鈴木はとんでもない詐欺師だ!」と聞いた事があります。
バ○な大衆を騙すならやり方は簡単ですが、正直に真っ当に訴える事は難しく、騙しのテクニックを使えば方法が目的を潰してしまう危険と隣り合わせ、むしろ必然となってしまうのが人の常でしょうから。
でも、イメージが大切とする考えから出発する事はここ一連の議論の中で得られた収穫の様な気がします。

禁止ワード;手強過ぎ!
  • posted by ヒロユキ 
  • URL 
  • 2010.07/26 21:48分 
  • [Edit]

 

私は社民党支持なので、ここに書き込む権利がないかも知れません。(笑)
共闘とかは別にして、曖昧で弱いが幅広く支持されて、社民に満足できない人が共産に行くってかつての図式になれば理想的だなどと夢物語を思っています。甘いかな。
左派があまりに小さ過ぎます。何を言おうと誰も聞いちゃいないってのが現実です。みそっかすです。
社民にとっても再生はイメージって事になりそうです。
  • posted by ヒロユキ 
  • URL 
  • 2010.07/26 21:55分 
  • [Edit]

 

天安…相変わらず外しすぎorz…
未だにそんな外部要因のせいだと思っているようじゃ、この党の浮上はあり得ませんな。
  • posted by Looper 
  • URL 
  • 2010.07/26 23:29分 
  • [Edit]

 

共産主義というイデオロギーや理論・路線は一旦置くとして・・・。

「天安」の影響が0だとは思いませんが、それ程大きな影響を与えたとも思えません。加えて反共攻撃だの何だのにからめて原因をさぐる以前に、はっきり言えば、現状では共産党は「忘れられかけている状態」と言ったほうが早いような気がします。国民の頭の中には「二大政党」時代が漠然と大きな位置を占めてきています(善し悪し論は抜きで)。
それ等の認識を持って先ずは存在をアピールするなり、大胆にイメージを展開させて行かなくてはならないのでは?と思います。反共という言葉を使うにしても「反」というのは相手に脅威を感じている場合に発せられる言葉であり、それなりの存在に対してぶつける言葉ではないでしょうか。もう「反共」を使わなくてもいいところまで来てしまっているのかも知れません。

かの龍馬のようにカステラを作ろうというくらいまでの大胆さと、商売人に学ぶ姿勢も大切なのかも知れません(笑)。

かつて、70年代の遅くない時期に民主連合政府を!と言っていた懐の深かった?時期も懐かしいです。

先ほど、TVで相撲協会のニュースをやっていましたが、あちらも立ち直りがなかなか難しいようです。つい、ここでの議論を思い出しました。
  • posted by 阿波太郎 
  • URL 
  • 2010.07/27 00:37分 
  • [Edit]

風評被害 

天安沈没で日本共産党が沈没などジョークの類であるとの判断は、(裏を返せば)日本人の有権者全員が理論や主義を持っており正しく政策を吟味して投票していると考える程度の判断であり、現実世界とは違いすぎて、それこそジョークでしょう。
少しは今の日本を見てから何かをコメントして下さい。
そこまで日本の有権者が賢ければ、いまごろは一番正しい政策を掲げる共産党が第一党になっていて志位さんが首相になっていますよ。
消費税を上げる前にやることがある』と言った渡辺喜美のみんなの党が『消費税に反対』であると有権者に思われて(勘違いされて)勝ったのですよ。
『共産党が天安で負けた』とはマスコミなどでの食品偽装など不祥事での風評被害と同類の話であるのですが、これがどれ程大きいかを理解しているのでしょうか。?
郵政選挙で何故小泉自民党が300議席を得て大勝利できたのか。?
政治が『人気商売』に近くて、政策ではなく『風評』で投票先が変更されるのが日本の選挙の実態であるのですよ。
まあ確かに天安のような『外』だけでなく『内』に何の問題も無かったとは言いませんが、
『内』の問題は今回の歴史的敗北には関係ないでしょう。何故なら別に今に始まった事柄ではなく何十年も同じであるからです。
今回だけの他の選挙と違う特徴とは、何であるか。?
それが、天安の沈没であると主張しているのですよ。
これは過去にも繰り返して起きているのが日本共産党の歴史であるのです、。
だから私が何度も『ジョークである』と一蹴したピンキー氏の年齢を聞いている所以なのです。
歴史を知っていれば、その様な間違った判断は出て来ないのですよ。
一番端的に現れたこの『共産党』の党名繋がりの『風評被害』の例では1983年9月1日の大韓航空機撃墜事件があるのですが、この前後に国政選挙が行われたのです。
6月に参議院が12月に衆議院が3ヶ月の間隔を置いて行われたがこの間にソ連戦闘機の撃墜事件が発生すると、今回と全く同じで政策的にも時期的にも大勝利間違い無しの総選挙で今回と同じように後退するのですよ。
田中角栄の懲役刑が裁判で出されそれを庇う中曽根自民党は窮地におり入り、今回と良く似た与党自民党が初めて過半数割れを起こしてしまうのです。
それなら一番田中金脈を追求していた急先鋒の共産党は大躍進しても可笑しくなかったのです。
今回の消費税が争点であったのであれば共産党の勝利が見込めたのと全く同じような条件設定であったのですね。
この時はちゃんと『ソ連機の撃墜事件』が敗北の原因であるとする総括が共産党中央で行われたのですが、外に対しての公式な発表方法では明確には『ソ連が原因』とは断定する表現はとられず『悪質な反共宣伝で云々かんぬん』と表現が曖昧に解釈できるような形で行われてしまったのですね。
この選挙で、ソ連共産党と日本共産党との区別が出来ていない党支持者が大勢存在している事実に驚愕した党執行部はそれまでの『共産党』との表現方法を一切止めて全て『日本共産党』との表現に改めているのです。
しかし党執行部が考えたように、有権者がいかに無知でもソ連共産党と日本共産党を混同したはずは無いのですよ。
正しくは『共産党』つながりの風評被害ですね。
  • posted by 逝きし世の面影 
  • URL 
  • 2010.07/27 10:58分 
  • [Edit]

 

人間の意識を過小評価しがちな政党が、惨敗すれば意識のせいにする。
まったく皮肉なものです。
人間の行動は理論なんかじゃありません。
生身の人間は理論的どころか矛盾の塊なのですから。
しかしその行動を理論的に解明するのが科学であり、その科学を共産党も拠り所としているはず。
「大衆」は理論的ではないから科学は無意味だというのであれば、さっさと「科学的社会主義」の立場を放棄するべきでしょう。

どこまで自分達の足場を崩せば気が済むのでしょうか。
  • posted by キンピー 
  • URL 
  • 2010.07/27 11:51分 
  • [Edit]

逝きし世の面影さんへ 

1.>少しは今の日本を見てからコメントして下さい。そこまで日本の有権者が賢ければいまごろは一番正しい政策を掲げる共産党が第一党になっていて志位さんが首相になっていますよ。

(アホマスコミに多大な影響を受ける)日本の有権者が賢いとは思いませんが、敗北した共産党以外の全ての政党の狂信的支持者も同じことを考えていると思いますよ。無意味な主張です。

2.>消費税を上げる前に『やることがある』と言った渡辺善美のみんなの党が『消費税反対』であると有権者に思われて(勘違いされて)勝ったのですよ。

そもそも賢い有権者であれば、民主党の主張が『消費税を上げる』では無く、『議論します』と言っているに過ぎないと理解しています。また共産党の『将来においても消費税は上げなくてもよい』という主張に説得力が無いのです。

みんなの党が支持されたのは、将来において仮に上げるとしても、ムダ削減でモタモタしている民主党よりもベターだと思われたからです。また共産党の軍事費削減や政党助成金廃止のムダ削減案よりも、みんなの党の公務員人件費削減案の方が(貧困層も含めて)有権者の心に響いた結果だと感じます。

3.>今回だけ他の選挙と違う特徴とは、何であるか?それが、天安の沈没であると主張しているのですよ。

これはキンピーさんがおっしゃっているように貴方の主観です。私から見ると単なるこじつけです。

北朝鮮が無法な国家だという認識は、今回の天安沈没事件が無くても既に多くの有権者は持っています。先ずは3年前に440万、去年は490万、共産党に投票した支持者が、今回何故350万にまで減ったのかのマーケティング(科学的分析)が必要と考えます。

個人的には、特に3年前や去年に共産党に投票した人は(比較的政治的関心が高く)、北朝鮮の無法な振る舞いを十分認識していて、それでも今まで共産党を支持していた層だと思っています。(賢くないから)天安沈没事件で共産党を見限ったとは個人的はとても思えません。
  • posted by FK 
  • URL 
  • 2010.07/27 19:11分 
  • [Edit]

 

>正しくは『共産党』つながりの風評被害ですね。

あ、逝きし世の面影さん。
北朝鮮は「朝鮮労働党」だから共産党という党名の風評被害は無かったということになります。
そして北朝鮮は主体思想であって、マルクスレーニン主義とも違います。
その違いは「金王朝」として一族が支配する奇異な封建主義社会で人々は飢えに苦しんでいるという印象はお茶の間の方々にも十分伝わっているはずですけど。
これは従来の社会主義のイメージである、「社会権は有るが画一的で自由権の無い国」「よく分からなくて不気味」というイメージとは違います。

逝きし世の面影さんの主張を立証することは無理でしょうけど、せめて論証の精度を上げなければ「誰一人」という事実の前に、ジョークとして処理されても仕方無いのではないでしょうか。
  • posted by キンピー 
  • URL 
  • 2010.07/27 21:23分 
  • [Edit]

『なるほど』と納得する展開です 

キンピー氏ですが、一人で内容的には幼稚でも一生懸命に『何事か』を訴えるのは立派な態度であると今までは高く評価していたのですが、やっと彼が何を言いたいのかが理解できました。
今までの彼の『共産党の色々な問題点の提起』の動機は日本の護憲左派の復権を考えての愛の鞭(激励)であるのか。?
それとも単に自分に酷い仕打ちをした相手への嫌がらせのストーカー行為程度であるのか。?
さて、どちらであろうか。
『風評被害』とは、ベトナムで鳥インフルエンザで死者がでれば宮崎県の地鶏が売れなくなるなどの『何の関係も無い』が、何となく感じる『イメージ』で全く関係が無いものが被害が及ぶと言うものですよ。
北朝鮮の政権党が労働党であるなど知っている人は共産党関係者などある程度の知識がある人々で、この人たちは元々風評などとか関係していないのですよ。
論というよりも単なる低級な言葉の揚げ足取りで真面目な会話ではない。

それにしても一つ前の2010-07-27 11:51:26 | キンピー の内容はひどすぎる。
単なる共産党憎しの悪意以外何かが、このコメントにあるだろうか、
コメント内容が怒りに我を忘れて支離滅裂。
理解しがたい内容だが、唯一理解できるの氏の癒しがたい怨念だけであろう。
>『人間の意識を過小評価しがちな政党が、惨敗すれば意識のせいにする。 』<

とある『意識のせい』とは私のコメントの矮小歪曲であろうがそれなら、その後の、
①>『「大衆」は理論的ではないから
②科学は無意味だというのであれば』<

は批判の為の批判以外の何ものでもない。
大体、何故前半の①と後半部分②とか一つの文章として成り立つのか。?
不思議でならない。
庶民が理論的で有るか無いかと科学的解明の必要性に無いかの関連性でもあると思っているのだろうか。?
前後が矛盾して辻褄が合っていないので内容的には何も語ってはいないのだが、唯一共産党に対する憎悪の感情だけは理解できる何とも読むだけで不愉快にさせるだけの無意味極まる文章では有る。
>『さっさと「科学的社会主義」の立場を放棄するべき』<とか
>『どこまで自分達の足場を崩せば気が済むのでしょうか』<など罵倒だけが目的のそれ以外の目的真全く無い駄文ですね。
  • posted by 逝きし世の面影 
  • URL 
  • 2010.07/28 15:07分 
  • [Edit]

FKさんへ 

>『敗北した共産党以外の全ての政党の狂信的支持者も同じことを考えていると思いますよ。無意味な主張です。』<

日本国の置かれている現状から話を進めて下さい。
日本のもっとも長い歴史がある最大の組織政党は共産党で有る事実を失念しているのではありませんか。?
全く、無意味な主張です。

『>そもそも賢い有権者であれば、民主党の主張が『消費税を上げる』では無く、『議論します』と言っているに過ぎないと理解しています。}<

お言葉ですが、賢い有権者であれば民主党が自民党に消費税10%増税での話し合いを提案したのだと理解しています。
今回のように新聞も読まずに特殊なコメントを書かれても、その他の読者にとっては迷惑でしょう

>『また共産党の『将来においても消費税は上げなくてもよい』という主張に説得力が無いのです。 』<

それはFK氏の知識に経済学の基礎知識が不足しているからであり、何の合理的な説明も裏付けも無い。
横並びマスコミの増税キャンペーンに惑わされた意見で、事実ではありません。
基本的にデフレ不況の日本においてインフレ抑圧に絶大な威力がある消費税の増税は間違いです。
今の日本経済の為必要なのは消費税の引き下げが廃止で、消費時増税は景気を冷やす効果以外期待できません。ですからその意見は妄想に近い現実離れした話ですね。
元々その様な諸費税増税キャンペーンに惑わされる程度の有権者は共産党には最初から投票しません。
日本共産党に投票するのは共産党の『消費税反対』に賛成するだけの進歩的な人々です。

>『みんなの党が支持されたのは・・・』<
以下のコメントは小泉竹中やみんなの党の渡辺喜美の言い分そのもので、一々反論する気力も失せる代物です。

>3.>今回だけ他の選挙と違う特徴とは、何であるか?それが、天安の沈没であると主張しているのですよ。
これはキンピーさんがおっしゃっているように貴方の主観です。私から見ると単なるこじつけです

主観と客観と区別位は明確に付けてください。
最初から事実を見たくない人に『客観的事実』を説明するのは骨の折れる仕事ですが、一応名指しであるので解説してみましょう。
02年の小泉訪朝以来映像マスコミのニュース枠いっぱいに行われていたのは北朝鮮バッシングなのですが、この結果日本全体は極度に右傾化してしまい、欧米各国で行われている軍縮どころかその正反対に日本は置かれているのです。
それが共産党の衆議院490万票参議院440万票の基礎票ぎりぎりの得票なのですね。(衆議院が参議院が50万少ないのは必ず衆議院は投票率が高いので分母が大きい為)
日本の右傾化の荒波をまともに受けて社民党は選挙のたびに得票数を減らしていたのですが、護憲左派の陣営では一人共産党だけが440万票で踏みとどまっていたのですよ。
ところが今回は350万まで大きく後退する。
10ヶ月前の総選挙での国民全体の『自民党政権を変えて欲しい』との切ない願いが結集して民主は大将するが、
このような場合には共産党のような少数政党には政治的に不利で勝てるはずが無いのです。
共産党としては勝てる政治的な背景に無かったのですが、それでも490万の基礎票を死守すりことが出来たのです。
10ヵ月後の今回の参議院選挙ですが、共産党を取り巻く政治情勢はこれ以上無いくらいに有利で『必ず勝てる』筈であったのですよ。
管のオウンゴールで民主党離れは顕著で、自民党の組織的退潮もいちじるしいと成れば1998年の消費税が2%増税された直後の参議院選挙と時代背景はまったく同じで、それならば日本共産党の出番であるのです。
因みにこの時は史上最高の820万票の得票を得ている。
ところが共産党が実際に得た得票は基礎票を大きく割り込む史上最低ともいえる350万票で、その差は何と470万票ですよ。
今まで皆さんが上げている数々の問題点ですが、それはそれで事実であるでしょう。
しかしですね。
10ヶ月前と、現在と天安沈没以外には条件的に共産党内部だけを考えればまったく同じで違いが無いのですよ。
10ヶ月前と同じであれば共産党は通常であれば440万票を獲得できてこれなら比例区では4人当選東京の小池さんを入れれば5人当選は可能だったのです。
去年の8月30日と今年の違いが何かあったかを、政治情勢は何があったのかを冷静に考えてみれば気が付くはずなのですが、基本的に違いは無いのです。
違いどころか今回以上に共産党に有利な選挙情勢は10年か20年に一度巡ってくるか来ないかの滅多にやって来ないほどの好機であったのですよ。
ところが正反対に大負けしてしまったのです。
私のコメントに納得出来ないのは各自の勝手ですが、反論する心算が少しでもあるなら10ヶ月前と今回と何か『明らかな違い』を上げて論証してからにして下さい。
『何か』が今回の参議院選挙では起きていたのですよ。
ですから『何か』の提示無しの反論は、反論とは言えず『私には分かりません』と言っているのと同じ程度の無責任な意見ですね。
  • posted by 逝きし世の面影 
  • URL 
  • 2010.07/28 16:01分 
  • [Edit]

逝きし世の面影さんへ 

横レス失礼いたします。

> 10ヶ月前と、現在と天安沈没以外には条件的に共産党内部だけを考えればまったく同じで違いがなのですよ。
> 10ヶ月前と同じであれば共産党は通常であれば440万票を獲得できてこれなら比例区では4人当選東京の小池さんを入れれば5人当選は可能だったのです。

いや、こういう見方はしていません。
中央は前進の可能性を指摘しつつ、「後退の危険もある」「きびしい」との認識は崩していませんでした。

大会報告でも国民の変化は認識しつつ、「ところが、昨年の総選挙でとりくんだ対話総数は、積み上げの数字で、有権者比で20・7%にとどまっています。わが党の活動が、この程度の規模にとどまるなら、いまおこっている底深い変化の流れに、到底追いつくことができません。国民のなかにおこっている変化に、わが党が接点をもてないままに、選挙が終わってしまうことになります」と警告していました。
その基調は崩していません。
しかし、実際は対話支持拡大は総選挙レベルまで到達しなかった。
それは何だったのかが問われています。

> 去年の8月30日と今年の違いが何かあったかを、政治情勢は何があったのかを冷静に考えてみれば気が付くはずなのですが、基本的に違いは無いのです。

いや違いはあったと思いますよ。
「政権交代」は実現されたのです。
その後の情勢にどう日本共産党が対応するか、ここら辺の変化について行けなかったという指摘もあります。

> 違いどころか今回以上に共産党に有利な選挙情勢は10年か20年に一度巡ってくるか来ないかの滅多にやって来ないほどの好機であったのですよ。
> ところが正反対に大負けしてしまったのです。

ちしかに消費税増税はチャンスだったと思いました。
しかし、前進できず後退した。
でもその原因が「天安」というのはちょっとなーと思います。

それよりも消費税増税への理解は、増税派のプロパガンダもあって国民のなかに「不可避論」「やむを得ない論」がかなり浸透していた。
それにたいしてこちらの論戦がやや単調すぎた、という反省は一部にあります。

「天安」はゼロとは言いませんが、そこに敗因を収斂させるのは同意できません。
  • posted by 土佐高知 
  • URL 
  • 2010.07/28 16:55分 
  • [Edit]

土佐高地さん 

10ヶ月前と現在と、全く違いは無いとは言っていませんよ。
微妙な違いはあるでしょうが党内の抱えている問題点に限れば10ヶ月で極端に党員数が減ったとか赤旗の購読数が減ったとか何かマイナスがあったと考えているのでしょうか。?
それとも公表されていない秘密の何かが共産党内にあるとでもお考えですか。?
そんな顕著な違いは何も無いのですよ。
今回これだけの歴史的は敗北だったのですから、何か『大きな違いはある』ことぐらいは土佐高地さんでも薄々は気が付いている。
ところが『天安である』との意見には生理的な反発を感じているのですよ。
ご自分の考えに、もう少し正直になるべきですね。
何故理論的な総括が出来ず感情的な生理的反発を感じるのか。?
党外の日本の国内情勢ですが10ヶ月前には『民主党ブーム』とも言えるほどの人気が民主党を勝たせたが、今回は自民との違いを探すのに苦労するぐらいに民主は自民化して人気を下げている。
自民も歴史的な退潮傾向ですよ。
消費税増税に賛成の意見が有権者の中に無いとは言っていませんよ。
しかし、元々その様な新自由主義に共鳴する層は共産党支持層と違いがあり別の層です。
管総理が消費税を一言口に出しただけでいっぺんに十数ポイントも内閣支持率が低下した現実が有るのですよ。
日本の有権者の中で2000万票以上の消費税反対の、もしかしたら共産党に投票してくれたかも知れない有権者が存在していたのです。
今回と違い、北風が全く関係ない条件化であれば2%の消費税増税が日本共産党に対して巨大な追い風になり大勝利して820万票が獲得出来たのです。
もう一度私が今まで送ったコメントを読み返してください。
1989年に今回のみんな党と同じ様に消費税に反対するポースの社会党は大勝利して、その反動で共産党は天安門で敗北しているのです。
もっと酷い例では1983年にたった三ヶ月違いで国政選挙が続けて行われた珍しい例があるのですが、この時は3ヶ月の真ん中にソ連戦闘機の大韓航空機撃墜事件が起きるのですよ。
間隔はたったの3ヶ月ですよ。
共産党内の力量では、全くの違いはありません。
国内情勢では田中角栄がロッキード汚職で実刑判決が出て、田中角栄の後ろ盾で成立していた中曽根内閣が崩壊して総選挙になったのです。
この選挙は政権与党に対する逆風は凄まじく敗戦後初めて与党が過半数割れする有様。
それなら国内政治だけに限れば、一番最初から田中金脈を追求していた共産党は大勝利間違い無しだったのですよ。
ところが反対に大韓機撃墜の北風が吹き大きく後退する有様で、絶対有利の選挙情勢であるにも関わらず3ヶ月前の支持層さえ固めきれず敗退するのですよ。今回と同じ現象が起きたのです。
1983年や1989年の選挙結果を大韓航空機撃墜や天安問題を抜きにして説明出来ないことは党中央も良く知っている事実ですよ。これも全く同じような絶対有利が何故が正反対になる今回と同じ現象が起きているのです。
ですから何故今回天安が原因で無いと言い張るのか実に不思議です。
当時のソ連共産党や中国共産党と日本国内の政党で一番厳しく論争していたのは日本共産党以外には無いのです。日本共産党以外のソ連や中国との政党の方が付き合いという意味なら近いのです。
それでも絶対有利のはずが正反対の結果が出てしまたのですね。
まあ、これを一言でいえば『風評被害』としか表現の仕様が無い摩訶不思議なことが歴史的に繰り返されているのですよ。

土佐高知さんが『北風ではない』と言いたいのであれば、北風以外の『何か』の敗北原因をはっきり出して論証を上げるべきではないでしょうか。?
それが無いと、説得力に欠ける無責任な意見であると看做されるでしょう。

それにしても何故風評被害を認めたくないのか。?
御自分でもう一度冷静になって『何故なのか』と理由を考えてみるべきでしょう。
その様な非論理的な頑なな態度を見ていると、根本的な反省が必要なのは党中央にもあると思うが、一般党員にも少しは原因がありそうです。
  • posted by 逝きし世の面影 
  • URL 
  • 2010.07/28 17:47分 
  • [Edit]

共産党は”頑固な少数派”に徹するのでしょうか? 

 ある世論調査会社のメールマガジンに以下の設問があり、回答も掲載されていました。

 注目していただきたいのは、「主な政党」が、「民主党、自民党、公明党、みんなの党」とあり、共産党や社民党などの老舗政党も、たちあがれや,改革なにやろと同じ扱いの「その他の政党」なのです。

Q. 法案を通すためには、民主党は部分連立を含め他の党との連携を考える必要があります。あなたはどの党との連携がよいとおもいますか?

自民党   12.5%
公明党   7.8%
みんなの党 24.3%
その他   27.9%
わからない 27.4%

 この調査に現れているのが、「一般的な国民の政治意識」なのです。

 共産党はせめて、公明党程度の存在感は出していただきたいと思います。

 

横横レス、、、失礼します。

逝きし世の面影さんへ
>『北風ではない』と言いたいのであれば、
>北風以外の『何か』の敗北原因をはっきり出して論証
>を上げるべきではないでしょうか。?
>それが無いと、説得力に欠けるでしょう。

北風vs北風ではない・・という枠の論争ではないと思います。
現在は、そうそう杓子定規的に判断できるような状況ではなくなって来ていると思います。
世の中は、なんとなく「二大政党」への流れを感じつつ、その閉塞感も同時に感じていると思います。
複雑な様相を呈しているとも言えるのではないでしょうか。だからこそ、土佐高知さんもココで粘り強く多くの意見に耳を傾けようとしているのだと思います。

「北風議論」を続けても、このスレッドの主旨に添っていくものとは考えにくいように思います。
ノ~ス・ウィ~ン!
  • posted by 阿波太郎 
  • URL 
  • 2010.07/28 18:08分 
  • [Edit]

阿波太郎さん 

何か。今回と前回とが、大きな違いがあるのですよ。

何度も同じことを言いますが、『天安で無い』と主張するのであれば、その他の『何か』を提示するべきではありませんか。
と主張しているだけですよ。
今の様に、別の『何か』の提示も論証も無しでは『私には分かりません』と同じ程度の話で、それ以上話が前には進みませんよ。
  • posted by 逝きし世の面影 
  • URL 
  • 2010.07/28 18:23分 
  • [Edit]

 

自身も認める「誰一人」唱えることのない珍論によって、そして過去と現在を単純につないだだけの「論証」によって、北風云々があったから共産党が負けたのだと結論付けるなら、共産党は党名を捨てて左翼らしからぬ政党に生まれ変わる以外に対抗策はありませんね。

ま、ひたすら外部に責任を求める姿勢からは何も生まれないということはよく論証できています。
  • posted by キンピー 
  • URL 
  • 2010.07/28 18:26分 
  • [Edit]

 

2009年4月5日に北朝鮮が日本に向けて放ったミサイルは日本をまたいで太平洋へ落下した。
当時、日本国内ではアッソー総理がミサイル防衛を発動し、【首都圏は物々しい雰囲気に包まれた。】
それに対し北朝鮮は「衛星迎撃なら軍事的報復をする」と表明。
メディアの報道も加熱せざるを得ない事態となった。

そして ミサイル実験から約50日後の2009年5月25日には地下核実験が行われた。
これによって、北朝鮮は核実験を成功させたと見られ、すでに保有するノドンと併せて日本を射程に入れる核保有国が新たに出現したことを意味する。
それが昨年衆議院選挙三ヶ月前の出来事であり、日本人民はこの直接的脅威の中で、日本共産党に490万票を与えた。
一方、今回参院選挙前には天安沈没事件という朝鮮半島有事が大きく懸念された事件が起こったが、6月2日の韓国統一地方選挙で与党が惨敗し、その結果 朝鮮半島有事という間接的脅威は大きく遠のいた。
しかし日本の参院選挙で日本共産党の得票が350万票に留まったことから、ごくごく一部に共産党の敗戦原因を北風に求める意見が出たが、これまでの経緯を見てきたように、非常に非合理なものであるといわざるを得ない。
  • posted by キンピー 
  • URL 
  • 2010.07/28 19:14分 
  • [Edit]

逝きし世の面影へ 

私はFKです。EKとは誰ですか?自分の説に異論を唱える人に嫌がらせをする、さすがは共産党支持者ですね。

1.>>敗北した共産党支持者以外の全ての政党の狂信的支持者も同じことを考えていると思いますよ。無意味な主張です。
>日本国の置かれている現状から話を進めて下さい。日本のもっとも長い歴史がある最大の組織政党は共産党である事実を失念しているのではありませんか?全く無意味な主張です。

さすがは共産党支持者です。何を言わんとしているのか下々の私には全く理解できません。要は、日本国で最も歴史ある政党は日本共産党であるから、一番正しい政策を掲げていて、第一党になって当然であり、志位さんが首相になっているはずだ、とでも言いたいのですか?またその事が日本国の置かれている現状を解決できるとでも言いたいのですか?

2.>今回のように新聞も読まずに特殊なコメントを書かれても、その他の読者にとって迷惑でしょう。

私は貴方と違って新聞記事を鵜呑みにしていません。新聞記事を鵜呑みにする貴方のコメント方がここでの読者に迷惑です。また私のコメントが特殊とは思っていません。民主党は参院選で勝利すれば『消費税を10%に上げる』とでも言ったのですか?もし言ったのなら、いつ、どこで、誰が、言ったのかをお示しください。おそらく事実を捻じ曲げる事しかできない貴方のような歪んだ心を持つ狂信的共産党支持者には無理とは思いますが・・・。

3.>>また共産党の『将来においても消費税は上げなくてもよい』という主張に説得力が無いのです。
>それはFK氏の知識に経済学の基礎知識が不足しているかれであり・・・。

何をもって私の知識に経済学の基礎知識が不足していると貴方ごときが断言しているのですか?

4.>基本的にデフレ不況下の日本においてインフレ抑圧に絶大な威力のある消費税の増税は間違いです。・・・

本当に貴方の性根は腐っていますね。今すぐやれとは私は一言も述べていません。もしその事実があればお示しください。他者の主張を捻じ曲げる貴方の歪んだ心の醜さを感じます。さすがは狂信的共産党支持者です。

5.>>みんなの党が支持されたのは・・・
>以下のコメントは・・・一々反論する気力が失せる代物です。

あらま、結局は反論できないのですね。それでいて偉そうに他者に対して経済知識が不足していると述べる、さすがは狂信的共産党支持者です。

6.>主観と客観位は明確に区別して下さい。

そっくりそのまま狂信的共産党支持者の貴方にお返し致します。

7.>02年の小泉訪朝以来・・・行われてきたのは北朝鮮バッシングなのですが・・・

へえ~。北朝鮮バッシングは誤っていたとお考えのようですね。ぜひとも貴方のお力で北朝鮮を賛美する綱領を日本共産党は採択して欲しいものです。

8.貴方の参院選の総括は全く賛同できませんがよく分かりました。ぜひ共産党執行部の正式な総括にも採りいれてくれることを望んでいます(笑)。ところで、執行部が貴方の説を採りいれない場合、キンピーさんや私と同じように、ぜひ共産党執行部もアホ扱いして欲しいです。思考停止の貴方の説を、いくらなんでも共産党執行部が採りいれるとはとても思えませんが・・・(爆)。





  • posted by FK 
  • URL 
  • 2010.07/28 19:31分 
  • [Edit]

 

FKさん

ご立腹は理解出来ますが・・・・
>>逝きし世の面影へ
>私はFKです。EKとは誰ですか?自分の説に
>異論を唱える人に嫌がらせをする、
>さすがは共産党支持者ですね。

私は共産党とは関係ありませんが・・
この件に関しては訂正された方が宜しいかと思います。
自らを貶めるだけですよ。
_______________

>けんちゃんさん
の書かれている某世論調査の有り様と、世間がその流れに
収斂していく事に懸念を感じています。私も。
気がついたら蚊帳の外的な。

______________________________

>逝きし世の面影さん
前回と今回の違いは多くの人も感じているところでしょう。
ココで思いつく事をコメントすることがその違いを導き出す
ことになるのではないでしょうか。

水掛け論になるかもしれませんが・・・
ならば、「天安」が原因だったと論証して下さい。
他に理由が無いでは話になりませんよ。
PS:言葉多きは品少なし、、、とも言います。
  御簡潔にコメント下さい。
  • posted by 阿波太郎 
  • URL 
  • 2010.07/28 21:04分 
  • [Edit]

阿波太郎さんへ 

了解しました。呼び捨ての件は撤回し謝罪致します。
ただHNの間違えを放置したり、他者に対して偉そうに経済知識が不足してしているという主張は失礼です。逝きし世の面影さんが私よりはるかに経済知識が豊富ではるとはとても思えません。
  • posted by FK 
  • URL 
  • 2010.07/28 21:26分 
  • [Edit]

ふたたび逝きし世の面影さんへ 

日本共産党には一定くわしいようですが、

> 今回これだけの歴史的は敗北だったのですから、何か『大きな違いはある』ことぐらいは土佐高地さんでも薄々は気が付いている。
> ところが『天安である』との意見には生理的な反発を感じているのですよ。

別に反発は感じていません。
前レスでも書いたように、一部には「天安」の影響を受けたかもしれないかもしれませんが、それが主たる原因ではないと述べています。
それをえぐり出すには、単純化こそ危険だと思います。

それと1989年と1883年のことについていろいろ書いておられますが、日本共産党の総括はそんなに単純なものではありませんでした。

1989年は天安門事件による「北風」によって、それまでの日本共産党への期待が社会党に流れたことは事実ですが、それを総括した第6回中央委員会総会は、その巨大な「北風」という客観的情勢は認めつつ「いまの情勢でも後退は不可避ではない」として、前進したところの例もあげ、次のような発展方向を引き出しています。
①教育学習・決定読了と機関紙拡大のおくれを打開する。
②党名選挙の位置づけを根本的に強め、日常的に党と国民の結びつきを強める。
③後援会の位置づけを抜本的に高める。
④天安門の逆風に機敏に対応し大量宣伝の必要性。

1883年の総選挙の総括も、第7回中央委員会総会で後退は、機関紙の後退と党の活力低下が根本原因とした上で次のような改善方向を引き出しています。
①「なんとかなる」「大丈夫論」の克服
②大量宣伝刑死の傾向の克服
③反共反撃を機敏かつ徹底的に行う必要性
④他党派・他候補批判を的確に行う必要性、
⑤パンフレット活動を重視する、
⑥支持拡大を個々面接と電話の両面で強める
⑦後援会活動の強化、
⑧選挙実務に熟達する必要性、
⑨選挙情勢の正確な判断と対応をとる必要性、
⑩選挙指導体制と基本指導の適正化。

このように客観情勢の問題は原因の一つとしつつ、それにすべて収斂させることはしていません。
1989年は天安門事件を1983年は大韓機撃墜事件とラングーン事件を、日本共産党攻撃に他党派は最大限に利用しました。
それでも、こうした総括を行っています。

1989年、1983年と同じように「天安」をつかった反共攻撃を他党派が行ったということを寡聞にして知りません。
それなのにこんどの選挙の最大の敗因の一つに「天安」をあげることは異様です。
自分の結論だけを他人に押しつけようとする態度にも、強い違和感を覚えます。

もう少し歴史的かつ総合的に総括議論を行いたいものです。
  • posted by 土佐高知 
  • URL 
  • 2010.07/28 21:50分 
  • [Edit]

 

FKさん

ご了解頂けてうれしいです。
立腹~感情むき出しでは、ちょっと悲しいですね。御自分の文章を読み返してみられると何か感じていただけるはずです。鷹揚に行きまっしょ~う!(笑)

私は詳しい事や党内の事情等は知らないのですが、土佐高知さんのこの補足?は良かったと思います。逝きし世の面影さんの長いコメントを読んでいるとついつい引き込まれそうになっていました(笑)。しかし、逝きし世の面影さんは詳しいですね。はやり熱狂的共産党支持者なのでしょうか(バキッ!)。でも、論証もない「天安原因」一点集中ってのも何だかな~です。
  • posted by 阿波太郎 
  • URL 
  • 2010.07/28 23:47分 
  • [Edit]

 

訂正です(私のコメント)

誤)はやり熱狂的・・・・
正)やはり熱狂的・・・・
  • posted by 阿波太郎 
  • URL 
  • 2010.07/28 23:52分 
  • [Edit]

 

 天安の沈没事件なんて今回の参院選に何の影響も与えていません。当然、共産党が比例票を減らした要因でもありません。
 天安の沈没事件が共産党の減票の要因なんて言ってるようなのには、「馬鹿は口閉じてろ」というコメントしか出ませんね。同党とどういう関係にある人間が言ってるのはどうかは分かりませんが、党内・党外問わず、そういう妄想を本気で口にしているような人間の言うことなど聞く値打ちもありませんな。
  • posted by コミュニスト 
  • URL 
  • 2010.07/29 08:37分 
  • [Edit]

FK氏へ 

指摘されてはじめて気が付きましたが、
当方は困ったことに乱視プラス老眼でFとEの区別が不確かなのでタイプミスしたようです。
アルファベットのHNは失礼が無いように通常はコーピーしているのですが今回は自分で打って間違ったようです。
それ程大事にしているHNであるとは露知らずご無礼をはたらき失礼しました。
正しく訂正しておきました。
FKさん 、
此方としては『名指し』されたので仕方なく返答しただけで、それ以上の他意はありません。
FK氏のコメントが名指しではなく土佐高知さんやその他へのコメントであれば私が何も語ることは何の無いのですよ。
今回、当方のコメント内容が気に入らず大変立腹されておられるようですが、その様に御自分が批判されたくないのであれば名指しなどしないほうが無難でしょう。
長々とコメント様のものを書いておられるが、私に反論して欲しいのでしょうか。?
それとも誰かの自分にたいする反論は大嫌いなのだが、目的が単なる自己顕示欲だけなのか。?
もしも真面目な討論を欲しているのであれば、ブログ記事の趣旨とずれてきて仕舞い、この場所は不適で土佐高地さんに迷惑ですので、『どうしても』とのご要望であれば、何時でも当方のブログにFKさん専用のコーナー(討論用の記事)を用意して置きますよ。
ここでの返答のコメントは、記事の目的から逸脱してしまいその他の読書に対して迷惑でしょう。
  • posted by 逝きし世の面影 
  • URL 
  • 2010.07/29 09:17分 
  • [Edit]

阿波太郎さんへ 

土佐高知さんの>『もう少し歴史的かつ総合的に総括議論を行いたい』
と言うことですよ。
今回の選挙ですが、第一点、与党が過半数割れする大敗を喫している。
第二点、普通なら勝つはずの最大野党も1人区のマジックで議席は得たが党史に残る最小の得票で実質的に負けている。
第三点、最大の第三党公明党も後退しているし、連立与党の国民新党も直前まで与党だった社民党も後退している。その他の雑多の保守新党も実質的に敗北している。
第四点、勿論共産党も歴史的な敗北を喫してしまった。
第五点、世にも不思議な総負けの選挙戦であったのですが、唯一実績も組織もないし主張もよく分からない渡辺喜美のみんなの党だけが勝っているが、新聞報道では『消費税増税』に反対の勢力であると宣伝されていた。

今度の選挙の争点は、矢張り消費税増税の是非を問う選挙であったようです。(反対の世論が大きかった)
それなら過去の例なら、共産党は勝っていたはずなのですね。
  • posted by 逝きし世の面影 
  • URL 
  • 2010.07/29 09:43分 
  • [Edit]

土佐高地さん 

キンピーさんにも注意したのですが、
何か・・・溜め息しか出てきません。
20年以上前の話であるので、歴史は失われてしまっているのですね。残念なことです。
当時の敗北を覚えている党中央の幹部か落選した議員に直接選挙戦での劇的な変化の経験を聞ことを薦めます。

阿波太郎 さんには>『PS:言葉多きは品少なし、、、とも言います。 御簡潔にコメント下さい。 』<
と言われるし・・・
歴史を語るとは基本的に長いもので、小泉流に簡潔に纏めれば反って間違いの元です。
箇条書きした総括ですが、確かに公式に記録として残っているのは、その通りですよ。
選挙戦ですが、共産党が考えているような理論闘争ではなく、困ったことに人気商売のイメージの売り込みに近いレベルなのですね。
この傾向は昔もそうでしたしし今では選挙法が改正されるたびに禁止条項が増えてきて益々強まる傾向こそあれ、改善される見込みは無い。
共産党が今回負けた原因は党が掲げる政策が悪かったのではなく、『何となくイメージ』が悪かったに尽きるのですよ。
天安で日本共産党までが沈没したとは、そう言う意味です。反共宣伝云々などの話では無いのですよ。
  • posted by 逝きし世の面影 
  • URL 
  • 2010.07/29 10:08分 
  • [Edit]

キンピー 氏へ 

何とか反論したい気持ちは分かりますが・・・。
今回の文章は随分前回からは改善が見られ、個人的怨恨によるストーカー行為風ではなく、社会的な視点が若干見られるので、もう一度コメントしてみる気持ちになりました。

>『北風云々があったから共産党が負けたのだと結論付けるなら、共産党は党名を捨てて左翼らしからぬ政党に生まれ変わる以外に対抗策はありませんね。』<

キンピーさん、貴方は共産党が内部に大きな問題を抱えていて改善が急務であると主張していたのではないのですか。?
そうであると善意に解釈して、今までは色々な問題のある言動も若気のいたりであるとして密かに応援していたのですよ。
党名などは、中身に比べれば瑣末な事柄で、変えようが如何しようが、『左翼らしからぬ政党』であるか如何かとは関係ありません。
しかし『一度決めたのだから』と変えない今の態度が漠然としたイメージとって致命的であると主張しているのですよ。
ですから今度のことで『共産党』の党名が変えるべきが維持するべきかで党員全体が討論を行い賛否を問い『維持する』とするなら『共産党』の名前で何ら問題ではない。
ところが共産党では『一度決めたこと』と『正しいこと』とはイコールで結ばれていれ思考が停止状態で討論自体を間違いであるとする硬直性が見られるのです。

選挙の数ヶ月前が如何のこうのではなく、北朝鮮に限らずソ連中国の色々な不都合な行いはいっぱいあるのですよ。ソ連や中国の蛮行で負けるなら共産党には最初から敗北だけしかないことになって仕舞いますよ。
その様な話をしているのではない。
昔から『人も噂も75日』とはよく言ったもので、問題なのは1ヶ月程度の直近の話題であるのですよ。なんともレベルの低い話で信じたくないのは分かりますが、事実だから仕方がない。
そして過去の経験や知識も、その当時はみんなが共有していた常識的な話であったとしても簡単に失われてしまうことは数々の歴史が証明しているのです。
勿論当時の党中央は、十分に自分が負けた原因を認識していた。
ところがそれをはっきりと公表したのでは、それこそ『党名変更』が間違い無く持ち上がるが、その事実を良く知っていた党執行部が表現を曖昧に解釈出来るようにして発表してしまったのです。
そして時間が経過して歴史は失われ、経験も知識も今では少数のものだけになっているのでしょうね。何とも教訓的な話ではある。
  • posted by 逝きし世の面影 
  • URL 
  • 2010.07/29 10:54分 
  • [Edit]

 

「北風云々があったから共産党が負けたのだと結論付ける【なら】」
と書いていますので、他のコメンテーターの方々には私の日本語が十分伝わっているものと思いますが、 逝きし世の面影さんにおかれましては、もう少し冷静になられてはいかがでしょうか。

さて、別の方のコメントでも共産党から離れていった人々の意識について書かれていましたが、相変わらず労働者の背中を撃つような真似をしています。
http://kinpy.livedoor.biz/archives/51849521.htm
人民の戦いを攻撃しておいて、「私たちは貴方達の味方です。一票ください。」などと訴えたところで、それは「虫がよ過ぎる」というものです。
これも自分達がより所とするモノへの不理解があるのですが、日本共産党中央委員会の反共宣伝もしくは反人民的策動に対して、正しい批判を加えられるのかは、一人ひとりの党員の意識にかかっていると思います。
日本共産党の場合、自分たちで足元を崩してきた過去があるのですから、共産党の考えに近しい人々に「共産党は変わった(良くなった)」「ソ連や中国や北朝鮮のように人民への抑圧集団ではない」と思ってもらうには、まずはこういった過去にも誠実に向かい合うことも必要でしょう。

そういった自己変革もないうちから、外部に敗北の要因を求めるのは、いたずらに自己変革を妨げることでしかなく、そういった人種は私の認識では三種類の人間しかありません。
それは腐敗分子(保身幹部)、ひらめ(上しか見ていない党員・シンパ)、、そしてモグラ(公安スパイ)です。
  • posted by キンピー 
  • URL 
  • 2010.07/29 11:26分 
  • [Edit]

逝きし世の面影さんへ 

>長々とコメントの様なものを書いておられるが、私に反論して欲しいのでしょうか?

そうです。

私の長々とコメントの様なものの中で、貴方の主張に理解・納得がいかないものは、きちんと項目ごとに質問・反論していますよ。お年のせいで昨日の事をもうお忘れですか?

1.要は、日本国で最も歴史ある政党は日本共産党であるから、一番正しい政策を掲げていて、第一党になって当然であり、志位さんが首相になっているはずだ、とでも言いたいのですか?またその事が日本国の置かれている現状を解決できるとでも言いたいのですか?

2.民主党は参院選で勝利すれば『消費税を10%に上げる』とでも言ったのですか?もし言ったのなら、いつ、どこで、誰が言ったのかをお示し下さい。

3.何をもって私の知識に経済学の基礎知識が不足していると貴方ごときが断言しているのですか?

4.今すぐやれとは私は一言も述べていません。もしその事実があればお示し下さい。

5.あらま、結局は反論できないのですね。(どうぞ反論して下さい。)

6.主観と客観の違いを述べて下さい。その上で貴方の主張が客観であり私の主張が主観である事を証明して下さい。

7.北朝鮮バッシングは肯定の立場ですか?否定の立場ですか?

ps)5、6、7は今回質問の形にしたので無理に回答はしなくて結構です。






  • posted by FK 
  • URL 
  • 2010.07/29 13:14分 
  • [Edit]

逝きし世の面影さんへ(補足) 

どうも貴方はプレーヤーと審判を兼ねる自分に有利なフィールドでしか議論できないようですね。ここで反論できなくても別にかまいませんが、その場合は貴方の無条件降伏と見なします。

気が向けば貴方のブログにおじゃまするかもしれませんが、貴方の表現はお年のせいか、上から目線と感じる事が多く個人的には不快です。
  • posted by FK 
  • URL 
  • 2010.07/29 16:10分 
  • [Edit]

なに?この上から目線! 

どうやら討論できるレベルではなくなってきましたね。
でも、見過ごすことができないことがあるので…。

> キンピーさんにも注意したのですが、
> 何か・・・溜め息しか出てきません。
> 20年以上前の話であるので、歴史は失われてしまっているのですね。残念なことです。
> 当時の敗北を覚えている党中央の幹部か落選した議員に直接選挙戦での劇的な変化の経験を聞ことを薦めます。

わたしは1983年も1989年もリアルに現場にいました。
1989年の天安門事件以降の街頭での劇的変化は、候補者から訊くだけでなく、わたし自身も体験したことです。
それより歴史的事実として確認しておきたいのは、逝きし世の面影さんは、その1989年の敗北よりも酷い例として、1983年の総選挙のことをあげています。

----(引用開始)-----
もっと酷い例では1983年にたった三ヶ月違いで国政選挙が続けて行われた珍しい例があるのですが、この時は3ヶ月の真ん中にソ連戦闘機の大韓航空機撃墜事件が起きるのですよ。
間隔はたったの3ヶ月ですよ。
共産党内の力量では、全くの違いはありません。
国内情勢では田中角栄がロッキード汚職で実刑判決が出て、田中角栄の後ろ盾で成立していた中曽根内閣が崩壊して総選挙になったのです。
この選挙は政権与党に対する逆風は凄まじく敗戦後初めて与党が過半数割れする有様。
それなら国内政治だけに限れば、一番最初から田中金脈を追求していた共産党は大勝利間違い無しだったのですよ。
ところが反対に大韓機撃墜の北風が吹き大きく後退する有様で、絶対有利の選挙情勢であるにも関わらず3ヶ月前の支持層さえ固めきれず敗退するのですよ。今回と同じ現象が起きたのです。
----(引用終了)----

よくもこんなに歴史を主観で単純化して描けるものだと感心しますが、はじめて政党名での投票となった1983年6月の参議院選挙での日本共産党の得票は次の通りです。
比例:543万票(得票率9.46%)
選挙区:662万票(得票率11.42%)

それが逝きし世の面影さんのいう、「前の支持層さえ固めきれず敗退する」1983年12月の総選挙での得票はどうか?
544万票(9.58%)です。
選挙区と比較すれば「敗退」と見えるかもしれませんが、比例区との比較では逆に得票、得票率では伸ばしています。
これのどこが「3ヶ月前の支持層さえ固めきれず敗退するのですよ」なのですか?

「若い」キンピーたんたちを騙すことはできるかもしれませんが(いや、騙されないよね)、歴史は事実に基づいて論じてもらいたいものです。

> 共産党が今回負けた原因は党が掲げる政策が悪かったのではなく、『何となくイメージ』が悪かったに尽きるのですよ。
> 天安で日本共産党までが沈没したとは、そう言う意味です。反共宣伝云々などの話では無いのですよ。

あら、問題をすり替えてきましたね。
「天安」ではなく敗因は、「『何となくイメージ』が悪かったに尽きるのです」か?
  • posted by 土佐高知 
  • URL 
  • 2010.07/29 23:25分 
  • [Edit]

キンピーさん、何故一つコメントを消したのですが 

私がコメントした直後に送られていたキンピー氏のコメントが無くなっている。

素晴らしい内容で、本心を語っていると思ったのですが・・・

  • posted by 逝きし世の面影 
  • URL 
  • 2010.07/30 08:37分 
  • [Edit]

FK 氏へ 

エントリーされた記事の趣旨から逸脱しているのでブログ管理者に対して失礼であるし、読みに来ている読者に対しても迷惑であると申し上げている。

非難されたと思って意趣返ししているようですが、此方としては基本的にFK氏の意見に対して何の関心も無いのですが、
私と会話がしたいのであれば、適当な場所を用意しますと提案したのですが・・

他所では嫌だ、(不利だ)と考えていると解釈させてもらいました

御自分が会話を仕切りたいと考えておられるようなので、(印象操作ではなく会話がしたいのでしたら)そちらの管理するブログ内でも当方は一向にかまいません。結構ですよ。
今ブログをお持ちでなくとも、幾らでも無料で簡単に作れますから討論専用を立ち上げれば、今のように他人に迷惑になることはありません。
それ以外に、ブログ管理者の土佐高地さんが、当ブログ内に別の討論専用のエントリー記事を新たに用意して頂いても何れの方法でもよいでしょう。
今のままでは長々とコメントされても読者にも管理者にも迷惑でしょう。
  • posted by 逝きし世の面影 
  • URL 
  • 2010.07/30 08:55分 
  • [Edit]

土佐高地さん 

完全に何時もの非難の為の非難のレベルにまで落ちていますよ。
もう一度御自身が書いているエントリー記事を読み返して下さい。

今度の選挙結果に対して、今までの既成概念にとらわれずに、別な視点からの意見も、広く聞いてみようとする意見(記事内容)であると解釈しました。
そうであると思ったから、『この視点は誰も気が付いていない』と、何回もコメントしているだけで、それ以外の他意はありません。
赤旗や党で発表した公式見解以外は信じないとの硬直した姿勢ではなく、『正反対の意見も聞きたい』とするのが記事の趣旨ではないのですか。?
ところが、何かとんでもなく反発している人が読書に何人かいる。
そして今回のコメントではブログ管理者の土佐高知さんまでが同意見であるらしいが、何故それ程反発する必要があるのですか。?
私は不思議で不思議でならないのですよ。
反発の意味がさっぱり分かりません。

ひょっとして『今まで多くの人が出している敗北原因は全くの間違いで、真相は天安沈没だ』と私が主張しているとでも勘違いしているのでしょうか。?
数々の現実離れした意味不明の悪意あるコメント群を読んだ感想ですが、到底大人の会話になっていないのですよ。
上から目線とのタイトルですが、何をかいわんや。
ある意味では正しいでしょうね。
色々と皆さんがあげておられる敗北原因を私が『間違いだ』と主張しているとでも思っているのでしょうか。?
そんな主張は一回も(私を含めて誰も)していないと思っていますよ。
色々な克服しなければならない課題はあるのですよが、それは前回も前々回も同じであり、
今回だけの期間限定の一回限りの課題とは『天安沈没しかない』と指摘しているだけなのですよ。
色々な問題重荷を背負っていたが、最後の藁束(天安沈没)が駱駝の背骨を折ったのだと主張しているのですよ。
駱駝が空荷であるなら、天安沈没ごとき藁束一つで負けるはずが無いじゃありませんか。?
あまりにも常識はずれな解釈です。
  • posted by 逝きし世の面影 
  • URL 
  • 2010.07/30 09:36分 
  • [Edit]

 

逝きし世の面影さんへ

貴方が悪意を持ってここにコメントされているとは一切思いませんが、「逝きし世の面影さん劇場」の様相を呈してきていると感じます。
もう少し要約して御発言されればこのような事にはならなかったように思います。はやり最初の印象は「天安主原因」論のように見受けられました。

FKさんも、あまりにも感情が先走っているように思います。ここでの逝きし世の面影さんとの感情的バトルは他の皆さんも何かしら感じておられるのではないでしょうか。

土佐高知さんが選挙結果に関して多くの方に(素直に)呼びかけられている場所です。このように大らかに批判を受け入れる共産党関係者が他に何人おられるでしょうか?
これ等の事を考えれば、この貴重なコメント欄を汚す事は如何なものか?と。感情的発言や要点ともなりえない事でやりとりする事は自粛して頂きたく思います。
他人の感情的発言を読んで気分を良くする人間がどこにいるのか(怒)! そんなケンカは外でやれ!
  • posted by 阿波太郎 
  • URL 
  • 2010.07/30 10:02分 
  • [Edit]

逝きし世の面影くんへ 

わからないお人ですね。前回の主張とほとんど同じじゃないですか。ごちゃごちゃ言わずに反論できないなら、これこれは反論できませんと述べるか、黙っていればいいのです。

私と貴方との議論はブログ管理者に対して失礼であるとか、ここを訪れる読者に迷惑だと盛んにアピールしていますが、それを判断するのは土佐高知さんです。貴方ではありません。私は土佐高知さんに言われれば従いますが、貴方に何十回同趣旨の事を言われても従うつもりは全くありません。ここでは貴方にそのような権限は無いのです。
  • posted by FK 
  • URL 
  • 2010.07/30 10:06分 
  • [Edit]

 

>2010-07-30 08:37:55 | 逝きし世の面影さん

ん?私は消していませんよ。
このあたりは私では分かりませんので、管理人さんにお問い合わせください。

さて、貴方のブログを拝見させていただきましたが、結論からいうと貴方の訴えは「党名が悪い」ということでしょうか?
その理由として天安沈没をもってこられたなら、そのようなことは必要ありません。
だって、党名の問題は前々から指摘されていることなのですから。
天安問題が枝葉の問題だと貴方も認識されているのであれば、仕切りなおしで党名問題を提案されてはいかがでしょうか。
  • posted by キンピー 
  • URL 
  • 2010.07/30 12:20分 
  • [Edit]

個人的感想 

どなたかの見解はもう無茶苦茶ですね。

最初は天安沈没が共産党敗北の主たる要因と主張をしていましたが、そのうち敗因は天安では無く何となくイメージが悪かったことに尽きると主張しだし、今は天安沈没ごときで負けるはずが無いじゃありませんか?と主張しています。次はどんな主張をしてくれるのか、ある意味楽しみです。
  • posted by FK 
  • URL 
  • 2010.07/30 12:41分 
  • [Edit]

 

逝きし世の面影さんとFKさんの為の特設リンクが出来ましたね。
こういうカタチのサシでの議論から色んなものが見えてくるかも知れません。ありそうでなかったパターンのように思います(拍手)。衆人環視のもと、お二人には遠慮なく討論してもらえますね。見守りたいと思います。

しかし、マスコミ等による共産党への「意識的無視」は進んでいくかも知れませんね。
  • posted by 阿波太郎 
  • URL 
  • 2010.07/31 10:33分 
  • [Edit]

 

土佐の高知様、
現在私のブログが「閑古鳥」状態ですので、こちらの活発な議論を興味深く拝見しています。ところで現在こちらのブログのコメント欄は、新しい投稿が「上」に表示される形式になっております。しかしこれが非常に見づらいのです。しばらく時間が経ってまとめて読むときなど、まず前回自分が読んだところまで下方向にスクロールし、今度はそこから逆に上方向にスクロールしなければならない。更にコメントそのものを読む際には再び、下にスクロールする必要があります。非常に無駄な動きを読む者に要求します。

確かにこのような表示形式にしているブログは他にもあるにはありますが、ごく少数です。こちらのブログが何故このような形式に変更なさったのか、実は疑問に思っておりました。ひとつだけ思い当たることがあります。私が「たかしズム」へ貴ブログのコメント欄を時々「コピペ」するからですか?

・・・などと勘ぐったりしておりますが、まさかそんな事じゃあないですよね?もちろん、コメント欄の表示形式などというものは「管理人」の専権事項ですから、第三者が何を言おうが従う義務はないわけですが、上に私が述べた「読みづらさ」は確かに存在します。これについて他の皆さんはどのように思っておられるでしょうか?
  • posted by たかし 
  • URL 
  • 2010.07/31 10:50分 
  • [Edit]

阿波太郎さん 

もう少し簡潔にとの(親切心からだと思うのでが)再三のご指摘ですが、
何か少し勘違いがあるのではありませんか。?
当方のコメントですが、私の能力ではこれ以上簡潔には出来無いくらいに無駄を省いていますが、何しろ読者の諸氏は御覧の通りの有様です。
一度も考えて見なかった人達に、『別の見方から見れば、この様にも見えますよ』と言うのは実に骨の折れる仕事で、これ以上簡潔にしては余計に誤解する人は増えるばかりですよ。
言葉の重複は無いと思いますよ。
何度も意味不明の悪意ある妨害コメントを送っていたF氏やP氏ですが、これだけ私が懇切丁寧に○○でも分かるように説明していても完璧に誤解していたのですよ。
まさに私が指摘したように、
『今まで多くの人が出している敗北原因は全くの間違いで、真相は天安沈没だ』と私が主張しているとでも勘違いしているのでしょうか。?
数々の現実離れした意味不明の悪意あるコメント群を読んだ感想ですが、到底大人の会話になっていないのですよ。
上から目線とのタイトルですが、何をかいわんや。
ある意味では正しいでしょうね。』 <

阿波太郎さん、普通の大人はF氏やP氏のように白でなければ黒であるなどのデジタル世界には生きていないのですよ。
そんな不思議な考え方は実社会に経験がある大人では普通はいません。まあ子供とPCだけのバーチャル世界に生きているネット○○だけでしょう。
今回のように誰かが『誰もAに気が付いていませんが、今回だけで前回も前々回にも無い問題点はAです』と誰かが言ったとして、
誰が、『Aだけが原因で、今まで出ていたBCDは間違いです』と解釈する人がいると思いますか。?
そんな人は一人もいませんよ。
とこのがこのブログではブログ管理者を筆頭に何人もいる。
阿波高地さんまでが、2010-07-30 10:02:27 | 阿波太郎 #- URL で、
『最初の印象は「天安主原因」論のように見受けられました。 』などと書いているのですが、それはご自分の読解力が不足しているか、私の記述力が足りないのかどちらかですが、
このブログ読者でも しろさん、yamamotoさん、 ヒロユキさんなどは 十分に最初の1回目のコメントで私の主張内容を正確に理解できているのですよ。

阿波太郎さんはまさかこの人たちが、『今まで出ていた意見は間違いで天安沈没一本で日本共産党が沈没した』と解釈して賛成した可能性があるとでも、おもっているのですか。?
いくらなんでもそれは無い。

あまりに馬鹿馬鹿しいと思いませんか。?
しかしものは考えようで、今回のP氏やF氏の大人の常識を少しも弁えない態度から、もっとも私が言いたかったことが図らずも完璧に証明されてことは大収穫です。
当たり前ですが普通の現実世界で生きている共産党員は大人の常識も礼儀も弁えている善良な人々であるのですが、
時々ニュースになって飛び込んでくる大韓航空機撃墜事件や天安門事件、天安艦沈没で、日本の保守的な風土にある、何となく『共産党は怖い』『何をするか分からない』『自分を正当化して反省しない』との連想イメージを呼び覚ますのですよ。
これば私のいう『北風』の正体ですが、
この悪イメージの原因は決して海外だけに有るのではなくP氏やF氏に代表されるような不思議極まる『悪意』を周りに振り撒く困った人たちが共産党内部には、若干数存在しているのですね。
自分達の言動が、選挙での共産党票の足を引っ張っているのだとの自覚が全く無いのですよ。
  • posted by 逝きし世の面影 
  • URL 
  • 2010.07/31 14:32分 
  • [Edit]

土佐高知さん、へ 

最後のコメントへの返事をまだ頂いていませんが、2010-07-28 16:55:40 | 土佐高知 #-に書かれている感情的かつ悪意あるコメントの何らかの釈明が、少しは頂けるのではないかと、待っていたのですが、無いようですので、此方から土佐高知さんの記憶違いか、悪意ある記述ミスを指摘しておきたいと思います。

>『いや、こういう見方はしていません。
中央は前進の可能性を指摘しつつ、「後退の危険もある」「きびしい」との認識は崩していませんでした。』<
前回実績は440万に対して今回目標は650万票ですよ。
勿論小池当選は当然織り込み済みで彼は参議院のもっとも大事な最高幹部の議員ですよ。
今回のようい落選を考えていたら 比例区に振り向けて確実に当選をきするのは今までの共産党の候補の振り分け方です。
>『いや、こういう見方はしていません』などの口上には、『主張が間違いである、事実で無い』との印象操作に近い行為で、決して褒められたことではない。
しかも、このわざわざご自分がコメントした部分は私の主張の趣旨の正誤にはほとんど関係の無い背景説明に使い瑣末な事柄ですよ。
非難の為の非難に近い無駄な書き込みです。
瑣末な論とは関係が薄いコメントで、ご自分のブログを御自分でレベルを下げて如何する心算ですか。

『>『いや違いはあったと思いますよ。
「政権交代」は実現されたのです。
その後の情勢にどう日本共産党が対応するか、ここら辺の変化について行けなかったという指摘もあります。 』<
> 違いどころか今回以上に共産党に有利な選挙情勢は10年か20年に一度巡ってくるか来ないかの滅多にやって来ないほどの好機であったのですよ。
> ところが正反対に大負けしてしまったのです。
>『ちしかに消費税増税はチャンスだったと思いました。
しかし、前進できず後退した。
でもその原因が「天安」というのはちょっとなーと思います。 』<

土佐高知さん自分で突っ込んで自分でボケて如何する心算ですか。?
3年前には『チェンジ』を掲げる民主党ブームとでも言うべき状態で、この状態では共産党には有利とはいえない。
そして10ヶ月前にはこの『民主党ブーム』は最高潮で300議席を得る熱狂ぶりでこれでは共産党は全く不利です。
ところが今回は民主党の幻想は収まっていたし、逆風まで吹いていたし、自民党の退潮傾向も止まっていなくて今回歴史上最低の得票だったのですよ。
これ以上に有利な条件は無かったのです。
それでも敗北しても何も考えず、『でもその原因が「天安」というのはちょっとなーと思います。』とは何ですか。?主観が問題なのではなく科学的な客観的事実のみが価値がある。不真面目です。
何故『チョとな~』と思ったのかの原因、根拠こそ記述するべきです。

ブログ管理者としての自覚を持ち、論議の質の向上に注意して下さい。
  • posted by 逝きし世の面影 
  • URL 
  • 2010.07/31 15:14分 
  • [Edit]

 

>逝きし世の面影さん

貴方のここでの最初のコメント(抜粋)が以下です。
よ~く御覧下さい。

>今回は天安門事件ではないが韓国の天安の沈没で日本
>の共産党が大敗北したのですよ。
| 2010-07-25 14:57:34 | 逝きし世の面影 #bYNys3XA URL [ 編集 ]

PS:私のHNは、阿波太郎です。
  阿波高地では、ありません。ダイジョウブですか?
  • posted by 阿波太郎 
  • URL 
  • 2010.07/31 15:41分 
  • [Edit]

 

逝きし世の面影さんには[2010-07-25 14:57:34]に投稿されたご自身のコメントを読んでいただきたいものですが、ともかく一般化された「北風」の影響に、ご主張を後退されたわけですから、そろそろ本題の党名問題を提起されてはいかがでしょうか。
  • posted by キンピー 
  • URL 
  • 2010.07/31 15:42分 
  • [Edit]

土佐高知さんへ 

なに?この上から目線!なるご自分のコメントを書いて恥ずかしくないのですか。?
私は十分に恥ずかしい思いもしていますよ。
基本的に悪意に満ちていて読むに耐えない文章になっていますが、ご自分のブログを御自分で台無しにしています。

>『わたしは1983年も1989年もリアルに現場にいました。
1989年の天安門事件以降の街頭での劇的変化は、候補者から訊くだけでなく、わたし自身も体験したことです。 』<

その貴重な実体験を何故、ご自分の語らないのですか。?
勝利から学ぶことは少ないが、実は『敗北』こそ最良の教師なのです。
なるべく過去の自分達の失敗を若い経験の無い人に教えないようにして真面目な歴史学者が『過去の失敗』を教えることは『自虐史観である』とする作る会の間違いは、私が今ここで説明する必要は無いと思います。
不真面目極まりない過去の敗北の貴重な経験を『ジョークである』と一笑に付す歴史を知らないP氏にこそ注意する必要があったのではないですか。

それが正反対に、>『「若い」キンピーたんたちを騙すことはできるかもしれませんが(いや、騙されないよね)、歴史は事実に基づいて論じてもらいたいものです。 』<
とは呆れ果てて言う言葉もありません。
余りに悲惨な見るに耐えない状態に、涙が出ましたよ。これが今の共産党の実力なのか。
まさに『共産党の失われた20年』を代表するほどの浅ましい言い訳で、読んでいる方が恥ずかしさに顔が赤らみます。
真面目に会話をする心算が在るのですか。?
それとも歴史を隠蔽してこれからも、その様な『失われた20年』の失敗を繰り返していく心算ですか。?
P氏程度の人物であるなら誤魔化せるかもしれませんが、世間を舐めるにも程がある不真面目な態度です。
3ヶ月の間隔で2回国政選挙が行われ、初回の参議院選挙では比例:543万票3ヶ月後の総選挙では544万票で得票数では確かに1万票増えているし、得票率でも9.46%が9.58%のたったの0・12%ではあるが前進している。
それで『負けていない』との総括が党中央では表向きには出されたのですよ。まさに共産党の『失われた20年、否、失われた27年』が始まった歴史的なほとんど犯罪的隠蔽工作であったのです。

土佐高知さんの悪質な印象操作の例としてこれほど適切ものはないでしょう。

参院地方区の票数で選挙区:662万票(得票率11.42%) を何故これほど完璧に無視することが出来るのですか。?
普通は中選挙区制の衆議院に対しての比較なら、当然政党名を記載する比例区ではなく複数区も存在する地方区ですよ。
それなら得票数で118万票の歴史的後退で、得票率でも1・84%の大幅な敗北です。

それに一番肝心なインチキの手口で悪質なのは、そもそも共産党は昔も今も衆議院得票は参議院に比べて常に大きいのですよ。
ここ何回かの勝てない選挙ですが、衆議院は490万票に対して参議院は440万票と1割強も必ず選挙区が小さい衆議院の方が得票数が多く出るのですよ。
ですから、1万票の増加ではなく単純計算でも1割のマイナスでも60万票程度の敗北なのです。
しかもこの間に田中角栄の実刑で角栄のバックで首相になったなった中曽根内閣が崩壊して選挙では史上初めて過半数割れする大敗北であったのです。
それなら田中金脈を最初から追求して追い込んだ共産党は国内の政治事情だけなら大勝利間違いな氏の、滅多にない絶対的な好機が到来していたのです。
負けた事実は誰よりも共産党幹部は知っていた。
ところが、今の土佐高知氏の使ったようなマジックで一般党員を何とも情けない話ではありますが、「ひとこと」で言うと『騙した』のですよ。
其れ以来、党執行部は得票数が落ちても率で上がっているとか率が下がっても票数が増えたとか、新しい空白区を克服したとか、何らかの良い点を見つけ出して今回の土佐高知氏のやり方と似た色々なマジックを駆使して年十年も党を停滞の泥沼に沈めてしまったのです。
明確な敗北を『敗北でない』と事実を有耶無耶にしたのですからこれでは勝てるはずがないのですよ。
ところがどのように数字を操作しても敗北が大きくすぎて到底誤魔化すことが出来ない事態にまで、今回の選挙では立ち至ってしまったのです。何とも悲しすぎて情けなくて涙も出ませんよ。
  • posted by 逝きし世の面影 
  • URL 
  • 2010.07/31 16:11分 
  • [Edit]

もう相手する意欲ないけど 

「ブログ初心者、ついでにPCも初心者」でも、「ホモ・サピエンスだけは長くやってい」るんでしょう?

もう少しご自分が書いてきたことと、それに対してほかの方が書かれていることを読んでみてくださいな。
そこに回答があります。

それとご希望通り、あなたとFKさん専用の新しいスレッドを立ち上げたんですから、そちらにも書き込んだらどうなんですか?

当面の論争相手はFKさんなんでしょ。

それがすめば、ご希望があればVS阿波太郎、VS土佐高知の専用討論スレッドを立ち上げてあげます。

まずはFKさんと討論してください。

相手はしびれを切らしているようですよ。
  • posted by 土佐高知 
  • URL 
  • 2010.07/31 16:23分 
  • [Edit]

 

>逝きし世の面影さん

もう、いい加減にしませんか?
ここに長々と文章を書き込まれるのは。

貴方はFKさんに対してこうも仰っています。
>御自分が会話を仕切りたいと考えておられる
>ようなので、(印象操作ではなく会話がしたいの
>でしたら)そちらの管理するブログ内でも当方
>は一向にかまいません。結構ですよ。
>今ブログをお持ちでなくとも、幾らでも無料で
>簡単に作れますから討論専用を立ち上げれば、
>今のように他人に迷惑になることはありません。
>それ以外に、ブログ管理者の土佐高地さんが、
>当ブログ内に別の討論専用のエントリー記事を
>新たに用意して頂いても何れの方法でもよいで
>しょう。
>今のままでは長々とコメントされても読者
>にも管理者にも迷惑でしょう。

このように書いておきながら、土佐高知さんが実際にスレを立ち上げたら、それを無視するどころか、こちらの方へ長々と書き込まれている。誰がどうみても大人げないし大変失礼なのは逝きし世の面影さん、貴方ですよ!
特に最後の一行は貴方自らに返ってきています!
  • posted by 阿波太郎 
  • URL 
  • 2010.07/31 16:31分 
  • [Edit]

阿波太郎氏へ 

完全にネット○○モードに入ってしまって意味不明です。
長すぎて重要部分を読み飛ばしてしまったようなので先のコメントの核心部分を要約して見ましょうか。?

阿波太郎さん、子供とPCだけのバーチャル世界に生きているネット○○以外、
普通の大人は白ろ黒、0と1のデジタル世界には生きていない。
そんな不思議な考え方は実社会に経験がある大人では普通はいません。。
今回のように誰かが『誰もAに気が付いていませんが、今回だけで前回も前々回にも無い問題点はAです』と誰かが言ったとして、
誰が、『Aだけが原因で、今まで出ていたBCDは間違いです』と解釈する人はいない。
とこのがこのブログではブログ管理者を筆頭に何人もいる。
誤解の原因は、阿波太郎さんご自分の読解力が不足しているか、私の記述力が足りないのかどちらかですが、
このブログ読者でも しろさん、yamamotoさん、 ヒロユキさんなどは 十分に最初の1回目のコメントで私の主張内容を正確に理解できているのですよ。

当方の些細なタイプミスには即座に見つけて完璧に反応する能力があるのに、肝心な大事な相手の話の内容にまでは気がまわることが無いのは残念なことです。
  • posted by 逝きし世の面影 
  • URL 
  • 2010.07/31 16:37分 
  • [Edit]

土佐高地氏へ 

不都合に成ったら話を摩り替える心算ですか。?
F氏ですが、彼の最初のコメントはまだ少しは会話の意思はあったのですが、それ以降に彼が単なる印象操作以外の何かの真面目な会話を行いましたか。?
それにしてもネット○○と同程度の無責任な誹謗目的だけのコメントをブログ管理者までが行って少しは責任を感じないのでしょううか。?
よくも白々しくあのような恥ずかしい数字の操作が出来るものです。呆れ果てました。恥を知りなさい。
貴方のような、歴史を修正して顧みない人が共産党を傷つけているのです。
  • posted by 逝きし世の面影 
  • URL 
  • 2010.07/31 16:47分 
  • [Edit]

逝きし世の面影さま 

脇から、論の展開に関係のないことを申し上げます。

あなたにご忠告申し上げます。

あなたは、幾度も固有名詞の表記を間違えておられます。
このブログの管理者は、土佐「高知」さんであって土佐「高地」ではありません。

些細なことですが、当事者にとってはたいへん不愉快なことだと思います。

固有名詞のモジを間違えるということは、相手を大切にしているかどうかという姿勢が問われることにも通じます。いくら目がお悪くても書いたことを読み返し、表記に間違いがないかを確かめてから投稿なされてはいかがでしょうか?

ついでに申し上げますが、
土佐高知さんは「非難のための非難」や「誹謗目的だけのコメント」をなさるからではないような気がしますが、いかが?
  • posted by kanakana 
  • URL 
  • 2010.07/31 17:11分 
  • [Edit]

kanakanaさま 

さきほどより逝きし世の面影は書き込み禁止=レッドカードを適用しました。

本人に回答を求めるようなコメントはご遠慮ください。
  • posted by 土佐高知@管理人モード 
  • URL 
  • 2010.07/31 17:15分 
  • [Edit]

土佐高知さま 

了解です。
先ほどのコメントは削除していただいても構いません。よろしいようにお取り計らいください。
  • posted by kanakana 
  • URL 
  • 2010.07/31 17:23分 
  • [Edit]

たかし 

土佐の高知様、
私の下記の書き込みが、何故理由もなしに削除されたのでしょうか?

====================================================
土佐の高知様、
現在私のブログが「閑古鳥」状態ですので、こちらの活発な議論を興味深く拝見しています。ところで現在こちらのブログのコメント欄は、新しい投稿が「上」に表示される形式になっております。しかしこれが非常に見づらいのです。しばらく時間が経ってまとめて読むときなど、まず前回自分が読んだところまで下方向にスクロールし、今度はそこから逆に上方向にスクロールしなければならない。更にコメントそのものを読む際には再び、下にスクロールする必要があります。非常に無駄な動きを読む者に要求します。

確かにこのような表示形式にしているブログは他にもあるにはありますが、ごく少数です。こちらのブログが何故このような形式に変更なさったのか、実は疑問に思っておりました。ひとつだけ思い当たることがあります。私が「たかしズム」へ貴ブログのコメント欄を時々「コピペ」するからですか?

・・・などと勘ぐったりしておりますが、まさかそんな事じゃあないですよね?もちろん、コメント欄の表示形式などというものは「管理人」の専権事項ですから、第三者が何を言おうが従う義務はないわけですが、上に私が述べた「読みづらさ」は確かに存在します。これについて他の皆さんはどのように思っておられるでしょうか?
====================================================
  • posted by たかし 
  • URL 
  • 2010.07/31 18:14分 
  • [Edit]

たかしさま 

暑いですね。
あなたのコメント、「| 2010-07-31 10:50:23 | たかし #N2hj/.HY URL」でしたら削られていませんよ。土佐高知さんはそんなことを勝手になさる方ではないと思います。
ついでに管理人さんは、「土佐高知さん」。「土佐の高知」さんではありません。

私は、このように新しいコメントが上に来る形式がわかりやすくていいと思います。
素人の意見ですが。
  • posted by kanakana 
  • URL 
  • 2010.07/31 18:32分 
  • [Edit]

 

たかしさんへ

削除はされていませんよ。
かなり下の方になりましたが有ります。よく御覧下さい。
  • posted by 阿波太郎 
  • URL 
  • 2010.07/31 18:32分 
  • [Edit]

 

共産党が自己批判するぞ!と言っている時に水を差しにくる人々とはどういう種類の人々なのでしょうか。
ま、党内外に限らずそのような主張があるようですが、そういったことも批判の俎上に上げなければならないでしょう。

こういう類の人々のコメントやリアルでのお話を聞くと「共産党は正しいもの」と決め付けている方に多いようです。
問題があったとしても、その原因は外部であると。
そりゃ共産党は正しいのですから結論は最初から見えています。

でもね、おかしいと思いませんか?
方針を立案実行する立場の幹部は、正しいと思っているから立案実行するわけですが、他の人々は違うでしょう。
他の人々は正しいか正しくないか分からないものを指導されるのですから、批判的検証が必要なのに、ただただ「方針を深める」ことに努力することが多いのではありませんか?
いまどきの民青やっている子たちを見ると、自分の人格を共産党という正しいものに重ね合わせて「だから自分も正しい」と安心している子たちがいますが、それに近いものが党全体を覆っているような感じですね。
  • posted by キンピー 
  • URL 
  • 2010.07/31 18:38分 
  • [Edit]

 

kanakanaさま、阿波太郎さま、

>削除はされていませんよ。
>かなり下の方になりましたが有ります。よく御覧下さい。

それはどうも失礼しました( ^ ^ ;ゞ 。

土佐の高知さま、失礼土佐高知さま、
「表示形式」の件、是非。「善処」をお願いします。本当に「読みづらい」のです。

皆さん本当に「読みづらい」とは思わないのですか?他の方々はいかがですか?
  • posted by たかし 
  • URL 
  • 2010.07/31 18:48分 
  • [Edit]

 

たかしさん

有ったでしょう。でも、謝るのならば土佐高知さんに謝る方が正解だと思います。
キンピーさんの仰るように、ここはシビアなスレッドだと思います。コメントの配列でのご質問や呼びかけは別の機会にされては如何でしょうか(私は今の配列でもいいと思いますが)。心笑われる質問にならないように・・・。
  • posted by 阿波太郎 
  • URL 
  • 2010.07/31 19:54分 
  • [Edit]

 

すみません、
たかしさんの配列についてだけ・・・

言われてみれば、こんなコメントが多い場合は、
読みづらいですね。

前からでしたっけ?
  • posted by 東行 哲 
  • URL 
  • 2010.07/31 20:12分 
  • [Edit]

 

>有ったでしょう

はい、ありましたとも。
普通の並びだったら、簡単に見つけられたのでしょうけれど(笑)。
土佐高知さん、あらためて早急に「善処」と「ご回答」を願います。
  • posted by たかし 
  • URL 
  • 2010.07/31 21:04分 
  • [Edit]

北風の正体 

「北風」を「日本共産党イメージ悪化現象」と定義するなら、まさに逝きし世の面影くんこそが北風の正体そのものですね。

彼は「対話」でなく「指導」している事に気づいていないようです。彼は素直に指導に従わない者に対して、知識不足、経験不足、読解力不足の烙印を押し○○扱いして、ますます一般有権者を共産党嫌いにさせていると感じます。困ったもんです。
  • posted by FK 
  • URL 
  • 2010.07/31 21:15分 
  • [Edit]

たかしさんへ 

最初のうちは違和感がありましたが慣れてくると平気ですよ。どちらかと言えば前の方が読みやすいと感じますが、土佐高知さんも他者の主張を丁寧に読みながら同じようにコメントもしているわけですから、不便・不都合と感じれば元に戻すこともありうるでしょう。
  • posted by FK 
  • URL 
  • 2010.07/31 21:23分 
  • [Edit]

横スレ失礼 

なかなか繁盛してますなあ。(笑)
私も一応共産党への意見、簡単ですが、まとめてみましたが、長文ですので、興味がある方は、面倒ですが私のブログでご覧ください。
http://simanto114.blog116.fc2.com/blog-entry-490.html

皆さんの、まじめなご意見、さらに期待しています。
  • posted by simanto114 
  • URL 
  • 2010.08/01 17:08分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

盛り上がらなかった参議院選挙と日本共産党結党以来の危機

『結党88年。日本共産党が歴史的敗北』 日本の共産党の歴史は、1920年(大正9年)に共産党を名乗った日本最初の思想結社『暁民共産党』が首都の少数の知識人によって結成され、1921年には東京での陸軍大演習に党名入りの反戦ビラを配るなど反戦活動を行うも即...

(続)共産党のテサロニケ的党名変更問題

『政党の目的は政権をとること』 今回歴史的な大敗北を喫した第22回参議院選挙以前の、今までの日本共産党は得票率7~8%450万の得票で有権者全体の5%弱程度でしょうか。 此れでは確かに政権は執れません。 その事を党中央も知っていているので『確かな野党』な...

共産党はなぜ負けた?

なんだか、「なんで選挙結果について書かないんだ?」という無言の圧力を感じるので(^^;書いておきます。 で、菅さんの戦略ミスとか、自民や...

479:共産党の長期低迷に物申す

2010/08/01(日) 共産党の長期低迷の原因について・・・私の意見 党内外の方々のご意見・ご批判に真摯(しんし)に耳を傾け、掘り下げた自...

JCP党員・支持者の“奇妙”な投票行動

 参議院選挙が終わり、はや3週間になろうとしているが、3年前と同様に参議院比例区の各都道府県におけるJCPの得票および比例候補者の...

百八十三の巻 生きるためのたたかい、様々。

 再び失礼します。 今激しく議論になっている『共産党の在り方』には、その議論についていけない事をただ一つの理由として参加していませんが、そんな状況下でも、生きることに難...

Menu

応援おねがいm(__)m

サヨクブログ興隆のために 1日1回それぞれポチッと!!↓


にほんブログ村 政治ブログへ

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アンケートのおねがい

このブログへの評価をおねがいします。これからの記事に反映させていきたいと思います。

プロフィール

土佐高知

Author:土佐高知
男性/スライム系(LV61・HP715・MP1952)/高知県に生息/酒席は好きだが、晩酌はしない/どちらかといえば「凝り性」/美徳は「きまぐれ」/ウルトラマラソンに向かって日々鍛錬中!!/嫌いなことは陰口と意見を無視する態度
◎ブログの考え◎
TBは、削除しません。ただし、アダルトやスパム、記事に直接関係のないものなどは警告なく削除します。
コメントへの書き込みは、管理人および訪問者の意見交換の場と考えていますので、反対意見でもフレンドリーかつ建設的な態度で行なっていただくようお願いします。無意味な文字の羅列や、コピペ、他者を誹謗・中傷する(この判定は下記のとおり)コメントは警告なく削除する場合があります。多重ハンドル禁止など、ネチケットをまもることは、最低限のルールであることは言うまでもありません。
その他、ここに明文化していないことは土佐高知の判断に属します(重要!)。
紹介している商品の取引は、それぞれの責任でおこなってください。当ブログは一切の責任をおいません。

MAILをどうぞ!

ここでは書けないご意見、お問い合わせをどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QRコード

FC2拍手ランキング

ブロとも申請フォーム

埋め込み

右サイドメニュー

トコトン共産党

ご訪問ありがとう

ただいまのご訪問者

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ブログ内検索

商品検索

賛同TBセンター


「しんぶん赤旗」

ブログジャンキー

わたしのオススメ

お薦めの本、CDなど



















アフリⅠ

アフリⅢ