FC2ブログ

土佐高知の雑記帳

四国西南部から徒然なるままに、祖国の右傾化、田舎切りすてに異議申し立てほえる。靖国神社の戦争犠牲者冒涜に怒りの発信!軍需産業=吸血鬼を暴き出すお気楽バンパイア・ハンター(^○^)

Entries

3億円税金逃れのゴーン社長

日産のゴーン社長の所得が8億9千万円とは驚きだ。1日244万円、1時間10万円であ

る。これが真っ当な人が働いて得た額ではないことは子どもでもわかる。

まず応援のクリックをお願いします!

まさに資本主義所得精度のマジックであり、日産社員と下請けを搾取してえた剰余価値の塊であり本来は社会のものである。
ところがいまの日本の税制度(所得税)の元では、ゴーン社長は3億5600万円の納税(税率40%)ですむ。

しかし、これは相次ぐ税制改革(いや金持ちにとっては「改革」だが、その負担を税制でも押しつけられる庶民にとっては「改悪」である)の賜物だが、改革前だったらゴーン社長はどれだけ税金を納めなければならなかったのだろうか。

ここに1974年の所得税率表がある。
それによると、このときに4000万円以上の高額所得者の税率は75%だ。
それをゴーン社長の所得に換算すると6億6750万円。
何と彼は3億1900万円もの「税金のがれ」していたのだ!!
この税収の穴は大きい。

いま財務省が力を入れて国民に説明している歳入不足。
その資料のなかに「一般会計における歳入歳出の状況」というグラフがある↓。


それによるとバブル景気(1986(昭和61)年~1991年(平成3年))のときは、右肩上がりだった歳入が消費税導入段階で止まり、逆に下がりだした。
その原因が景気後退局面もあったことは理解できる。

ところが地方には実感のなかった2002年(平成14年)から2007年(平成19年)の「いざなみ景気」。
大企業と大銀行は空前の利益をあげたが、税収は相も変わらず低下傾向が続いた。

それはなぜか?
法人税減税と大金持ち減税の結果である。
とるべきところからとらなかった。
だから税収は好景気にもかかわらず下がったまんま。
そして大企業は有り余ったもうけを「内部留保」の形でため込み、大金持ちは投機にまわした。

いま日本の財政にとって肝要なことは消費税増税では絶対にない。
もうけているところに応分の負担を求める所得税改革と法人税増税である。
そうすれば財政も経済も社会保障も成長軌道に乗せることができる。

そのことを声を大にして言いたい。


☆きょうも読んでくれてありがとうm(__)m
 サヨクブログのランキングアップにご協力を!
  励みになります。ポチッとおねがい!
↓    ↓   ↓
にほんブログ村 政治ブログへ

*Comment

税金バラマキ民主党に期待できない 

9億円の所得で数千億円の負債を無くしたのだから安いものである。しかも、社員は倒産によって路頭に迷うことがなくなった。
  • posted by 左巻き菅 
  • URL 
  • 2010.07/04 14:59分 
  • [Edit]

腐敗・民主党に期待できない 

日産のゴーン社長、赤字で納税していなかった会社を巨額の納税をする会社に変えたのだから、感謝されてしかるべきだ。
  • posted by 左巻き菅 
  • URL 
  • 2010.07/04 15:04分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

応援おねがいm(__)m

サヨクブログ興隆のために 1日1回それぞれポチッと!!↓


にほんブログ村 政治ブログへ

カレンダー

05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

アンケートのおねがい

このブログへの評価をおねがいします。これからの記事に反映させていきたいと思います。

プロフィール

土佐高知

Author:土佐高知
男性/スライム系(LV61・HP715・MP1952)/高知県に生息/酒席は好きだが、晩酌はしない/どちらかといえば「凝り性」/美徳は「きまぐれ」/ウルトラマラソンに向かって日々鍛錬中!!/嫌いなことは陰口と意見を無視する態度
◎ブログの考え◎
TBは、削除しません。ただし、アダルトやスパム、記事に直接関係のないものなどは警告なく削除します。
コメントへの書き込みは、管理人および訪問者の意見交換の場と考えていますので、反対意見でもフレンドリーかつ建設的な態度で行なっていただくようお願いします。無意味な文字の羅列や、コピペ、他者を誹謗・中傷する(この判定は下記のとおり)コメントは警告なく削除する場合があります。多重ハンドル禁止など、ネチケットをまもることは、最低限のルールであることは言うまでもありません。
その他、ここに明文化していないことは土佐高知の判断に属します(重要!)。
紹介している商品の取引は、それぞれの責任でおこなってください。当ブログは一切の責任をおいません。

MAILをどうぞ!

ここでは書けないご意見、お問い合わせをどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QRコード

FC2拍手ランキング

ブロとも申請フォーム

埋め込み

右サイドメニュー

トコトン共産党

ご訪問ありがとう

ただいまのご訪問者

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ブログ内検索

商品検索

賛同TBセンター


「しんぶん赤旗」

ブログジャンキー

わたしのオススメ

お薦めの本、CDなど



















アフリⅠ

アフリⅢ