土佐高知の雑記帳

四国西南部から徒然なるままに、祖国の右傾化、田舎切りすてに異議申し立てほえる。靖国神社の戦争犠牲者冒涜に怒りの発信!軍需産業=吸血鬼を暴き出すお気楽バンパイア・ハンター(^○^)

Entries

「沖縄は独立した方がいい」

沖縄独立を妄想してみる」というエントリーをたてたが、妄想ではなかったようだ。菅新

首相が昨年8月の「政権交代」直後に、「沖縄独立」を民主党沖縄県連代表の喜納昌吉参議院議員に勧めていたというのだ。

まず応援のクリックをお願いします!

産経が報じているが、共同通信もおなじことを伝えている。
産経を引用する。
----(引用開始)-----
 喜納氏が、鳩山前政権末に記した新著「沖縄の自己決定権-地球の涙に虹がかかるまで」(未来社)で明らかにした。

 この中で喜納氏は政権交代後、沖縄の基地問題に関して菅首相と交わした会話を紹介。喜納氏が「沖縄問題をよろしく」と言ったところ、首相は「沖縄問題は重くてどうしようもない。基地問題はどうにもならない。もうタッチしたくない」と漏らし、最後は「もう沖縄は独立した方がいい」と言い放ったという。
----(引用終了)-----

仙石官房長官の言うように確かめようがないが、状況証拠をつきあわせると信憑性は決して低くない。

「しんぶん赤旗」によると菅新首相は野党時代に米軍海兵隊について次のように語っていたという。

「撤退論」だった 海兵隊 いま「抑止力」/菅首相 この落差 - しんぶん赤旗

-----(引用開始)-----
▼「(沖縄の米軍基地について)すべての基地を最終的になくす大きな目標を持ちながら、まずは相当部分を占める海兵隊は即座に米国内に戻ってもらっていい。民主党が政権を取れば、しっかりと米国に提示することを約束する」(2001年7月21日の那覇市での演説、「朝日」同22日付)

▼「(戦後の日本外交は)『米国のイエスマン』と世界中から笑われようが、冷戦構造が崩壊した後も、政権が変わるたびに新しい首相は真っ先に首相官邸のホットラインで米国大統領に電話し、日米首脳会談の予定を入れるという『現代の参勤交代』ともいうべき慣行が続いている」「民主党中心の政権では、沖縄の基地の相当部分を占める海兵隊の沖縄からの撤退を真剣に検討するよう米国にはっきり求めていく。沖縄の海兵隊基地の大半は新兵の訓練基地として使用されており、ハワイやサイパンなどに移転してもアジアの軍事バランスには影響しないはずだ」(『GENDAI』02年9月号)

▼「私たちは沖縄の第三海兵遠征軍のかなりの部分を国内、国外問わず、沖縄から移転すべきだと主張している。米国の動きは現在、冷戦後のさらに後という位置付けで、兵力構成の考えが変わっている。ある意味で沖縄の基地を見直す大きな機会だ。国内移転よりハワイなど米国領内への移転が考えやすいはずだ」(03年7月21日、琉球新報インタビュー)

▼「よく、あそこ(沖縄)から海兵隊がいなくなると抑止力が落ちるという人がいますが、海兵隊は守る部隊ではありません。地球の裏側まで飛んでいって、攻める部隊なのです」「良い悪いは別にして、先制攻撃的な体制を考えた時には、沖縄にいようがグアムにいようが大差はないわけです」「私は、沖縄の負担軽減ということで言えば、海兵隊全部をグアムでも、あるいはハワイ州では是非(ぜひ)来てくれといっていたのですから、そっちに戻って貰(もら)えばいいと思っています」「沖縄に海兵隊がいるかいないかは、日本にとっての抑止力とあまり関係のないことなのです」「(米軍再編で)沖縄の海兵隊は思い切って全部移ってくださいと言うべきでした」(06年6月1日の講演、『マスコミ市民』同7月号)
----(引用終了)-----

おお、正論だ!!
それなのに政権につくや否や彼は沖縄問題で寡黙になった。
沖縄への責任を口にする鳩山前首相と好対照をなしていた。

なぜか?
彼は政権交代直後、副総理になった。
やがて首相を狙えるポジションについたことと無関係ではあるまい。
「沖縄のリスクは鳩山にかぶせておけばいい。自分が首相になればほおかむりできる」と考えたのではあるまいか?
国会答弁で菅首相は「首相就任の現時点で、私が考え、また首相として取り組むべきスタンスとして、海兵隊を含む在日米軍の抑止力は安全保障の観点から極めて重要だと申し上げた」と述べたというが、これはウソっぽい。

喜納氏に語ったように、権力の座が目前にチラツキ始めたときにすでに変節していたというのが正しいと思う。
こんなあさましい男に期待が持てないことは明らかだ。


☆きょうも読んでくれてありがとうm(__)m
 サヨクブログのランキングアップにご協力を!
  励みになります。ポチッとおねがい!
↓    ↓   ↓
にほんブログ村 政治ブログへ

*Comment

変わり身の速い人間 

変わり身が速くて、信用できない人間は共産党にもいますよw
管さんのことを言える資格のある人なんて共産党でもわずかでしょう。
  • posted by コミュニスト 
  • URL 
  • 2010.06/16 20:27分 
  • [Edit]

 

人が集まれば、アホも紛れ込みますよ。
聖人君子ばかり集まる集合体なんてあるでしょうか。
やたら共産党にそれを望む人は多いみたいですが(笑)。
ま、それはさて置き。

今回の場合、変わり身が早い、、、と言うよりも、最初からそれ程真剣に考えていなかった、というような事ではないでしょうか。
でも、こんなに菅がアカンとは思いませんでしたね。あまりにヒドイ!
  • posted by 阿波太郎 
  • URL 
  • 2010.06/16 21:57分 
  • [Edit]

運動圏で聞いた話 

菅氏と言えば薬害エイズで男を上げましたが、最初、この話が持ち込まれた(相談された)とき、「そんなことに関わって何か良いことがあるのか?」と言ったとのこと。

昔、宮下あきらさん(漫画家)が菅氏をネタにしたキャラを出しましたが、大変嫌な人間に描かれていて、それについても「あの通りですよ」と言われました。

身内に甘く、そうじゃない人には、冷酷無情。それが菅。
(政治の本質は「殺し合い」であり、誰に冷酷で誰に優しいか で全ては決するとは思う)
  • posted by TAMO2 
  • URL 
  • 2010.06/16 21:58分 
  • [Edit]

 

 組織がある程度の規模になると、そこにはダメな人間も入ってきてしまうことは止むを得ないでしょう。ただ、ダメな人間を野放図にするような組織は信用を失っていきます。要するに自浄能力のない組織は沈んでいく。
 「やたら共産党にそれを望む人は多いみたいですが」とありますが、それは当然でしょうね。反共の土壌が根強い我が国において、その現状を変えることを主張しているのですから、そうでない政治勢力よりも求められる厳しさは強いでしょう。それを当たり前のことと受け止められないなら、共産党もその党員・支持者も政治活動なんて止めた方がよいでしょう。そんな腐った根性の人間に影響力なんてありませから。ある意味、そういう人間も、単に格好付けたいだけで、最初からそれ程真剣に考えていないんだと思いますよ、私は。
  • posted by コミュニスト 
  • URL 
  • 2010.06/17 08:30分 
  • [Edit]

 

コミュニストさん

仰る事、私にも充分理解できます!!
ただし、土佐高知さんのブログのコメントの開口一番に、そのような内容は少し興醒めかなと感じた次第です。それだけです。

基地の無い、音楽のあふれる琉球国、、いいですよね。
  • posted by 阿波太郎 
  • URL 
  • 2010.06/17 09:42分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

応援おねがいm(__)m

サヨクブログ興隆のために 1日1回それぞれポチッと!!↓


にほんブログ村 政治ブログへ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アンケートのおねがい

このブログへの評価をおねがいします。これからの記事に反映させていきたいと思います。

プロフィール

土佐高知

Author:土佐高知
男性/スライム系(LV61・HP715・MP1952)/高知県に生息/酒席は好きだが、晩酌はしない/どちらかといえば「凝り性」/美徳は「きまぐれ」/ウルトラマラソンに向かって日々鍛錬中!!/嫌いなことは陰口と意見を無視する態度
◎ブログの考え◎
TBは、削除しません。ただし、アダルトやスパム、記事に直接関係のないものなどは警告なく削除します。
コメントへの書き込みは、管理人および訪問者の意見交換の場と考えていますので、反対意見でもフレンドリーかつ建設的な態度で行なっていただくようお願いします。無意味な文字の羅列や、コピペ、他者を誹謗・中傷する(この判定は下記のとおり)コメントは警告なく削除する場合があります。多重ハンドル禁止など、ネチケットをまもることは、最低限のルールであることは言うまでもありません。
その他、ここに明文化していないことは土佐高知の判断に属します(重要!)。
紹介している商品の取引は、それぞれの責任でおこなってください。当ブログは一切の責任をおいません。

MAILをどうぞ!

ここでは書けないご意見、お問い合わせをどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QRコード

FC2拍手ランキング

ブロとも申請フォーム

埋め込み

右サイドメニュー

トコトン共産党

ご訪問ありがとう

ただいまのご訪問者

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ブログ内検索

商品検索

賛同TBセンター


「しんぶん赤旗」

ブログジャンキー

わたしのオススメ

お薦めの本、CDなど



















アフリⅠ

アフリⅢ