土佐高知の雑記帳

四国西南部から徒然なるままに、祖国の右傾化、田舎切りすてに異議申し立てほえる。靖国神社の戦争犠牲者冒涜に怒りの発信!軍需産業=吸血鬼を暴き出すお気楽バンパイア・ハンター(^○^)

Entries

「天安」沈没:中ロの動き

韓国を訪れていたロシアの「天安」沈没事件調査団が帰国した。これからその調査結果につ

いて発表されることもあるだろうが、すでに中国との水面下での協議に入ったという。どんな発表がされるかは不明だが、これまで伝えられる動きを見ると韓米日とは違った対応をとることが予測される。

まず応援のクリックをお願いします!

「The Voice of Russia」に「天安」沈没についてのナターリヤ コワレンコ記者の記事が載っている。

-----(引用開始)-----
極東研究所・朝鮮研究センターのアレクサンドル・ジェビン所長に話を伺った。

「現場から引き上げられた魚雷と爆破装置については当初、ドイツ製との報道があった。米韓海軍ともにドイツ製を配備することもあるからだ。その後、北朝鮮製であるとの説が唱えられるようになったが、専門家からは非常に強い疑問が寄せられている。事故現場となった海域では、最新の追跡システムを搭載した米韓の軍用艦が軍事演習を実施していた。北の潜水艦が全く気づかれずに通過できたとの見方はおかしい。

天安を沈めたとされる魚雷の残骸も大問題だ。船を真っ二つにした魚雷のボディ部分はほとんど何にも触れていないようだし、部品の一部も完全に無事なのだから。」

北犯行説の主な証拠となっているのは、魚雷の残骸につけられている識別番号だ。とはいえそれも工場の製造ラインで機械により印字されたわけではなく、マーカーを使い手で書かれている。さらにジェビン所長は、「もし魚雷が北朝鮮製だとしても、天安を沈めたかどうかは別問題」と主張する。

「南北間で幾度となく武力衝突が起きた現場海域では、非常に多くの魚雷が沈んでいる。うちひとつが爆発し、海底に沈み、発見されたということもありえるのだ。だから北朝鮮は米韓による挑発行為ということが出来る。(ベトナム戦争勃発の契機となった)トンキン湾事件でも米国は同様の手口を使っており、北の主張には一定の根拠がある。」

ロシアは事件の真相を究明するため、潜水艦・魚雷分野の専門家をソウルに派遣した。事前の報道によると、7日にも調査結果を出すことになっている。これを前にラヴロフ外相は5日まで北京を訪問し、中国政府指導部を接触した。総括の記者会見では、露中共同の見解として、朝鮮半島が軍事政治危機に瀕している点に深い懸念を表すと共に、事件への具体的な対応について、「犯人が確定した時点で国際社会が不可欠かつ適切と認める措置を講じるべき」「大規模戦争を招くような緊張激化を許してはならない」と語るに留めた。つまり、結論はまだ下されていないということだ。
-----(引用終了)-----

ロシアも中国も緊張激化を伴う措置には反対のようだ。
これがスジだろう。

それにしても、この事件についてふれた6日の「高知新聞」社説は、あらためて何を言いたいのかわからない。

「哨戒艦沈没から2カ月半がたち、変化も見られる。先の韓国の統一地方選では李明博政権与党のハンナラ党が、北朝鮮脅威論をあおるような選挙戦略を展開して敗北した。朝鮮戦争が休戦中にすぎない中で、これ以上南北の緊張を高めてはならないという、切実な韓国世論だろう。
 もちろん国際社会も、同じ意思である。まず現在の緊張を緩和し、北朝鮮の挑発的行為を封じ込める。韓国政府によると、安保理の常任、非常任の理事国を含め50カ国前後が韓国支持を表明している。国際的な包囲網は広がりつつある。中国もその輪に加わる責任があることは明らかだ」

誰か説明して。


☆きょうも読んでくれてありがとうm(__)m
 サヨクブログのランキングアップにご協力を!
  励みになります。ポチッとおねがい!
↓    ↓   ↓
にほんブログ村 政治ブログへ

*Comment

 

陰謀説ってのも何かとウサン臭いとは思いますが、鳩山首相以外の政権幹部と李明博政権が利用したとすれば、仕掛けたんじゃないかと疑ってしまいます。
あれ一発で鳩山政権は沖縄には抑止力が必要って事にしちゃいましたから。
なんだか本当に怪しくなってますね。
今回の件ではtomoさんがかなり詳しく解説してくれました。それはそれで事実だと思いますが、調査の元がどうも事実を隠蔽してそうな気配がしてます。
やはり、トンキン湾の事とか、誰でも引き合いに出す事にはなりますね。
  • posted by ヒロユキ 
  • URL 
  • 2010.06/09 00:13分 
  • [Edit]

 

その社説は「安保理に問題を預けて冷静に対処せよ」ということですよ。
日本社会では「アノ報告書」で北朝鮮の犯行が既成事実となっているようです。
韓国(アメリカ?)の思惑とは裏腹に、安保理で再度調査報告書を付き合わして、真相の究明が諮られると思いますよ。
  • posted by キンピー 
  • URL 
  • 2010.06/09 12:22分 
  • [Edit]

北朝鮮が安保理に提訴した 

今度の事件では韓国政府が一見大事件であるかの様に、知らない善良な人が聞けば強行に見えるように発言していた。
しかし沈没当初の3月時から冷静に事件の経過を監察すれば自ずと韓国軍やハンナラ党政府は必死に北朝鮮魚雷説を宣伝しているが、信憑性は限りなく低い。
鳩山由紀夫のように無条件に信じている客観的な決定的証拠なるものですが、あんなものを『確実』と信じる本人達の価値判断能力には致命的な欠陥があり、心底脱力するしかない。
世の中にはうっかり聞いていると有りそうだが、客観的に判断すれば絶対に無いものがある。
落語の小話に、源頼朝の頭蓋骨だといって売りつけようとする男に、客が『頼朝公にしては小さ過ぎるのでは』と問われて、『源頼朝公幼少のみぎりのしゃれこうべ』であると答えたという。
頼朝の骸骨も子供の骸骨も当然有るだろうが、頼朝の『子供の頃の骸骨』が存在することは絶対にないのです。
船を真っ二つに切断した魚雷の細かい破片は有り得るだろうが、今回韓国軍が提出した曲がりも欠けもせず全く損傷していない魚雷部品(スクリュー)が有ってはならないのです。

韓国政府の態度が本物であるなら最悪第二次朝鮮戦争さえ起こりえる重大な事柄ですよ、
政治ブログであるなら何らかの記事を書いていないとは話にもならない。
しかし幾ら書いていても産経新聞と同程度の判断ではやっぱり話にもならない。
土佐高知さんですが、自分で全文翻訳したのであればあれば46人もの人に命を奪った大事件の報告書ではない事ぐらい気が付いて当たり前なのです。
韓国軍はフジツボがいっぱいスクリューについた北朝鮮製魚雷以外には何も出していないのですよ。徹底的に沈没事故当時の一次資料の提出を拒んでいます。疑わない方がどうかしている。

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

哨戒艦沈没、迷宮入り狙う韓国の思惑

『第三次黄海南北海戦?はあったのか』 哨戒艦天安沈没事件ですが、実際に南北朝鮮の海軍同士の軍事衝突が5月20日韓国軍合同調査団報告書のとうりに『あった』のか、? それとも『無かった』のか?実に興味深い。 先ず、韓国軍民合同調査団の結果が正しい(南北軍事衝

浅井基文氏による共産党への批判的応援

広島平和研究所所長で,外務省アジア局中国課長などを歴任された浅井基文さんが,ご自身のブログで,近づく参院選に向けて,共産党への応援の辛口メッセージを発しておられる.(6月13日のコラム) 日本共産党への辛口提言?-ふたたび埋没することがないように- 応援

【高知新聞】「日本の繁栄は朝鮮を南北に分断した民族の悲劇の上に成り立ったもの」

米びつに詰まったお米の中に手を差し入れると夏でもひんやりと感じる。しかし、宮本輝さんの小説「泥の河」に出てくる少女、銀子は「お米、温(ぬく)いんやで」と言う。舞台は19...

Menu

応援おねがいm(__)m

サヨクブログ興隆のために 1日1回それぞれポチッと!!↓


にほんブログ村 政治ブログへ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アンケートのおねがい

このブログへの評価をおねがいします。これからの記事に反映させていきたいと思います。

プロフィール

土佐高知

Author:土佐高知
男性/スライム系(LV61・HP715・MP1952)/高知県に生息/酒席は好きだが、晩酌はしない/どちらかといえば「凝り性」/美徳は「きまぐれ」/ウルトラマラソンに向かって日々鍛錬中!!/嫌いなことは陰口と意見を無視する態度
◎ブログの考え◎
TBは、削除しません。ただし、アダルトやスパム、記事に直接関係のないものなどは警告なく削除します。
コメントへの書き込みは、管理人および訪問者の意見交換の場と考えていますので、反対意見でもフレンドリーかつ建設的な態度で行なっていただくようお願いします。無意味な文字の羅列や、コピペ、他者を誹謗・中傷する(この判定は下記のとおり)コメントは警告なく削除する場合があります。多重ハンドル禁止など、ネチケットをまもることは、最低限のルールであることは言うまでもありません。
その他、ここに明文化していないことは土佐高知の判断に属します(重要!)。
紹介している商品の取引は、それぞれの責任でおこなってください。当ブログは一切の責任をおいません。

MAILをどうぞ!

ここでは書けないご意見、お問い合わせをどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QRコード

FC2拍手ランキング

ブロとも申請フォーム

埋め込み

右サイドメニュー

トコトン共産党

ご訪問ありがとう

ただいまのご訪問者

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ブログ内検索

商品検索

賛同TBセンター


「しんぶん赤旗」

ブログジャンキー

わたしのオススメ

お薦めの本、CDなど



















アフリⅠ

アフリⅢ