FC2ブログ

土佐高知の雑記帳

四国西南部から徒然なるままに、祖国の右傾化、田舎切りすてに異議申し立てほえる。靖国神社の戦争犠牲者冒涜に怒りの発信!軍需産業=吸血鬼を暴き出すお気楽バンパイア・ハンター(^○^)

Entries

アメリカ合衆国日本州政府\(^O^)/

「大山鳴動しネズミ0匹」だ。普天間基地をめぐる民主党政権の迷走はひどすぎ。けっきょ

く辺野古で、鳩山首相が検討したのは本土ゼネコン参入のためのくい打ち方式だけ。「自公政権と同じことをするぐらいならば政権交代など必要はなかった」との沖縄県民の声は当然だ。

まず応援のクリックをお願いします!

28日、日米安全保障協議委員会(SCC)が発表した共同声明全文は次の通り(共同通信から転載)。

-----(転載開始)-----
 2010年5月28日、SCCの構成員たる閣僚は、日米安全保障条約の署名50周年に当たる本年、日米同盟が日本の防衛のみならず、アジア太平洋地域の平和、安全及び繁栄にとっても引き続き不可欠であることを再確認した。北東アジアにおける安全保障情勢の最近の展開により、日米同盟の意義が再確認された。この点に関し、米国は、日本の安全に対する米国の揺るぎない決意を再確認した。日本は、地域の平和及び安定に寄与するうえで積極的な役割を果たすとの決意を再確認した。さらに、沖縄を含む日本における米軍の堅固な前方のプレゼンスが、日本を防衛し、地域の安定を維持するために必要な抑止力と能力を提供することを認識した。SCCの構成員たる閣僚は、日米同盟を21世紀の新たな課題にふさわしいものとすることができるよう幅広い分野における安全保障協力を推進し、深化させていくことを決意した。
 閣僚は、沖縄を含む地元への影響を軽減するとの決意を再確認し、これによって日本における米軍の持続的なプレゼンスを確保していく。SCCの構成員たる閣僚は、同盟の変革と再編のプロセスの一環として、普天間飛行場を移設し、同飛行場を日本に返還するとの共通の決意を表明した。
 閣僚は、このSCC発表によって補完された、06年5月1日のSCC文書「再編実施のための日米ロードマップ」に記された再編案を着実に実施する決意を確認した。
 閣僚は、09年2月17日の在沖縄海兵隊のグアム移転に係る協定(グアム協定)に定められたように、第3海兵機動展開部隊(MEF)の要員約8千人及びその家族約9千人の沖縄から米領グアムヘの移転は、代替施設の完成に向けての具体的な進展にかかっていることを再確認した。グアムヘの移転は、嘉手納以南の大部分の施設の統合及び返還を実現するものである。
 このことを念頭に、両政府は、この普天間飛行場の移設計画が、安全性、運用上の所要、騒音による影響、環境面の考慮、地元への影響などの要素を適切に考慮しているものとなるよう、これを検証し、確認する意図を有する。
 両政府は、オーバーランを含み、護岸を除いて1800メートルの長さの滑走路を持つ代替施設をキャンプ・シュワブ辺野古崎地区及びこれに隣接する水域に設置する意図を確認した。
 普天間飛行場のできる限り速やかな返還を実現するために、閣僚は、代替施設の位置、配置及び工法に関する専門家による検討を速やかに(いかなる場合でも10年8月末日までに)完了させ、検証及び確認を次回のSCCまでに完了させることを決定した。
 両政府は、代替施設の環境影響評価手続き及び建設が著しい遅延がなく完了できることを確保するような方法で、代替施設を設置し、配置し、建設する意図を確認した。
 閣僚は、沖縄の人々が、米軍のプレゼンスに関連して過重な負担を負っており、その懸念にこたえることの重要性を認識し、また、共有された同盟の責任により衡平な分担が、同盟の持続的な発展に不可欠であることを認識した。上記の認識に基づき、閣僚は、代替施設に係る進展に従い、次の分野における具体的な措置が速やかにとられるよう指示した。

【訓練移転】
 両政府は、二国間及び単独の訓練を含め、米軍の活動の沖縄県外への移転を拡充することを決意した。この関連で、適切な施設が整備されることを条件として、鹿児島県・徳之島の活用が検討される。日本本土の自衛隊の施設・区域も活用され得る。両政府は、また、グアムなど日本国外への訓練の移転を検討することを決意した。

【環境】
 環境保全に対し共有された責任の観点から、閣僚は、日米両国がわれわれの基地及び環境に対して、「緑の同盟」のアプローチをとる可能性について議論するように事務当局に指示した。「緑の同盟」に関する日米の協力により、日本国内及びグアムにおいて整備中の米国の基地に再生可能エネルギーの技術を導入する方法を、在日米軍駐留経費負担(HNS)の一構成要素とすることを含め、検討することになる。閣僚は、環境関連事故の際の米軍施設・区域への合理的な立ち入り、返還前の環境調査のための米軍施設・区域への合理的な立入りを含む環境に関する合意を速やかに、かつ真剣に検討することを事務当局に指示した。

【施設の共同使用】
 両政府は、二国間のより緊密な運用調整、相互運用性の改善及び地元とのより強固な関係に寄与するような米軍と自衛隊との間の施設の共同使用を拡大する機会を検討する意図を有する。

【訓練区域】
 両政府は、(沖縄本島東の)ホテル・ホテル訓練区域の使用制限の一部解除を決定し、その他の措置についての協議を継続することを決意した。

【グアム移転】
 両政府は、09年2月17日のグアム協定に従い、☆(ローマ数字3)MEFの要員約8千人及びその家族約9千人の沖縄からグアムヘの移転が着実に実施されることを確認した。このグアムヘの移転は、代替施設の完成に向けての日本政府による具体的な進展にかかっている。米側は、地元の懸念に配慮しつつ、抑止力を含む地域の安全保障全般の文脈において、沖縄に残留する☆(ローマ数字3)MEFの要員の部隊構成を検討する。

【嘉手納以南の施設・区域の返還の促進】
 両政府は、嘉手納以南の施設・区域の返還が、「再編実施のための日米のロードマップ」に従って着実に実施されることを確認した。加えて、両政府は、キャンプ瑞慶覧(キャンプ・フォスター)の「インダストリアル・コリドー」及び牧港補給地区(キャンプ・キンザー)の一部が早期返還における優先分野であることを決定した。

【嘉手納の騒音軽減】
 両政府は、航空訓練移転プログラムの改善を含む沖縄県外における二国間及び単独の訓練の拡充、沖縄に関する特別行動委員会(SACO)の最終報告の着実な実施などの措置を通じた、嘉手納におけるさらなる騒音軽減への決意を確認した。

【沖縄の自治体との意思疎通及び協力】
 両政府は、米軍のプレゼンスに関連する諸問題について、沖縄の自治体との意思疎通を強化する意図を確認した。両政府は、ITイニシアチブ、文化交流、教育プログラム、研究パートナーシップ等の分野における協力を探究することを決意した。
 安全保障協力を深化させるための努力の一部として、SCCの構成員たる閣僚は、地域の安全保障環境及び共通の戦略目標を推進するに当たっての日米同盟の役割に関する共通の理解を確保することの重要性を強調した。この目的のためSCCの構成員たる閣僚は、現在進行中の両国間の安全保障に係る対話を強化することを決意した。この安全保障に係る対話においては、伝統的な安全保障上の脅威に取り組むとともに、新たな協力分野にも焦点を当てる。
-----(転載終了)-----

はいはい。
これからアメリカ合衆国日本州政府と名乗りましょうね。
鳩山由紀夫内閣総理大臣殿。


☆きょうも読んでくれてありがとうm(__)m
 サヨクブログのランキングアップにご協力を!
  励みになります。ポチッとおねがい!
↓    ↓   ↓
にほんブログ村 政治ブログへ

*Comment

予想通りの結果 

>これからアメリカ合衆国日本州政府と名乗りましょうね

 基地の件に限らず、交渉でアメリカに押し切られるのは自民党政権時代からのお決まりであって、わざわざ、「これから」などと言う必要はありません。お決まりの結果におさまったということでしょう。予想通りです。残念ですが。
  • posted by コミュニスト 
  • URL 
  • 2010.05/28 17:01分 
  • [Edit]

そういったら身もフタもありませんが。 

一応は「政権交代」で期待は持ったんですよ。
アメリカ合衆国日本州政府・ポチ政権からは何か変わるだろうと。

その期待は8ヶ月で潰え去ってしまいましたね。
結局はもとの日本州政府・ぽっぽ政権になっちゃった訳ですが。

しかし、確かにいえることは8ヶ月前までの日本ではないということです。
  • posted by 土佐高知@民主政権期待だったモード 
  • URL 
  • 2010.05/28 17:49分 
  • [Edit]

 

基本的に自民党路線の継承にしかなってませんね。
普天間の返還レベル、沖縄の基地全返還レベル、安保撤廃レベルと考えれば、見事にそれぞれの勢力の分断が計られています。安保撤廃まで行かないまでも、沖縄の基地全返還勢力は南部の基地があたかも無くなるかと読み取れる文面にある程度の成果に納得させられそうです。
これからは、抑止力を説いて来た勢力が喉まで出掛かっていた「沖縄は我が侭だ。」を出して来るでしょうね。
元々、日本国民はどの程度この問題を捉えていたかが問われる訳ですが、「普天間さえなんとかすればいいんじゃないの?」程度だったのでこれにて一件落着と考えたり、官僚叩きをもっと派手にやれと考えている人が大多数を占める事になると予想します。もちろん、この予想は裏切られて欲しいですが。

それと、普天間の問題を全体的な防衛問題の一つとした割りに地位協定には触れていません。
当たり前と言えば当たり前でしょうが。
  • posted by ヒロユキ 
  • URL 
  • 2010.05/28 20:20分 
  • [Edit]

 

いや、これからですよ。
沖縄の人々は選挙でことごとく自分達の意見を通した。
それなのに政府が沖縄県民を裏切ったんです。
自民党時代でも県知事が提案する15年使用期限も認められず地元合意(県知事の了承)を受けることができなかったのに、この状態で地元合意など取り付けることなどできないように思いますが。
そのうち2014年が近づき、海兵隊がグァムに行くにつれ、また抑止力の問題が再燃すると思いますよ。
いったい何のための基地なのかと。
  • posted by キンピー 
  • URL 
  • 2010.05/28 21:17分 
  • [Edit]

 

抑止力の本当の意味がここでも議論されていましたが、これだって言うものがもう少しではっきりするところだったのに。
ただ単にゼネコンによる利権だと言い切れるのか、はたまたもっと深い根拠があったのか。

それと今回は微力ながら、反対集会などにも参加しようと思います。いや、参加しなければならないです。地元の賛同と言う観点では理は我々にあるんですから。
  • posted by ヒロユキ 
  • URL 
  • 2010.05/28 23:45分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

応援おねがいm(__)m

サヨクブログ興隆のために 1日1回それぞれポチッと!!↓


にほんブログ村 政治ブログへ

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

アンケートのおねがい

このブログへの評価をおねがいします。これからの記事に反映させていきたいと思います。

プロフィール

土佐高知

Author:土佐高知
男性/スライム系(LV61・HP715・MP1952)/高知県に生息/酒席は好きだが、晩酌はしない/どちらかといえば「凝り性」/美徳は「きまぐれ」/ウルトラマラソンに向かって日々鍛錬中!!/嫌いなことは陰口と意見を無視する態度
◎ブログの考え◎
TBは、削除しません。ただし、アダルトやスパム、記事に直接関係のないものなどは警告なく削除します。
コメントへの書き込みは、管理人および訪問者の意見交換の場と考えていますので、反対意見でもフレンドリーかつ建設的な態度で行なっていただくようお願いします。無意味な文字の羅列や、コピペ、他者を誹謗・中傷する(この判定は下記のとおり)コメントは警告なく削除する場合があります。多重ハンドル禁止など、ネチケットをまもることは、最低限のルールであることは言うまでもありません。
その他、ここに明文化していないことは土佐高知の判断に属します(重要!)。
紹介している商品の取引は、それぞれの責任でおこなってください。当ブログは一切の責任をおいません。

MAILをどうぞ!

ここでは書けないご意見、お問い合わせをどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QRコード

FC2拍手ランキング

ブロとも申請フォーム

埋め込み

右サイドメニュー

トコトン共産党

ご訪問ありがとう

ただいまのご訪問者

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ブログ内検索

商品検索

賛同TBセンター


「しんぶん赤旗」

ブログジャンキー

わたしのオススメ

お薦めの本、CDなど



















アフリⅠ

アフリⅢ