FC2ブログ

土佐高知の雑記帳

四国西南部から徒然なるままに、祖国の右傾化、田舎切りすてに異議申し立てほえる。靖国神社の戦争犠牲者冒涜に怒りの発信!軍需産業=吸血鬼を暴き出すお気楽バンパイア・ハンター(^○^)

Entries

「おとぎ奉り」の舞台から

かつてわたしは自衛隊必要論者だった。ともだちと憲法について議論し、自衛隊が憲法違反と主張す

る彼に対して「自衛隊は怪獣から国民を守るために必要」だと言い切った微笑ましい(いま考えれば赤面モノ)の想い出がある。

まず応援のクリックをお願いします!

わたしの小さいころの自衛隊はいまほど傲慢ではなく、
いまほど傍若無人でもなく、
なんとなくひたすら国民に献身する存在だった。

それに一役買ったのが「怪獣映画」でもあった。
ゴジラの出現が1954年。
生まれたばかりの自衛隊はゴジラと対峙して首都・東京を守ろうとするが、
あえなく粉砕される。

以来、ラドン、モスラ、キングギドラ、ガメラなど、
幾多の怪獣と自衛隊は対峙した。
だが結局、自衛隊は粉砕され、
怪獣たちは他の原因で粉砕される。
しかし、脇役ながら必死に市民を守ろうとする姿は無条件に感動した(そうした刷り込み効果もあったのかもしれない)。

しかし、いまの国家予算の五兆円強をつかう自衛隊には、
そんな直向さは感じない。
むしろ政治の表舞台に出ることを求めていて、
それが先のスレッドでふれたような幹部隊員たちの傲慢さ、傍若無人ぶりににじみ出ているのだろう。

さて、怪獣映画ではわが四万十市は怪獣たちに蹂躙される街にはならなかった。
しかし、妖怪たちには蹂躙されていた。
そしてそこにも自衛隊は登場していたのだ。

わが四万十市(旧中村市)の漫画家・井上淳哉くんの「おとぎ奉り」でである。
それを昨日知った。

「おとぎ奉り」は初めのころのものは読んでおり、
架空の舞台である宮古野市(モデルは中村市・現四万十市)で、
主人公たちが活躍する背景をみるたびに
「ここはあの町並みだ」
「ここはあの公園のあの場所だ」
と嬉しくなっていた。

余談だが、主人公たちの活躍する町並みの中にきっちりと政治活動ポスターが描き込まれていたことに、「さすが細かい」と感動したことを記憶している。

だが、昨日、高知市のカルポートにある「横山隆一記念まんが館」で読んだ「おとぎ奉り」(その拾壱)では、なんと復活した妖怪集団・眷族に宮古野市が襲撃され、自衛隊が献身的に市民を救助する姿が描かれていたのだ(ストーリーもとてつもなくでかくなっていた)。

フィクションの世界とは言え一気に読んだ。
残念ながら完結篇の「その拾弐」は記念館にはなかった。
淳哉くんの実家には置いてあるだろうから、買って読もうと思ってる。


☆きょうも読んでくれてありがとうm(__)m
 サヨクブログのランキングアップにご協力を!
  励みになります。ポチッとおねがい!
↓    ↓   ↓
にほんブログ村 政治ブログへ

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

今週の『ラジオ派遣村』は、『ツインタワー』復活!!

 どうも。四万十は今朝花冷えで、紅星は危うく秘蔵の『土佐錦魚』のつがいを殺しかけてしまいました((;゚Д゚))!  外で飼っていたんですが...

Menu

応援おねがいm(__)m

サヨクブログ興隆のために 1日1回それぞれポチッと!!↓


にほんブログ村 政治ブログへ

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

アンケートのおねがい

このブログへの評価をおねがいします。これからの記事に反映させていきたいと思います。

プロフィール

土佐高知

Author:土佐高知
男性/スライム系(LV61・HP715・MP1952)/高知県に生息/酒席は好きだが、晩酌はしない/どちらかといえば「凝り性」/美徳は「きまぐれ」/ウルトラマラソンに向かって日々鍛錬中!!/嫌いなことは陰口と意見を無視する態度
◎ブログの考え◎
TBは、削除しません。ただし、アダルトやスパム、記事に直接関係のないものなどは警告なく削除します。
コメントへの書き込みは、管理人および訪問者の意見交換の場と考えていますので、反対意見でもフレンドリーかつ建設的な態度で行なっていただくようお願いします。無意味な文字の羅列や、コピペ、他者を誹謗・中傷する(この判定は下記のとおり)コメントは警告なく削除する場合があります。多重ハンドル禁止など、ネチケットをまもることは、最低限のルールであることは言うまでもありません。
その他、ここに明文化していないことは土佐高知の判断に属します(重要!)。
紹介している商品の取引は、それぞれの責任でおこなってください。当ブログは一切の責任をおいません。

MAILをどうぞ!

ここでは書けないご意見、お問い合わせをどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QRコード

FC2拍手ランキング

ブロとも申請フォーム

埋め込み

右サイドメニュー

トコトン共産党

ご訪問ありがとう

ただいまのご訪問者

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ブログ内検索

商品検索

賛同TBセンター


「しんぶん赤旗」

ブログジャンキー

わたしのオススメ

お薦めの本、CDなど



















アフリⅠ

アフリⅢ