土佐高知の雑記帳

四国西南部から徒然なるままに、祖国の右傾化、田舎切りすてに異議申し立てほえる。靖国神社の戦争犠牲者冒涜に怒りの発信!軍需産業=吸血鬼を暴き出すお気楽バンパイア・ハンター(^○^)

Entries

アメリカ海兵隊はいらない!!

政権サイドは普天間基地の代替を沖縄県内、次が日本国内で済ませようとしている気配がする。し

かし、それでは民主党が公約でかかげたことと大きくかけ離れることになる。沖縄県民は言うに及ばず、国民世論もそれで収まらないだろう。

まず応援のクリックをお願いします!

そもそも鳩山首相の認識の根底に「海兵隊は自衛力」という的外れなものがあることが問題だ。

海兵隊は米軍の中でも常に攻撃の先頭に立つ部隊である。
第二次世界大戦での戦歴は言うに及ばず、
朝鮮戦争での仁川上陸作戦、ベトナム戦争、グレナダ侵攻、湾岸戦争、イラク戦争などでは常に最前線に投入された攻撃部隊である。
この軍隊は盾の部隊ではなく矛の部隊であって、防衛力とはほど遠い存在なのだ。

米国にとっては、この部隊が東アジアにもっとも近い沖縄にあること、
しかも経費は格安で、日本国民が税金で養ってくれることなど、
至れり尽くせりだが日本にとっては何のメリットもない。

しかし、米国はそんなことは爪の先も考えずゴーマンをかましている。

普天間問題での米国議会の反応が朝日コムにのっている。
-----(引用開始)-----
【ワシントン=伊藤宏】米上院外交委員会東アジア太平洋小委員会のウェッブ委員長は、2月中旬の東京、沖縄、グアム訪問を踏まえて声明を発表し、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先が決まるまでは、在沖縄海兵隊約8千人のグアム移転手続きは進めない考えを示した。

19日付の声明は、普天間飛行場の移設が計画通り進められるかに懸念を示したうえで、「日本政府は5月までに決定をするとしている。それまでは沖縄県南部の人口密集地にある米軍基地や、8千人の海兵隊のグアム移転は進められない」とした。

また、普天間飛行場移設と海兵隊グアム移転の2014年の完了期限について「現実的な議論がなされていないと懸念する。さらに開かれた議論が必要だ」と指摘した。
-----(引用終了)-----
傲慢な支配者の言い分そのものだが、
この最後の「さらに開かれた議論が必要だ」との指摘は賛成だ。

現実的な議論として
安保条約そのものの廃棄も視野に入れた議論を大いにやろうではないか。


☆きょうも読んでくれてありがとうm(__)m
 サヨクブログのランキングアップにご協力を!
  励みになります。ポチッとおねがい!
↓    ↓   ↓
にほんブログ村 政治ブログへ

*Comment

反米闘争をやるべきでしょう 

 対米従属の自民党政権が半世紀も続き、しかもこの10年は「清和会」系のより従属するリーダーが続いたからアメリカは「勘違い」したのでしょう。

 沖縄では「米軍基地と共存」を唱えた自公の候補者は1人も当選できませんでした。
 米軍基地の75%を引き受けている沖縄県民の民意は1%の人口であっあっとしても、日本国民の民意です。

 民主党はふらふらしていますが、そこは「原則」を貫いていただき、国外移設・普天間基地閉鎖にもっていくべきでしょう。

 

平時なら全く問題はないが、台湾有事、北朝有事の際、真っ先に鎮圧に動くのは間違いなく中国人民解放軍で、野放しにしておけばその地は中国そのものとなる。
それを未然に防ぐとすれば、同程度の速さと規模での鎮圧行動ができる軍隊が不可欠である。
それは米陸海空軍でもなければ、自衛隊でもない。明らかに米海兵隊だ。
そして互いに牽制しつつソフトランディングさせるか、ダメなら武力衝突になる。
バランスの取れた勢力配分とはそういうものだ。
いずれ中国に飲み込まれるか、今の日本では国運を自国で判断できない限りは、せめて米国に委ねるしかないのが現状。
いや、中国に委ねると言うのであれば何も言えないが・・。
  • posted by 呑 
  • URL 
  • 2010.02/25 08:59分 
  • [Edit]

奴隷のコトバ 

ケッコウ、ケッコウ。
余はくるしゅうない(爆)
  • posted by 土佐高知 
  • URL 
  • 2010.02/25 11:32分 
  • [Edit]

 

サヨクを標榜なさっておられるようですので、明確な反論をお聞きしたかったんですがねぇ。
おちゃらけでしたか。
このブログも・・。
  • posted by 呑 
  • URL 
  • 2010.02/25 17:32分 
  • [Edit]

抑止力を考える 

どうもこんばんわ
>それを未然に防ぐとすれば、同程度の速さと規模での鎮圧行動ができる軍隊が不可欠である。
それは米陸海空軍でもなければ、自衛隊でもない。明らかに米海兵隊だ。
朝鮮半島有事(まぁ北朝鮮現政権の崩壊ですね)や台湾有事(毛沢東VS蒋介石の時代ならともかくねぇ)で中国軍が動くとしたら、万単位の軍隊を上陸させるでしょうが、数千規模の海兵隊で何ができるのでしょうか?
おまけに、在沖縄海兵隊が展開するために必要な海軍力は、佐世保にあります。長崎で碇を上げたよっこら沖縄に南下して北朝鮮に行くのに、速さもへったくれもありません。
米軍の戦争のやり方は、今も昔も空爆から…よって「抑止力」として必要そうなのは、嘉手納の空軍+日本で自由に使える港湾・空港です。逆に言えば、自由に使える担保があれば、必ずしも米軍が日本に常時駐留している必要もないのです。

以上、失礼しました(^^)
  • posted by GO@あるみさん 
  • URL 
  • 2010.02/25 22:22分 
  • [Edit]

 

人様のブログで他人が議論てのは望ましく無いのですが少し・・、台湾有事はあるとすれば独立へ向けての動きでしょう。
北朝と同じく米国が空爆できるような紛争ではない事ぐらいすぐに解るはずです。そして紛争の鎮圧制圧はあくまで人力になります。
そのやり方しだいがその後の権利調整に影響してくると言う事になります。だから早さが求められる訳で、そこですぐ中国軍とドンパチもないですね。
ですから何万対何千なんていう次元の話ではありません。
作戦その物が、空路からの派兵か強襲揚陸か、はたまた米本土からか佐世保からか岩国か沖縄か・・なんて解る訳が無いじゃないですか。
解らないからこそ「抑止力」なんですよ。
  • posted by 呑 
  • URL 
  • 2010.02/26 08:04分 
  • [Edit]

 

なんだか「戦争ゲーム」のような議論ですね(笑)。
北朝鮮の体制崩壊もそう遠くはないし・・? 加えて、中国に関しては、軍備がどうのという話もありますが、それ以前に日本はこのままでは経済的に飲み込まれてしまいそうです。そんな心配の方を先にした方がいいようにも思えるのですが・・・。「軍事評論家」になる前に。
  • posted by 阿波太郎 
  • URL 
  • 2010.02/26 09:50分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『毎日』がJCPの市議選健闘を配信☆

 前エントリー記事書き終えた後、「他に紅星的に面白い記事ないろうか?」とyahooニュース開けたら、 <共産党>町田、日野市議選で全員当...

 米軍普天間飛行場の移設問題について

何処に移設するかの議論ばかりされていますが、廃止という選択肢も有るはずです。 アメリカにとって日米安保や日本国内の基地は本当に大切なのです。 そこをついて廃止の方向にもっていけばいい。 従わなければ、本当に基地や日米安保を廃棄したって一向に構わないのです
  • from 政治 
  • at 2010.02.24 11:11

普天間問題解決を困難にしているじょーしきのよーなもの

人様のブログへのコメントを保存して記事を上げる企画 TAMO2ちんの日常 その言

Menu

応援おねがいm(__)m

サヨクブログ興隆のために 1日1回それぞれポチッと!!↓


にほんブログ村 政治ブログへ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

アンケートのおねがい

このブログへの評価をおねがいします。これからの記事に反映させていきたいと思います。

プロフィール

土佐高知

Author:土佐高知
男性/スライム系(LV61・HP715・MP1952)/高知県に生息/酒席は好きだが、晩酌はしない/どちらかといえば「凝り性」/美徳は「きまぐれ」/ウルトラマラソンに向かって日々鍛錬中!!/嫌いなことは陰口と意見を無視する態度
◎ブログの考え◎
TBは、削除しません。ただし、アダルトやスパム、記事に直接関係のないものなどは警告なく削除します。
コメントへの書き込みは、管理人および訪問者の意見交換の場と考えていますので、反対意見でもフレンドリーかつ建設的な態度で行なっていただくようお願いします。無意味な文字の羅列や、コピペ、他者を誹謗・中傷する(この判定は下記のとおり)コメントは警告なく削除する場合があります。多重ハンドル禁止など、ネチケットをまもることは、最低限のルールであることは言うまでもありません。
その他、ここに明文化していないことは土佐高知の判断に属します(重要!)。
紹介している商品の取引は、それぞれの責任でおこなってください。当ブログは一切の責任をおいません。

MAILをどうぞ!

ここでは書けないご意見、お問い合わせをどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QRコード

FC2掲示板

FC2拍手ランキング

ブロとも申請フォーム

埋め込み

右サイドメニュー

トコトン共産党

ご訪問ありがとう

ただいまのご訪問者

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ランキング

ブログ内検索

土佐高知のランキング

商品検索

賛同TBセンター


「しんぶん赤旗」

ブログジャンキー

わたしのオススメ

お薦めの本、CDなど



















アフリⅠ

アフリⅢ