FC2ブログ

土佐高知の雑記帳

四国西南部から徒然なるままに、祖国の右傾化、田舎切りすてに異議申し立てほえる。靖国神社の戦争犠牲者冒涜に怒りの発信!軍需産業=吸血鬼を暴き出すお気楽バンパイア・ハンター(^○^)

Entries

愛国党は米国のポチか?

レイク・エリー(USS Lake Erie, CG-70)の寄港のとき、われわれの反対グループとは別に、歓迎の立

場から大日本愛国党が街宣活動を行なっていた。そこに斉藤くんがきていたかどうか不明だが、しゃべっていたことは「寄港歓迎」と反対派をさして「朝鮮に帰れ」とは余りにも貧弱すぎ。

まず応援のクリックをお願いします!

こちらの抗議行動中に、軍艦近くの駐車場に止めていた愛国党の宣伝カーが、アメリカ軍歓迎の意味もあってか洋楽を流したことには唖然。
完璧米国のポチだ。

せめて右翼なら「軍艦マーチ」ぐらい流してほしかったと思ったが、ないものねだりか。



守るも攻むるも黒鉄(くろがね)の
浮かべる城ぞ頼みなる
浮かべるその城日の本の
皇国(みくに)の四方(よも)を守るべし
真鉄(まがね)のその艦(ふね)日の本に
仇なす国を攻めよかし

石炭(いわき)の煙は大洋(わだつみ)の
竜(たつ)かとばかり靡(なび)くなり
弾撃つ響きは雷(いかづち)の
声かとばかり響(どよ)むなり
万里の波濤(はとう)を乗り越えて
皇国(みくに)の光輝かせ


そのことをともだちに話したら「『同期の桜』ならお前がうたってあげたのに、残念やったねえ」といわれた。



巨大な米国軍艦をみて尻尾を巻く愛国党にそのパワーはないだろう。

中田くんも「右翼なら鈴木邦男さんくらいの矜持は持ってもらいたいのにね。反共だけなら右翼じゃないですよ」と言っていたが同感だ。


☆きょうも読んでくれてありがとうm(__)m
 サヨクブログのランキングアップにご協力を!
  励みになります。ポチッとおねがい!
↓    ↓   ↓
にほんブログ村 政治ブログへ

*Comment

先ずどうこう言う前に 

 私のパソコンに送信されてきた、東京の佐々木様と言う方からの悲痛なメッセージをご覧頂きましょう。

斎藤様 斎藤様 こんばんは。お返事遅くなり申し訳ありませんでした。

私の幼馴染みへの優しいお心遣いをありがとうございます。
大月町に住んでいた彼女は、あれから遂に精神的に限界に達してしまい、とうとう東京の実家に帰ってきてしまいました。
旦那様はお仕事の関係でまだ大月町に単身で住んでいますが、今年の春までには東京へ転居する準備をされているとの事です。
彼女たち夫婦が一番耐えられなかったのは、部落解放同盟の方々からの
嫌がらせで、彼女の旦那様と彼女は部落出身者ではなく、この事は現地では名字を見れば大体は判るらしいのですが、この事による理不尽な嫌がらせを受け続けていたそうです。
そもそもは赤旗新聞の契約をかたくなに拒否した事や、共産党の何かの署名を断った事から始まって、徐々にエスカレートしてきたのだそうです。たとえば、あるスーパーマーケットで盗まれた商品を彼女の家の玄関先に置いていって、スーパーの店員を呼んできて盗人呼ばわりするとか、可哀そうな猫の亡骸を庭に投げ込み、「動物虐待をしている!」と
糾弾されたり、御夫婦で愛国党の演説に声援を送っていた光景を、たまたま地区の人に見られたらしく、その事でも吊るし上げを食らったと聞き、こうして書いているだけで殺意が湧きあがって来ます。部落解放同盟の勢力が強い事実からして、共産党よりも社民党色が強い地域なのでしょうか?

私は高知県の気風が大好きで何度も旅行で訪れていて、幡多郡も行ったことがありますが、この大月町という場所はピンポイントで訪れた経験がなく、雰囲気が想像しづらいのです。
彼女いわく、山の麓にあって、とても閉塞的な土地柄だとの事でした。(旦那様は宿毛市のお生まれだそうで、小さい頃に御両親が離婚されて、家賃が安かった大月町に転居してきたそうです)
東京で例えれば、荒川区や足立区のような雰囲気なのかも知れません。私の母の兄が新潟県の日教組の大幹部で社会科の教諭兼校長でしたが、
私が子供の頃、法事などでこの叔父に会うと決まって「親孝行なんて行為は恥ずかしい事なんだ。親は捨てて、自分だけ生き延びればいいんだ」と繰り返し言われました。民主主義をただの利己主義とはき違えた教育をしている、典型的な国家破壊分子です。
御参考までに、最も日教組幹部を排出しているアカ大学は、ここ関東・中部地方では、千葉大教育学部と新潟大学教育学部です。
              以下略
 私共をどのように非難・批判するのは結構ですが、その前に貴方方の人権を無視した卑怯卑劣非道なこの個人に対するテロ行為の始末をつけて貰えませんかね?
 この文面の内容は、東京在住の佐々木様のご親友の高知県の大月町に嫁がれて来られた方の余りに無残な現状を訴える悲痛なメッセージです。
これならば、他称米国ポチの方がマシではありませんかね?善処を期待します。
 因みにこのメールは一昨日前に、当方に送信されてきたものです。O先生宜しく。後日詳しい遣り取りを致しましょう。では。
  • posted by 愛国党齋藤 
  • URL 
  • 2010.02/02 23:06分 
  • [Edit]

齊藤さん江 

齊藤さん、どうもよく解りません。
そもそも「部落解放同盟の方々からの嫌がらせ」が何故「赤旗新聞の契約をかたくなに拒否した事や、共産党の何かの署名を断った事から始ま」るのでしょう?嫌がらせをエスカレートさせたのが共産党でないのなら、「貴方方の人権を無視した卑怯卑劣非道なこの個人に対するテロ行為の始末をつけて貰えませんかね」というのは土佐高知さんに対する筋違いな言い掛かりとしか思えませんが。私の読み違いでしょうか?

あと、「親孝行なんて行為は恥ずかしい事なんだ。親は捨てて、自分だけ生き延びればいいんだ」という日教組教員の発言が引用されていますが、そこまで突き抜けた思想の持ち主は特例でしょう。私も極めて日教組の強い高校に通ってましたが、親孝行まで否定する教師はいませんでしたよ。むしろ家庭においても「平和主義」みたいな金八先生もどきの教師ばっかりでした。それにだいたい、今の日教組なんて日の丸容認、文部省ともズブズブの協調路線ではありませんか。

PS:私は解放同盟には批判的ですが、と言って共産党の部落問題に対する見解を支持している訳でもありません。
  • posted by 恩讐の彼方 
  • URL 
  • 2010.02/03 08:53分 
  • [Edit]

 

ん~、
ちょっと意味不明です。
部落解放同盟と共産党は犬猿の中ですから、赤旗云々は全く関係がありません。
こそで部落解放同盟からの嫌がらせがあったと訴えておられますが、同和地区といわれる場所には右翼の街宣車が堂々と路上駐車してあったりしますし、私の友人も両方に所属していますので解放同盟と右翼ってそれほど仲は悪くないんじゃなかったですか?
右翼も左翼みたいに路線対立している組織があるとか?
でも右翼の内ゲバって聞きませんしね。
やっぱ分かりにくいですが、いずれにしても共産党は関係が無いように思います。

愛国党の方は分かりすいですが。
  • posted by キンピー 
  • URL 
  • 2010.02/03 15:30分 
  • [Edit]

これはですね 

 地域単位でよくある事でしてね、自分達に対して敵対するとみなしたものに対しては、党派性を超えて、弱い物イジメにかかるんですよ。だって、血縁関係という繋がりがありますからね。
 ご存知の通り、部落解放運動は共産党サイドの全解連と民主・社民系の解同と自民党系の自由同和会とに色分けされますが、都会と田舎では、人間関係の密度の差から、異なる現実が展開されるという事ではないでしょうか。現実に、被害を訴えておられる方が居るのは事実でありますので、私ももう一度詳しく話を伺ってみます。
  • posted by 愛国党齋藤 
  • URL 
  • 2010.02/03 18:57分 
  • [Edit]

 

愛国党の故赤尾総裁は自由主義リベラルに分類されるべき右翼であり、親米右翼の巨魁でした。

なお、彼は元極左としても有名です。

 

齋藤様、色々と大変なことだと思います。

ただ、他の方が書かれているように共産主義ウォッチャーとしては腑に落ちないことが多いですね。部落問題の基本的なことはご存知のようですから、ここを利用されてじっくりと展開されるのがよろしいかと存じます。

なお、一党員の方がどこまでできるかは不明です。小生の場合、大阪の平野というところで不良党員の暴虐に親戚が遭いまして、そのことで党員さんに相談したら、その不良党員が党の金づるということもあって、何の力にもなってくれませんでした。

 

注意深く読んだら、部落解放同盟に言うべき問題ですね。

http://www.bll.gr.jp/

彼らは人の話を聞かないことで有名ですから、どうなることやら、ですけど。「党」として、申し入れされたらどうでしょうか?

TAMO2様のおっしゃる通り 

 彼等が人の話を聞くようでしたら、日本中のアチコチで例えば大阪の八田事件とか兵庫の八鹿高校の事件とかですね、アト、有名な狭山事件ですか(これは私は第三者のなので石川氏が犯人かどうか断定出来ないが)一連の糾弾事件等最初から無かったでしょう。だから、誰がどうのこうの言っても無駄であろうが然し、事は共産党から被害を受けたとメールを寄せられたので、共産党ならば話位は通じるだろうと思っている訳なんですよ。
 解同と全解連が一緒くたになると言うのは、腑に落ちない面があるが、地方レベルでは各地で共闘しているという事実もありますのでね、一応問いただしたい訳なんですよ。
 こちらもですね、ある筋からこの種の問題を扱ったら脅迫があった事がありますので、他人事ではないのです。
 然し、左右問わずこの種の問題は、非常にやっかいなテーマの様ですな・・・
 
  • posted by 愛国党齋藤 
  • URL 
  • 2010.02/03 22:24分 
  • [Edit]

んで、本論に戻って 

斉藤くんは、当日来てたんですか?
来てたら愛国党の宣伝をどう思いましたか?

 

地域的に共闘ですか?
中央集権的な共産党にそんなマネができるのなら、弱小政党に甘んじてはいないと思いますが。
共産党と解放同盟の軋轢ですが、もともと解放同盟幹部に党員が多かったわけですが、路線対立から袂を分けたわけです。
これって共産党からすれば「裏切り」「分裂主義者」ですから、こんなの許すはずはないですよ。
地方といえども、もし共産党と解放同盟が共闘していたとするならば、共産党的にはかなり問題になると思いますよ。

災難に遭われたご夫婦は、それこそ共産党に相談すれば力になってくれたとは思います。
敵対する勢力が相手ならジージ、バーバも二十歳の若者に戻りますからね。
ただし身内にはTAMO2さんの仰るように、クソの役にも立たないというか、一緒になって外道に落ちていきますが。
  • posted by キンピー 
  • URL 
  • 2010.02/04 12:13分 
  • [Edit]

さて、本論に戻りましょうか 

 土佐高知さんのリクエストにお答えしてですが、マイクで喋ってたのは、私ですね。
 私は個人的には共産党の足を引っ張りたくないし、本来的には小学生の頃から反米に目覚めていたので、余りレイクエリー歓迎には行きたくなかったんですが(苦笑)
 しかしですね、愛国党は親米が党是(一応完全独立回復までの繋ぎ)ですから出張って行く以外ないのです。
 ですから、「さあ現地に行った、どうしようか?」と考えていたら、どうせ社民党や民主党が居るんだからこの二つの勢力の共通項は、パチンコマネーイコール拉致に関与していた人間が居るというネタがあったんで、それならばコレで行こうという事で、急遽あのネタを持って街宣と相成った次第ですね。
 だから、共産党が多数を占めている事は承知していましたが、共産党に対する言及は、共産党と全教のそれぞれ各一回しか発言していないのです。選挙も迫っていますから、せめて共産党には参議院の議席でも故山原先生以来の議席を回復して貰いたいのですね(右翼がこんな事書いていいのか?!)
 まあ、表現云々の件は批評をご随意に委ねますが、そちら様も「ヤンキー、ゴーホーム!」等少し
いただけない英語スピーチがありましたので、もう少し柔らかにやったらどうかと思います。別に書かれたから意趣返しで書き返しているつもりはありませんのでご了解を宜しく。
 それと、この間山原健二郎資料室をお伺いさせて頂きました。大変懐かしい思い出に浸りながら丁寧に係りの方に説明をして頂きました。私は、恐らく山原先生の生前のご活躍振りを認知している最後の世代になると思います。今の共産党の凋落を残念に思いますので、是非今回の選挙は発奮して欲しいものです。
 最後に、レイクエリーの件が終了して感じるのですが、残念ながら共産党やその他が今日レイクエリー出て行けと、自由にデモが出来るのは、実は米軍の通常及び核戦力によって、日本の平和が保障されているというどうしようもない現実があります。それでもって、自分達の平和を守っている米軍に出て行けというのは、少し矛盾があって苦しいのが現状です。ですから何故共産党が、保守層に支持を拡大出来ないのかという根本的理由考えてみてはいかがでしょうか?結局は、米軍を追い出した後の具体的な日本の針路の青写真が少々不鮮明だからではないのでしょうか?だから、我々右翼はいつまでも無くならないのですよ(苦笑)それと確かこの安保問題は、不破さんが筆坂さんに「もう少し理論を詰めないといけない」と指示されたと、筆坂氏の著書にも書いてありました。何でも左翼右翼で相対化するのは不毛な結論しか導き出せない様です。
 今回の私の導き出した結論は、お互い内容に問題があったのではないかという事です。
  • posted by 愛国党齋藤 
  • URL 
  • 2010.02/06 16:53分 
  • [Edit]

 

愛国党斎藤様

初めまして。部分的な引用で恐縮ですが、、、

>愛国党は親米が党是(一応完全独立回復までの繋ぎ)ですから、、

>自由にデモが出来るのは、実は米軍の通常及び核戦力によって、日本の平和が保障されているというどうしようもない現実があります。それでもって、自分達の平和を守っている米軍に出て行けというのは、少し矛盾があって苦しいのが現状です。

随分、穏やか、且つ、米軍への御気遣い溢れる御発言で優しい右翼の方もおられる事を認識しました(笑)。まさか斎藤様は、街宣車で大音量で走っておられるような事はないですよね。
  • posted by 阿波太郎 
  • URL 
  • 2010.02/07 10:25分 
  • [Edit]

休憩して映画でもどう 

アメリカもやるじゃないかという映画。
『硫黄島からの手紙』を撮ったクリント・イーストウッド監督の『インビクタス/負けざる者』。

アメリカよりも早く黒人初の大統領となったマンデラを描いた、ラグビー映画。
マンデラも若い頃ラグビーをしていたんだって。
黒人と白人の民族和解を描きあげたアメリカ映画。
日本人ならもっと上手く近隣とやれなきゃと力づけられましたよ。
イオンで上映中。

正直な書き込みありがとうございます。 

やっぱりマイクをにぎっていたのは
斉藤くんでしたか。
春名さんと斉藤くん来るんではないかと話していたところでした。

愛国党の駐車場での宣伝は、
われわれの盲点でした。

追い出しではさっそくまねましたが、
反省することは少なくなかったと思います。

 

お久しぶりです

遅ればせながら「アバター」観に行きました。
いやぁ、すばらしかったです。
映像もストーリーも3Dもすべて。
2時間半があっという間でした。

地球軍(米軍?)によるナヴィ(異星人)への
攻撃のシーンでは、
地球軍が爆弾を落としまくり、森林を焼き尽くし、
逃げ惑う現地人に、
アメリカの日本への空襲を思い起こし、
「我らの先祖も東京大空襲では
こんな感じで逃げ回ったんだろうか」
と、涙が止まりませんでした。

こんな映画がアメリカで作られたことに、
アメリカで人気があることに感謝したいです。

皮肉なことに、上映前にCoast Guardの
募集宣伝をやってました。

お勧めです
  • posted by makoto 
  • URL 
  • 2010.02/07 17:52分 
  • [Edit]

阿波太郎様へ 

 初めまして。お尋ねの件ですが、愛国党の街宣車は常に法定音量の85デシベル以下に抑えていますし、軍歌の放送自体が禁止行為になっております。私も軍歌は好きではありません。
 また、別に米国に過剰に配慮してやっている訳でもありません。時期が到来すれば、それこそ京都の「お茶漬けでも食べていけ」です。
  • posted by 愛国党齋藤 
  • URL 
  • 2010.02/07 19:57分 
  • [Edit]

『アバター』の 

ジェームス・キャメロン監督、今度は日本への原爆投下を扱ったドキュメンタリー映画を撮るようですね。

  • posted by 恩讐の彼方 
  • URL 
  • 2010.02/07 21:58分 
  • [Edit]

 

お勧めついでにもう一つ。
「学校の先生が国を滅ぼす」読みました。
すばらしいです。
日教組の先生たちの異常さがよく分かります。
あんな組織、一刻も早く潰すべきです。
って、ここの人たちには、その先生たちの言動も
あまり異常でないかもしれませんが。

恩讐の彼方さん
キャメロン監督の情報、ありがとうございます。
その映画、楽しみですね。
でも、観るのは怖いかも。
  • posted by makoto 
  • URL 
  • 2010.02/08 17:13分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

30日の日比谷大規模集会を「しんぶん赤旗」が報道しないのは目立つ

1月30日に日比谷野外音楽堂で開かれた,米軍普天間飛行場の即時閉鎖・辺野古への移設反対の集会は数千人の規模で成功した.大手メディアは,例によってほとんど,あるいは全く無視したようだが,不思議なことに「しんぶん赤旗」がこれを一行も報道しない.これは非常に目

2.1 レイク・エリーin宿毛と、2.5 ブルー・リッジin小樽

 前のブログにもちらりと『喧しいところに行って疲れたので寝ます』と書きましたが、2/1に宿毛湾港に、アメリカイージス巡洋艦『レイク・エ...

Menu

応援おねがいm(__)m

サヨクブログ興隆のために 1日1回それぞれポチッと!!↓


にほんブログ村 政治ブログへ

カレンダー

05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

アンケートのおねがい

このブログへの評価をおねがいします。これからの記事に反映させていきたいと思います。

プロフィール

土佐高知

Author:土佐高知
男性/スライム系(LV61・HP715・MP1952)/高知県に生息/酒席は好きだが、晩酌はしない/どちらかといえば「凝り性」/美徳は「きまぐれ」/ウルトラマラソンに向かって日々鍛錬中!!/嫌いなことは陰口と意見を無視する態度
◎ブログの考え◎
TBは、削除しません。ただし、アダルトやスパム、記事に直接関係のないものなどは警告なく削除します。
コメントへの書き込みは、管理人および訪問者の意見交換の場と考えていますので、反対意見でもフレンドリーかつ建設的な態度で行なっていただくようお願いします。無意味な文字の羅列や、コピペ、他者を誹謗・中傷する(この判定は下記のとおり)コメントは警告なく削除する場合があります。多重ハンドル禁止など、ネチケットをまもることは、最低限のルールであることは言うまでもありません。
その他、ここに明文化していないことは土佐高知の判断に属します(重要!)。
紹介している商品の取引は、それぞれの責任でおこなってください。当ブログは一切の責任をおいません。

MAILをどうぞ!

ここでは書けないご意見、お問い合わせをどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QRコード

FC2拍手ランキング

ブロとも申請フォーム

埋め込み

右サイドメニュー

トコトン共産党

ご訪問ありがとう

ただいまのご訪問者

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ブログ内検索

商品検索

賛同TBセンター


「しんぶん赤旗」

ブログジャンキー

わたしのオススメ

お薦めの本、CDなど



















アフリⅠ

アフリⅢ