FC2ブログ

土佐高知の雑記帳

四国西南部から徒然なるままに、祖国の右傾化、田舎切りすてに異議申し立てほえる。靖国神社の戦争犠牲者冒涜に怒りの発信!軍需産業=吸血鬼を暴き出すお気楽バンパイア・ハンター(^○^)

Entries

田母神「論文」批判(一)

リクエストもあったし、「しんぶん赤旗」で山田朗明治大学教授が批判を始めたので、このブ

ログでも「論文」についての検討を行ってみたい。まず、「論文」全体の構成から見てみよう。

まず応援のクリックをお願いします!

昨日も書いたように、この「論文」には見出しはなく、だらだらと書き連ねているので、非常に読みづらい。

それでも全体で15のパラグラフから成り立っていることはわかる。
そこで15のパラグラフそれぞれの要約を書き出してみた。
主観と偏見でまとめた15のパラグラフの要約は次のようになる。

①「侵略」の定義~どんなものであれ、条約を結べば侵略ではない。
②「条約」に基いて駐屯していた日本軍に中国は挑発を繰り返した。それを懲らしめるために出兵を決めた。日本は蒋介石によって戦争に引き込まれた被害者である。
③張作霖暗殺も盧溝橋事件もコミンテルンの仕業。当時は列強は侵略していた。日本だけ侵略国家だというのは不当。

④日本は朝鮮、台湾、満州のインフラ政策を進めた。人口が増え、工業が振興したことは穏健な植民地政策の証左。
⑤教育にも力を入れ、大学もつくり、数多くの人材を育成した。
朝鮮王国皇族や清国王族と日本皇族との婚姻政策を進め、同化しようとした。
⑦これらは欧州列強の植民地政策とは雲泥のちがいである。戦前から日本は人種差別政策撤廃を訴えてきた。
⑧日本は中国との合意抜きに軍隊を増強したことはない。幣原外務大臣に象徴される対中融和外交こそが我が国の基本方針で、今も昔も変わらない。

⑨対米戦争は米国のわなだった。米国はコミンテルンにそそのかされた米国政府は、対日戦争を中国で先に始めた。
⑩ルーズベルトは日本に一撃を加えさせた。日本は戦争を避けられなかった。対米戦争は戦わなければならなかった。
大東亜戦争が終わって、独立国が相次いだ。これは日本が日露戦争以来戦ってきた結果であり、英霊に感謝しなければならない。

⑫一度決定された国際関係を覆すことは極めて困難だ。米軍基地も千島も、竹島も日本に簡単にかえってこない。
東京裁判によって国民はマインドコントロールされている。これから脱却して日本は日本が守るようにしなければならない。米国は親だが、いつまでも親に頼る子どもであってはならない。
⑭軍事力を整えることは侵略を未然に防止し、外交の後ろ盾になる。アジアで日本の評価は高い。我が国が侵略国家だったなどというのは正に濡れ衣である。
⑮日本は素晴らしい国だ。個々には悪行とされることもあっただろう。しかし、それは先進国で起きている暴行や殺人と同じ事にすぎない。日本の歴史を取り戻さなければならない。

こうしたことが、証明抜きに滔々と書き連ねられているのだ(証明となるものは書名のみ)。

こうした「論文」だが、全体として4つの主張から成り立つことが分る。
(一)田母神流の侵略論(①から③)
(二)日本の植民地政策は平和的で穏健だった(④から⑧)
(三)「大東亜戦争」論(⑨から⑩)
(四)東京裁判史観から脱却し、軍事力を持った日本を建設せよ(⑫から⑮)

この主張に沿って、田母神氏の「論文」を検討してみたい。


☆きょうも読んでくれてありがとうm(__)m
 サヨクブログのランキングアップにご協力を!
  励みになります。ポチッとおねがい!
↓    ↓   ↓
にほんブログ村 政治ブログへ

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

応援おねがいm(__)m

サヨクブログ興隆のために 1日1回それぞれポチッと!!↓


にほんブログ村 政治ブログへ

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アンケートのおねがい

このブログへの評価をおねがいします。これからの記事に反映させていきたいと思います。

プロフィール

土佐高知

Author:土佐高知
男性/スライム系(LV61・HP715・MP1952)/高知県に生息/酒席は好きだが、晩酌はしない/どちらかといえば「凝り性」/美徳は「きまぐれ」/ウルトラマラソンに向かって日々鍛錬中!!/嫌いなことは陰口と意見を無視する態度
◎ブログの考え◎
TBは、削除しません。ただし、アダルトやスパム、記事に直接関係のないものなどは警告なく削除します。
コメントへの書き込みは、管理人および訪問者の意見交換の場と考えていますので、反対意見でもフレンドリーかつ建設的な態度で行なっていただくようお願いします。無意味な文字の羅列や、コピペ、他者を誹謗・中傷する(この判定は下記のとおり)コメントは警告なく削除する場合があります。多重ハンドル禁止など、ネチケットをまもることは、最低限のルールであることは言うまでもありません。
その他、ここに明文化していないことは土佐高知の判断に属します(重要!)。
紹介している商品の取引は、それぞれの責任でおこなってください。当ブログは一切の責任をおいません。

MAILをどうぞ!

ここでは書けないご意見、お問い合わせをどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QRコード

FC2拍手ランキング

ブロとも申請フォーム

埋め込み

右サイドメニュー

トコトン共産党

ご訪問ありがとう

ただいまのご訪問者

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ブログ内検索

商品検索

賛同TBセンター


「しんぶん赤旗」

ブログジャンキー

わたしのオススメ

お薦めの本、CDなど



















アフリⅠ

アフリⅢ