FC2ブログ

土佐高知の雑記帳

四国西南部から徒然なるままに、祖国の右傾化、田舎切りすてに異議申し立てほえる。靖国神社の戦争犠牲者冒涜に怒りの発信!軍需産業=吸血鬼を暴き出すお気楽バンパイア・ハンター(^○^)

Entries

南の島に雪が降る

Rくんの「おじいちゃん探し」のつづきを書く。Rくんのおばあちゃんは、Rくんにおじいちゃんとともに、もう一人、戦

死された人のことも話していたという。それでRくんは忠魂墓地に行ったとき、その人の記録も携帯で写し取ってきていた。

まず応援のクリックをお願いします!

その人は、昭和20年1月なくなっていて、戦没地はマノクワリ。
マノクワリは、ニューギニア島西方にあるインドネシア西イリアンジャヤ州の州都。

戦争中はよく日本軍が駐屯していたらしい。
でも、戦局が悪化するにしたがって、
補給も途絶え飢えや病気が広がった。

ここで有名な話は「南の国に雪が降る」。
俳優の加東大介は戦争中にこのマノクワリにいて、
兵隊たちを慰めるために昭和19年11月に
劇団「マノクワリ歌舞伎座」を結成し、
慰問活動をはじめた。

玉砕覚悟でマノクワリに残された兵隊は約7000人。
彼らを慰めるために加東大介らは数々の芝居を演じた。
兵隊たちに喜ばれたのは、熱帯とは違う日本の風土を模した舞台装置。
特に降る雪や枝になった柿の実などはほとんどの兵士の深い感動を呼んだという。

ウィキペディアから引用する。
-----(引用開始)------
そして「瞼の母」の芝居の中で、紙を使って雪を降らせたところ、客席から毎回、どよめきと歓喜の声があがった。加東らは雪景色を充分堪能させてから登場するようにしていたが、ある日の公演で、いくら待ってもしんとしている。不審に思って舞台の袖からのぞいてみると、数百名いた兵隊が皆、涙を流していた。聞いてみると彼らは東北の部隊だった。
-----(引用終了)------

佐賀出身のその人も、この劇団の芝居を観たのだろうか。
そして、ふるさとの佐賀の海や山、川を思い出していたのだろうか…。
望郷の念は強かったに違いない。

兵站を無視した日本軍の犠牲者は、中国や東南アジアの人々だけではなかった。
日本兵の戦死者の6割は餓死者だったという。
日本人自身も、あの戦争・体制の犠牲者だったのだ。

愚かな戦争を始めた体制を再び甦らせてはならない。


☆きょうも読んでくれてありがとうm(__)m
 サヨクブログのランキングアップにご協力を!
  励みになります。ポチッとおねがい!
↓    ↓   ↓
にほんブログ村 政治ブログへ

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

応援おねがいm(__)m

サヨクブログ興隆のために 1日1回それぞれポチッと!!↓


にほんブログ村 政治ブログへ

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アンケートのおねがい

このブログへの評価をおねがいします。これからの記事に反映させていきたいと思います。

プロフィール

土佐高知

Author:土佐高知
男性/スライム系(LV61・HP715・MP1952)/高知県に生息/酒席は好きだが、晩酌はしない/どちらかといえば「凝り性」/美徳は「きまぐれ」/ウルトラマラソンに向かって日々鍛錬中!!/嫌いなことは陰口と意見を無視する態度
◎ブログの考え◎
TBは、削除しません。ただし、アダルトやスパム、記事に直接関係のないものなどは警告なく削除します。
コメントへの書き込みは、管理人および訪問者の意見交換の場と考えていますので、反対意見でもフレンドリーかつ建設的な態度で行なっていただくようお願いします。無意味な文字の羅列や、コピペ、他者を誹謗・中傷する(この判定は下記のとおり)コメントは警告なく削除する場合があります。多重ハンドル禁止など、ネチケットをまもることは、最低限のルールであることは言うまでもありません。
その他、ここに明文化していないことは土佐高知の判断に属します(重要!)。
紹介している商品の取引は、それぞれの責任でおこなってください。当ブログは一切の責任をおいません。

MAILをどうぞ!

ここでは書けないご意見、お問い合わせをどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QRコード

FC2拍手ランキング

ブロとも申請フォーム

埋め込み

右サイドメニュー

トコトン共産党

ご訪問ありがとう

ただいまのご訪問者

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ブログ内検索

商品検索

賛同TBセンター


「しんぶん赤旗」

ブログジャンキー

わたしのオススメ

お薦めの本、CDなど



















アフリⅠ

アフリⅢ