土佐高知の雑記帳

四国西南部から徒然なるままに、祖国の右傾化、田舎切りすてに異議申し立てほえる。靖国神社の戦争犠牲者冒涜に怒りの発信!軍需産業=吸血鬼を暴き出すお気楽バンパイア・ハンター(^○^)

Entries

映画「靖国 YASUKUNI」上映報告

土曜日からいろいろあってバタバタしているが、とりあえずきょうの映画「靖国 YASUKUNI」の上映の報告をしておきたい。結論か

らいうと成功だった。3回の上映で580人だった。ドキュメンタリーで、この地方でこれだけの集客は破格である。

まず応援のクリックをお願いします!

まず午後1時半からの第一回目上映。
われわれとしては「夜が多いだろう」と思っていたが、
午後1時前からゾクゾクと人が集まってくる。

正午に集合し、15分くらいからスタッフ会議をやったが、
そこで
「もう来ちょうぜ」
「さっきまで女性が二人待ちよった」
などの報告があったから、
出足はいいだろうと思っていたが、
これほどとは思わなかった。

結局、一回目は250名を超えた。
それだけ関心が高かったのだろう。
開会あいさつのマイクがはいらなかったり、
一部音声が途切れるなどのアクシデントがあったが、
上映はおおむね順調にすすんだ。

映画もよく出来ていて、
刈谷さんもよく撮れていた。
監督、カメラマンとよく溶け合っていい味を出していた。
これをみて「政治的圧力」があったことを強く確信したのは自分だけではあるまい。

靖国神社も生の靖国神社が描かれていて、
「誇り」などでデフォルメされた「靖国」ではなく、
リアルな「靖国」の断面を写し取っていたと思う。

右翼の主張もキチンととり上げていたし、
参拝に来た人たちの話もとり上げていた。
南京大虐殺をなかったことにしようという署名運動も撮っていたし、
稲田朋美衆議院議員の参加した集会の主張もキチンと撮っていた。
もちろん高金素梅議員や、菅原龍憲氏のことも撮っていた。
だが、それらは観る人の判断にゆだねる形でデフォルメされたものを感じなかった。

それよりも、映画そのものにさわやかな感じをうけたのか、
エンドクレジットが終わって拍手がおきたのには
主催者の方が驚いた。

上映がすんで、
マスコミの人やメンバーと立ち話したのだが、
「なんでこれが攻撃されたのかわからない」
ということでは一致した。

ある人は
「これが靖国と日本人の真実を映像にしたから、靖国派は許せなかったのではないか」
と言ったが頷ける話だった。
いまの日本という社会の立っている位置を、
この映画とその関連事件が写しだしていると思う。

「靖国 YASUKUNI」の上映はいろんな意味で成功だったと思う。


☆きょうも読んでくれてありがとうm(__)m
 サヨクブログのランキングアップにご協力を!
  励みになります。ポチッとおねがい!
↓    ↓   ↓
にほんブログ村 政治ブログへ

*Comment

 

私の地域でも以前上映していました。
90になるじい様と見に行ってきました。
じい様いわく、
『ここにおる人(映画に登場する人)は靖国を知らんのじゃのう。まあ、それが平和になった証拠かのう。』
私にはこの言葉の意味が理解できませんでした。
映画を見た感想は、土佐高知さんと同意見で、何が問題なんだろう?と思っていますが、じい様は違うようです。

映画を見た後じい様は
『牡丹餅が食いとうなったのう』
といって、彼女(80過ぎているが定かでない)のところに牡丹餅を食べに行きました。もちろん私も付き合わされて。

たわいのない話をしながら牡丹餅を頂いてかえろうとすると、お土産とは別に牡丹餅を2個つつんで、じい様に渡しました。
『さて、靖国に行こうかのう』
じい様が行ったのは、じい様の兄の墓でした。

牡丹餅を供えながら
『強くならなければ、生きていけん時代もあったんじゃが…。今は弱おうても、生きていけるがのぉ。』
で、
『さて、もらったものはきちんと食べる。これがわしに出来る唯一の償いかのう』と言いながら牡丹餅を頬張るじい様。

戦人の『靖国』を理解するには、まだまだ時間が必要なのかなあと、思った1日でした。
  • posted by あんぽんたん 
  • URL 
  • 2008.07/01 11:03分 
  • [Edit]

 

おひさでございます。

>「これが靖国と日本人の真実を映像にしたから、靖国派は許せなかったのではないか」

おいどんもそうおもいます。庶民が触れたり、気安く語ったりすることが許されない「聖域」なればこそマル天も靖国も怪しげなる輝きを放つものかと。

いみじくも、この騒動の主役、稲朋氏や人天皇制右翼にみるようにその本質は「暴力」なのであると思ってるんですけど。

自主上映闘争の圧倒的勝利をお喜び申し上げます。
  • posted by 薩摩長州 
  • URL 
  • 2008.07/02 21:58分 
  • [Edit]

 

刀匠さんが上映しないでくれと言っていたのに
住んでいる高知でなぜ?
少しは人の身になって考えましょう。
これを聞いた刀匠さんや関係者のことを
思うとかわいそうでなりません。
  • posted by あ 
  • URL 
  • 2008.07/03 22:58分 
  • [Edit]

大変な最中、『靖国』成功ご苦労様でした。 

西土佐村の方から大西さんも大変よ、でも上映はきちんとされてと、お伺いしました。

580名の参加は凄いですね、今日の井原さんの高知市内講演会は150席に少し椅子を出しましたが、前が空いていたので差し引き0の150名参加ということです。

司会をしたのでおぼえていますが、四万十市のほうからも3名以上、来られていました。

横槍コメント失礼します 

下司さま

 昨日は司会お疲れ様でした。19日は仕事でどうしても参加できないので、昨日の会に参加させてもらいましたが、井原さんは話がとても上手で、もっと聴きたいなと思ったことでした。

 因みに、質疑応答で始めに早口でまくし立てていたのが紅星です(苦笑)。

 近いうちに私のブログでも、井原さんの講演会の記事をアップしたいと考えていますが、昨日から「愛国党」の兄やんに論戦挑まれていて、ちょっと遅れるかも知れません・・・

 

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

映画「靖国」

9条世界会議のことは後回しにして,6日に東京で観た映画「靖国」について. 優れた映画だ.ナレーションは一切ないが,監督のメッセージは明確に伝わってくる.靖国とは,肉親を祀る社として信仰する遺族にとっては,かけがえのない慰霊の場なのかも知れない.しかしこ...

【ネット発】7/6世界チベットデー+7/7-9洞爺湖サミット【デモ・オフ】

今回は再びチベット問題抗議運動を取り上げます。 なぜなら洞爺湖サミットから北京オリンピックまで一直線なのと それに伴いフリチベイベントも全国で目白押しだからです。 そこでコンプライアンスに留意しながらフリーチベットを進めるべく、 エンジョイ&エキサイテ...

「これのどこが『反日映画』なのか (゚д゚ )??」・・・映画『靖国 YASUKUNI』を観て

 土佐高知さん・あくしゅさん・simanto114さんがもう記事にしているが、昨日30日は 映画「靖国 YASUKUNI」 の四万十上映会があった。

第8回『大作戦隊学会員』

 新作です。  テーマは、まあタイトルの通りでございます(笑)。  元の曲は、特撮主題歌の名曲「太陽戦隊サンバルカン」のオープニング曲です(詞・山川啓介、曲・渡辺宙明)。1コーラスだけの内容ですが、どうぞご笑覧ください。  「大作戦隊学会員」  先生がも

「靖国YASUKUNI」総評

監督:リー・イン製作国:日本=中国上映時間の八割方は「靖国の英霊の御霊に謹んで哀悼の誠を奉げる」人たちの映像である。しかし、だからといってこのドキュメンタリーがその人たちを肯定した作品だということではない。一部で囁かれているどっちつかずの「客観的」な作...

見てきました靖国YASUKUNI

いろいろと話題になった映画靖国YASUKUNIを見てきた。素直な感想を言うと良くできたドキュメンタリーだと思う。いろいろ難癖をつけてきた輩には悪いが彼らの主張は的外れと言わざるを得ない。

Menu

応援おねがいm(__)m

サヨクブログ興隆のために 1日1回それぞれポチッと!!↓


にほんブログ村 政治ブログへ

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

アンケートのおねがい

このブログへの評価をおねがいします。これからの記事に反映させていきたいと思います。

プロフィール

土佐高知

Author:土佐高知
男性/スライム系(LV61・HP715・MP1952)/高知県に生息/酒席は好きだが、晩酌はしない/どちらかといえば「凝り性」/美徳は「きまぐれ」/ウルトラマラソンに向かって日々鍛錬中!!/嫌いなことは陰口と意見を無視する態度
◎ブログの考え◎
TBは、削除しません。ただし、アダルトやスパム、記事に直接関係のないものなどは警告なく削除します。
コメントへの書き込みは、管理人および訪問者の意見交換の場と考えていますので、反対意見でもフレンドリーかつ建設的な態度で行なっていただくようお願いします。無意味な文字の羅列や、コピペ、他者を誹謗・中傷する(この判定は下記のとおり)コメントは警告なく削除する場合があります。多重ハンドル禁止など、ネチケットをまもることは、最低限のルールであることは言うまでもありません。
その他、ここに明文化していないことは土佐高知の判断に属します(重要!)。
紹介している商品の取引は、それぞれの責任でおこなってください。当ブログは一切の責任をおいません。

MAILをどうぞ!

ここでは書けないご意見、お問い合わせをどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QRコード

FC2掲示板

FC2拍手ランキング

ブロとも申請フォーム

埋め込み

右サイドメニュー

トコトン共産党

ご訪問ありがとう

ただいまのご訪問者

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ランキング

ブログ内検索

土佐高知のランキング

商品検索

賛同TBセンター


「しんぶん赤旗」

ブログジャンキー

わたしのオススメ

お薦めの本、CDなど



















アフリⅠ

アフリⅢ