FC2ブログ

土佐高知の雑記帳

四国西南部から徒然なるままに、祖国の右傾化、田舎切りすてに異議申し立てほえる。靖国神社の戦争犠牲者冒涜に怒りの発信!軍需産業=吸血鬼を暴き出すお気楽バンパイア・ハンター(^○^)

Entries

「ソウル1945」をみ終わって

きのうのネタの続きになるが、「ソウル1945」を見終わった。時代に翻弄された若者たち、家族の悲しみが伝わってきた。なぜ、祖

国が分断されなければならなかったのか。改めて考えさせられた。

まず応援のクリックをお願いします!

図書館で民団の新聞を読んだ。
そこに「親日人名辞典」について、大阪の塾講師が書いた意見を興味ぶかく読んだ。
朝鮮には植民地支配に対する恨みを晴らす方向として、二つの傾向があるという。
一つは、それを内向的に向けるもの。
もう一つは、それを民族エネルギーとして政治力や経済力などの発展に向けるもの。

従来は後者が一般的だったが、盧武鉉大統領時代に前者が力を持つようになってきたという。
そして、その流れが「親日人名辞典」編纂などに現れているという。
そして筆者は、そうしたことは同胞を分断することであるとする。
さらにすすんで近代朝鮮は、外敵に対して大異は捨てて小同を大事にしていかなければならないときに、しばしば過去の恨みや意見の違いを前面に出して一致できず、外敵の侵略を許してしまった歴史があり、それを克服することが求められている――確か概ねそういう意見だった。

「ソウル1945」も、
日本の敗北によって解放された朝鮮が、なぜ民族の分裂、内戦へと至ったのか米ソの圧力・影響とともに、互いに意見を認め合わず、最後にはテロ・戦争へとつきすすむ左右の対立をリアルに描いていた。
民族分裂の危機に際して、朝鮮には「国共合作」が出来なかったのだ。

それを朝鮮民族固有の性質だとは言わない。
日本だって植民地支配を長期にわたって受け、民族内部に対立が形成されたとき、その時に受けた相互の不信感、恨み辛みは、和解不能なところにまでエスカレートする危険性をはらんでいることは容易に想像できる。
それを乗りこえる寛容さを持ちたい。

朝鮮の南北分裂の遠因は、巧妙な日本帝国主義の支配にあったことは論を待たない。
また、戦後の米ソ対立もその原因だと思う。
しかし、そこにだけ原因を求めることは真実をつかみ得ないだろう。

最終回。
親友であり、一人の女性を愛した仲でありながら、北と南に分かれて戦わざるを得なかったウニョクとトンウ。
「ああ、この血生臭い戦争に何の意味もなければ、
 民族にとってあまりに残酷な運命だろう。
 もう一度、新しい希望を見つける機会があるとすれば、そんな義務があるだろう」

「それなら俺たちでその責任を分かち合おう。
 お前も俺もこの時代を生きた俺たちは、その義務感を捨てることはできないんだ」

長かったが、観てよかったと思う。
紹介してくれた下司さんに、心からお礼を申しあげる。
ありがとうございました。


☆きょうも読んでくれてありがとうm(__)m
 サヨクブログのランキングアップにご協力を!
  励みになります。ポチッとおねがい!
↓    ↓   ↓
にほんブログ村 政治ブログへ

*Comment

外勢に媚びない 

全71話、観遂ごくろうさまでした。
所要時間3550分は「お四国」並ですからね
どっちかというと民族派トンウの私ですから、共産主義者と手を携えることができるという韓国映画の骨太馬力と、皆に分かる言葉でヒットさす技法と智恵に脱帽です。

朝鮮半島は地勢的に強力な外勢に囲まれた地域です。
日・米・中・露とメン玉が飛び出しそうになるほどの重圧です。
思わず、国内勢力がそれぞれいずれかに頼り、挙句の果てに国が滅びたのですから外勢を引き入れない、民族としてことにあたろうという考え方がおこってきたようです。

「恨」、はんは恨みを止揚する言葉で、日本の演歌などよりも強い「恨歌」として、大衆性を持っているようです。
朝鮮は古賀メロデイのふるさとです。

ソウル1945で惹かれるのは家族への想いです。民族への想いとダブらしているようですが、家族を置いて自分だけが逃げれない、たとえ捕まって死のうとも家族と一緒だと言うメッセージは強力です。

そして、共産主義者も親の前で「この不幸者をお許し下さい」とぬかずく姿は、学ぶべき姿だと思いました。

どもです(*^_^*) 

トンウ派ですか。
わたしは誰なんだろうな?

女性ではトンでもアガシにつかえながら
ドンギにひたむきな愛をつらいたマサコことジョンジャが
気になりましたけどね。

確かに家族の思いはすごいですね。
これがもう一つのテーマのような気がしました。
それだけに南北での憎しみ・悲しみがひしひしと
伝わってきました。

いやあ、韓流ドラマと日本ドラマは
雲泥の差ほど開いているなと実感しました。
日本はダメだわ。
エントリー立てようと思いますが、
安上がりバラエティで腐ってしまいましたね。

ただ、ツッコミを入れれば
朝鮮戦争勃発の草原にススキや
ドイツのソ連侵攻のときのレニングラードが
雪に覆われているなどは、もう少していねいにやればと思いました。

重ねてご紹介いただき、ありがとうございました。
  • posted by 土佐高知 
  • URL 
  • 2008.06/18 16:12分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

TERRAと戦う日米政府(`Д´#)

洞爺湖サミットが近づいてきたからでもないだろうが、最近雑誌や新聞、TVなどで地球温暖化問題について取り上げられる機会が急に増えてきたよ...

Menu

応援おねがいm(__)m

サヨクブログ興隆のために 1日1回それぞれポチッと!!↓


にほんブログ村 政治ブログへ

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

アンケートのおねがい

このブログへの評価をおねがいします。これからの記事に反映させていきたいと思います。

プロフィール

土佐高知

Author:土佐高知
男性/スライム系(LV61・HP715・MP1952)/高知県に生息/酒席は好きだが、晩酌はしない/どちらかといえば「凝り性」/美徳は「きまぐれ」/ウルトラマラソンに向かって日々鍛錬中!!/嫌いなことは陰口と意見を無視する態度
◎ブログの考え◎
TBは、削除しません。ただし、アダルトやスパム、記事に直接関係のないものなどは警告なく削除します。
コメントへの書き込みは、管理人および訪問者の意見交換の場と考えていますので、反対意見でもフレンドリーかつ建設的な態度で行なっていただくようお願いします。無意味な文字の羅列や、コピペ、他者を誹謗・中傷する(この判定は下記のとおり)コメントは警告なく削除する場合があります。多重ハンドル禁止など、ネチケットをまもることは、最低限のルールであることは言うまでもありません。
その他、ここに明文化していないことは土佐高知の判断に属します(重要!)。
紹介している商品の取引は、それぞれの責任でおこなってください。当ブログは一切の責任をおいません。

MAILをどうぞ!

ここでは書けないご意見、お問い合わせをどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QRコード

FC2拍手ランキング

ブロとも申請フォーム

埋め込み

右サイドメニュー

トコトン共産党

ご訪問ありがとう

ただいまのご訪問者

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ブログ内検索

商品検索

賛同TBセンター


「しんぶん赤旗」

ブログジャンキー

わたしのオススメ

お薦めの本、CDなど



















アフリⅠ

アフリⅢ