FC2ブログ

土佐高知の雑記帳

四国西南部から徒然なるままに、祖国の右傾化、田舎切りすてに異議申し立てほえる。靖国神社の戦争犠牲者冒涜に怒りの発信!軍需産業=吸血鬼を暴き出すお気楽バンパイア・ハンター(^○^)

Entries

朝鮮戦争(韓國戰爭・祖國解放戰爭)

やっぱり朝鮮戦争は惨い。おなじ民族が血で血を洗う戦争は、心理的にも憎しみを拡大、連鎖することがよくわかる。い

ま「ソウル1945」は、北朝鮮(共和国)軍がソウルを占領、イ・ドンウの父親が親日派として人民裁判にかけられるところ…。

まず応援のクリックをお願いします!

みてはいられない。
だが、みなければとみている。

朝鮮戦争は、ソ連と中国の支持をうけた朝鮮民主主義人民共和国軍が暗号名「暴風」で始めた戦争(6月25日)であることは、いまでは明らかとなっている。

彼らは戦争を始めれば南の人たちが武装蜂起し、李承晩政権は崩壊するとみていたらしい(金日成は解放記念日の8月15日までに全土を制圧できるとふんでいたらしい)。
しかし、それは起きなかった。

それでもソ連、中国の支援をうけて武装・訓練していた北朝鮮(共和国)軍は、装備も不充分な韓国軍を圧倒、9月までにアメリカ軍とともに、釜山周辺に追い込んだ。

こうしたなかで、占領地では人民裁判の名のもとに、親日派や共産党(労働党)を弾圧した人たちへの人民裁判と公開処刑がはじまった。
一方、韓国軍は非難するときに、逮捕監禁していた政治犯を虐殺する。

これが逆転するのが、「国連」軍(多国籍軍)による仁川上陸(9月15日)である。
退路を絶たれることを恐れた北朝鮮(共和国)軍は、雪崩をうって敗走した。
ソウル占領は28日。
ピョンヤン制圧が10月20日。

中国は38度線を越えたら参戦することを表明していたが、韓国軍と「国連」軍(多国籍軍)はそれを無視して北上、一時は中朝国境の鴨緑江まで部隊が進出した。

それにたいして中国軍は「志願兵」の名目で大部隊を朝鮮に送り、北朝鮮(共和国)軍とともに反撃に出た。
人海戦術による中国軍の攻撃は、韓国軍と「国連」軍(多国籍軍)に大打撃を与えた。
12月5日、ピョンヤン制圧、1951年1月4日、ソウル再奪回。

人的犠牲を考慮の外に置く、中国軍の人海戦術は度重なる戦闘では限界があった。
進撃が鈍り、韓国軍と「国連」軍(多国籍軍)は、3月14日に再びソウルを奪回する。

以後は、戦線の多少の動きはあるが、38度線を境にこう着状態にはいる。
このとき、マッカーサーが旧満州への原爆使用を検討したが、全面戦争をおそれたとトルーマン大統領によって解任される(4月11日)。
休戦協定は1953年7月27日。

この間、憎しみは憎しみを生み、おなじ民族で報復を繰り返したことは、想像に難くない。
物語りも主人公たちがこれからそうしたなかで、傷つき、憎しみあって、殺しあっていくのだろう。

もし、これが日本だったらと思うとゾッとする(降伏が遅れれば分割統治は可能性としてはあった)。
直接は米ソの対立のもとで、民族同士が戦ったことになるのだが、日本にも責任はなかったとは言えない面も否定できない(日本はこの戦争で復興の足がかりをつくったことも含め)。
隣国の歴史に無関心であってはならないと思う。


☆きょうも読んでくれてありがとうm(__)m
 サヨクブログのランキングアップにご協力を!
  励みになります。ポチッとおねがい!
↓    ↓   ↓
にほんブログ村 政治ブログへ

*Comment

解説があります 

ブログ「すかたん親父のメモ帳」 2007.7.24にモデルとなった実在人物がだれか、出てきます

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

応援おねがいm(__)m

サヨクブログ興隆のために 1日1回それぞれポチッと!!↓


にほんブログ村 政治ブログへ

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アンケートのおねがい

このブログへの評価をおねがいします。これからの記事に反映させていきたいと思います。

プロフィール

土佐高知

Author:土佐高知
男性/スライム系(LV61・HP715・MP1952)/高知県に生息/酒席は好きだが、晩酌はしない/どちらかといえば「凝り性」/美徳は「きまぐれ」/ウルトラマラソンに向かって日々鍛錬中!!/嫌いなことは陰口と意見を無視する態度
◎ブログの考え◎
TBは、削除しません。ただし、アダルトやスパム、記事に直接関係のないものなどは警告なく削除します。
コメントへの書き込みは、管理人および訪問者の意見交換の場と考えていますので、反対意見でもフレンドリーかつ建設的な態度で行なっていただくようお願いします。無意味な文字の羅列や、コピペ、他者を誹謗・中傷する(この判定は下記のとおり)コメントは警告なく削除する場合があります。多重ハンドル禁止など、ネチケットをまもることは、最低限のルールであることは言うまでもありません。
その他、ここに明文化していないことは土佐高知の判断に属します(重要!)。
紹介している商品の取引は、それぞれの責任でおこなってください。当ブログは一切の責任をおいません。

MAILをどうぞ!

ここでは書けないご意見、お問い合わせをどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QRコード

FC2拍手ランキング

ブロとも申請フォーム

埋め込み

右サイドメニュー

トコトン共産党

ご訪問ありがとう

ただいまのご訪問者

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ブログ内検索

商品検索

賛同TBセンター


「しんぶん赤旗」

ブログジャンキー

わたしのオススメ

お薦めの本、CDなど



















アフリⅠ

アフリⅢ