FC2ブログ

土佐高知の雑記帳

四国西南部から徒然なるままに、祖国の右傾化、田舎切りすてに異議申し立てほえる。靖国神社の戦争犠牲者冒涜に怒りの発信!軍需産業=吸血鬼を暴き出すお気楽バンパイア・ハンター(^○^)

Entries

農薬ギョウザ事件に思う

中国でつくられたギョウザに農薬が付着していた事件。いまのところ原因が不明だが、日中協力で

一刻もはやく真相を究明して再発防止をとってもらいたいものだ。

まず応援のクリックをお願いします!

ところで、この問題で明らかになったことは、日本の食糧の多くが外国に依存しているという、食糧安全保障である。
先に米国からのBSEに汚染されていた牛肉の輸入問題といい、こんどの問題といい、ここら辺で外国にわれわれの胃袋をお任せする体制は抜本的に見直したらどうなのか。

日本の食糧自給率はカロリーベースで40%を切っている。
穀物自給率にいたっては、あの北朝鮮より下というお寒い状態である。
そこには規制緩和、安ければいいという平和ボケした無感覚が繁栄してはいないか。

食糧は国民の生存のための絶対不可欠なものである。
それを外国に依存し、しかも輸入に当たっても満足な検査・検疫をせずスルー。
その背景には規制緩和推進という、食糧輸出国の思惑と、アグリビジネスのもうけ第一主義に屈服したニポン政治の現実がある。

同じ資本主義国にしてもヨーロッパ諸国は、食糧自給率を高めることに熱心である。
日本と同じ島国であるイギリスは、1970年には46%だったものを1999年には71%に回復させている。

その理由は、イギリスは農地が日本の3.4倍、人口は日本の半分、イギリスでは戦後食生活が変化しなかった、主食(麦)の国内価格が維持されたといった要因が挙げられているが、農地面積と人口をのぞけば、日本でも取り組める内容がある。

パン食だの肉食だの胃袋を無防備にアメリカナイズさせられた現状を変え、日本ならではの食生活をとりもどすことはその気になればできることである。
農地にしても、中山間地への人口をふやす政策の転換によって拡大は可能だ。

世界人口は増え、食糧問題は21世紀の国際問題であるにもかかわらず、その問題には無頓着に国内の第一次産業をつぶし、外国に食糧依存をつづけてきた日本。
「わざわい転じて福となす」で、中国農薬ギョウザ問題を契機として、外国に食糧を依存する政策をやめ、食糧自給率を高める方向へ転換をはかるときではないだろうか。


☆きょうも読んでくれてありがとうm(__)m
 サヨクブログのランキングアップにご協力を!
  励みになります。ポチッとおねがい!
↓    ↓   ↓
にほんブログ村 政治ブログへ

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

グランドプリンスホテル新高輪要請への要請に,呼びかけ人,賛同人を募集

昨日の記事では,グランドプリンスホテルのボイコットを呼びかけてしまいましたが,同ホテルへの要請文を届けようという運動が呼びかけられ...

そば作り

今年度から取り組みました「そば作り」は、佐賀県で実施されています「ふるさと『さが』水と土探検支援事業」の支援により行われています。そして唐津農林事務所との連携により、これまで、地元のため池や農業用水路の生き物に触れる「水辺の生き物を調べよう」や、隣接市唐

Menu

応援おねがいm(__)m

サヨクブログ興隆のために 1日1回それぞれポチッと!!↓


にほんブログ村 政治ブログへ

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アンケートのおねがい

このブログへの評価をおねがいします。これからの記事に反映させていきたいと思います。

プロフィール

土佐高知

Author:土佐高知
男性/スライム系(LV61・HP715・MP1952)/高知県に生息/酒席は好きだが、晩酌はしない/どちらかといえば「凝り性」/美徳は「きまぐれ」/ウルトラマラソンに向かって日々鍛錬中!!/嫌いなことは陰口と意見を無視する態度
◎ブログの考え◎
TBは、削除しません。ただし、アダルトやスパム、記事に直接関係のないものなどは警告なく削除します。
コメントへの書き込みは、管理人および訪問者の意見交換の場と考えていますので、反対意見でもフレンドリーかつ建設的な態度で行なっていただくようお願いします。無意味な文字の羅列や、コピペ、他者を誹謗・中傷する(この判定は下記のとおり)コメントは警告なく削除する場合があります。多重ハンドル禁止など、ネチケットをまもることは、最低限のルールであることは言うまでもありません。
その他、ここに明文化していないことは土佐高知の判断に属します(重要!)。
紹介している商品の取引は、それぞれの責任でおこなってください。当ブログは一切の責任をおいません。

MAILをどうぞ!

ここでは書けないご意見、お問い合わせをどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QRコード

FC2拍手ランキング

ブロとも申請フォーム

埋め込み

右サイドメニュー

トコトン共産党

ご訪問ありがとう

ただいまのご訪問者

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ブログ内検索

商品検索

賛同TBセンター


「しんぶん赤旗」

ブログジャンキー

わたしのオススメ

お薦めの本、CDなど



















アフリⅠ

アフリⅢ