FC2ブログ

土佐高知の雑記帳

四国西南部から徒然なるままに、祖国の右傾化、田舎切りすてに異議申し立てほえる。靖国神社の戦争犠牲者冒涜に怒りの発信!軍需産業=吸血鬼を暴き出すお気楽バンパイア・ハンター(^○^)

Entries

特攻和平論について

大西瀧治郎中将が特攻をはじめた理由は、天皇に講和を決意させるためであったという議論があ

る。その話の出所は角田和男元少尉である。

まず応援のクリックをお願いします!

読んだ本のなかでこの話が最初に出てくるのは、大野芳氏の「神風特攻隊[ゼロ号]の男」(昭和55年)である(角田氏自身はのちに「修羅の翼」を書いてより詳しい話を残している)。

大野氏は角田元少尉の証言として次のように伝える。
昭和19年11月中旬、3人の特攻隊員をつれてセブからダバオに飛んだ角田少尉は、特攻隊員の歓迎会の席で第一航空艦隊の小田原俊彦参謀から、大西瀧治郎中将が特攻を始めた真意は、特攻というむごい作戦を行なうことによって、天皇に講和を決断させることにあり、そのことは米内光政海軍大臣、高松宮の内諾を得ていると聞かされたというのだ。

この証言がそれまでの「特攻観」を覆す重大なことに気づいた大野氏は、列席していた人たちに裏づけ証言を求めた。
だが、誰も覚えていなかった。

そのうえで大野氏は、小田原参謀の話があったことを前提に推理をすすめ、
この工作の仕掛人は、米内海軍大臣と及川軍令部長だとする。

なぜ特攻一号が21日に未帰還となった久納中尉や25日の菊水隊ではなく、25日に突入した関大尉だったのかという考察と関連させて、それには海兵出が指揮官という敷島隊の突入こそ天皇と国民に与えるインパクトがあったとする。

敷島隊の戦果が新聞で発表されたのは昭和19年10月29日(日曜日)。
それをもって翌30日に、まず海軍大臣が宮中に参内した。
つづいて軍令部長が参内し同じことを伝える。

だが、天皇の反応は二人の思惑と違い、
「そうまでやらねばならぬとは遺憾であるが、しかしよくやった」
だった。
戦争をやめるというどころか、特攻をやめろとも云わなかったのだ。

のちに大西瀧治郎中将は、軍中央にもどって海軍の講和に反対するグループの
中心になる。
「二千万人の男子を特攻隊として繰り出せば戦局挽回は可能」
として、強行に和平に反対して画策をつづける。
そして、万策つきた15日夕刻、「腹を切るのはばか者か」「貴様は泣いたことがないのか」と友にむしゃぶりついて慟哭し、翌日未明に「特攻隊の英霊に申す 善く戦いたり深謝す」ではじまる遺書を残して割腹自殺した。

二千万人特攻論までくると「ヤケ」の領域だが、特攻和平論が天皇によって否定され、若者に特攻を命じ続けなければならなかった大西の苦悩に沿えばわからない話でもない。

しかし、この特攻和平論にはいくつかの疑問がある。
一つは大西中将は25日のあと、第一航艦、第二航艦を合同させ、その会議で「特攻へのこれ以上の批判は許さん。反対するものは叩き切る」と言い切った。
もし、特攻和平論が真実ならこういう発想が生まれるのは信じ難い。

大西の特攻和平論を説明した小田原参謀は、ほどなく台湾で戦死した。
大西はもちろん何も語らずに世を去った。
米内も及川も高松宮もこのことについては語らず鬼籍にはいった。

特攻にはまだまだ埋めなければならないミッシングリンクがあるようだ。


☆きょうも読んでくれてありがとうm(__)m
 サヨクブログのランキングアップにご協力を!
  励みになります。ポチッとおねがい!
↓    ↓   ↓
にほんブログ村 政治ブログへ

*Comment

 

非常に興味深く拝読させていただいています。今後も研究の成果を公表して言い抱きたいと思います。
  • posted by 特定日本人です(T 
  • URL 
  • 2007.12/29 22:53分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

特攻 和平論

土佐高知の雑記帳さんが言う『大西瀧治郎中将が特攻をはじめた理由は、天皇に講和を決意させるためであったという議論があ る。』天皇は 一体どこまで 戦争の状況を把握していたのか?がよくわからない。それは、日本の歴史の『聖域』である。まったく、わか...

初です

どうもこんにちは。(o≧д≦)ノそして、あけましておめでとうございますヽ(゚∀゚ )ノさっそく、きていただけたのですね(/∀\*)キャカゲ茶です。m(__)mblogをしたら?とい...

Menu

応援おねがいm(__)m

サヨクブログ興隆のために 1日1回それぞれポチッと!!↓


にほんブログ村 政治ブログへ

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アンケートのおねがい

このブログへの評価をおねがいします。これからの記事に反映させていきたいと思います。

プロフィール

土佐高知

Author:土佐高知
男性/スライム系(LV61・HP715・MP1952)/高知県に生息/酒席は好きだが、晩酌はしない/どちらかといえば「凝り性」/美徳は「きまぐれ」/ウルトラマラソンに向かって日々鍛錬中!!/嫌いなことは陰口と意見を無視する態度
◎ブログの考え◎
TBは、削除しません。ただし、アダルトやスパム、記事に直接関係のないものなどは警告なく削除します。
コメントへの書き込みは、管理人および訪問者の意見交換の場と考えていますので、反対意見でもフレンドリーかつ建設的な態度で行なっていただくようお願いします。無意味な文字の羅列や、コピペ、他者を誹謗・中傷する(この判定は下記のとおり)コメントは警告なく削除する場合があります。多重ハンドル禁止など、ネチケットをまもることは、最低限のルールであることは言うまでもありません。
その他、ここに明文化していないことは土佐高知の判断に属します(重要!)。
紹介している商品の取引は、それぞれの責任でおこなってください。当ブログは一切の責任をおいません。

MAILをどうぞ!

ここでは書けないご意見、お問い合わせをどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QRコード

FC2拍手ランキング

ブロとも申請フォーム

埋め込み

右サイドメニュー

トコトン共産党

ご訪問ありがとう

ただいまのご訪問者

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ブログ内検索

商品検索

賛同TBセンター


「しんぶん赤旗」

ブログジャンキー

わたしのオススメ

お薦めの本、CDなど



















アフリⅠ

アフリⅢ