FC2ブログ

土佐高知の雑記帳

四国西南部から徒然なるままに、祖国の右傾化、田舎切りすてに異議申し立てほえる。靖国神社の戦争犠牲者冒涜に怒りの発信!軍需産業=吸血鬼を暴き出すお気楽バンパイア・ハンター(^○^)

Entries

裁判官について考える

裁判員制度PRビデオをみていろいろと考えている。刑事事件に民間人から裁判員をいれて判断す

ることの必要性について、裁判官が世間離れした判断をくだすことをあげている議論があった。その原因が人生経験や社会経験の乏しい裁判官をあげている。

まず応援のクリックをお願いします!

たしかに春野白バイ事故のような冤罪裁判をみてるいと、「なんでこんな簡単なことがわからないの?」「あんたの目はどこについているの?」と感じる裁判官もいる。
その意味では裁判官が科学的で合理的な人権感覚を磨くことを求めたいと思う。

しかし、それが民間人の参加でカバーできるかというと、必ずしもそうならないのではないかという懸念が強い。

むしろ、冤罪などをスルーする裁判の原因は、もっと別のところに求めるべきではないのか。
冤罪を産み出す密室での取調べなど、真っ先に改善すべきだと思う。
そして、もっと踏み込めば、裁判官の問題である。

日本の裁判官の数は、明治時代とほとんど変わっていないという。
「裁判官はなぜ誤るのか」(岩波文庫)によれば、明治23(1890)年に裁判所構成法ができたときに約1500人の裁判官がいたそうである。
現在の裁判官予定定員数は2949人。
100年たって1000人足らずしか増えていないのだ。

明治時代は司法は独立どころか、天皇大権に直結して検察と一体となって国民(臣民)を裁いていた時代である。
ある意味で裁判官は内務行政機関の一部に過ぎなかった。

ところが司法は独立した。
行政権力、立法権力と対等な力をもったのだ。
当然それなりの人員配置も必要であるのは当然だ。
しかも、人口増や国民の人権意識の向上によって裁判も多くなっており、それに対応した人員増は必要不可欠である。

この問題は国際比較をしてみるといっそう明らかになる。
2004年の最高裁の資料によると、人口10万人当たりの裁判官数は、
日本が   1.87人
アメリカ  10.85人
イギリス  7.25人
ドイツ   25.33人
フランス  8.78人
であるという。

もちろんそれぞれの国の司法の具体的な事情は加味しなければならないが、この格差は異常だろう。

そのため、日本の裁判官は、一人当たり200~300件の事件を担当させられている。慢性的な過剰労働状態である。
そうしたなかで処理件数を競わされ、出世を競わされているのである。
これではいくら有能でも、一つひとつの事件を慎重に吟味することはむずかしくなる。

それがすべてとは言わないが、そこに裁判官が「おざなり裁判」や冤罪をスルーする原因になっている気がする。
そうしたことを考えると裁判員制度は、本線からちょっとずれているような気がしてならない。

ビッグコミックに「家栽の人」というマンガが連載されていた。
家庭裁判所裁判官を主人公にしたお話だった。
家庭裁判所の裁判官だから、地裁や高裁の裁判官などとは違うかもしれないが、あんな裁判官だったらいいなと思う。



☆きょうも読んでくれてありがとうm(__)m
 サヨクブログのランキングアップにご協力を!
  励みになります。ポチッとおねがい!
↓    ↓   ↓
にほんブログ村 政治ブログへ

*Comment

不要不急の裁判員制度 

なぜこんな変な制度を急ぐのか、わけがわからない。不幸にして当てられたら、徹底的不協力で制度の廃止を促進しよう。

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

制度推進のために死刑反対派に?

 国連総会が今月18日に死刑執行の停止を求める決議を、賛成104・反対54・棄権29という圧倒的多数で可決しました。これに関して、毎日新聞が昨日、社説とコラム記事を掲載しました。毎日新聞上記記事はどち...

17歳で銃殺された共産党員ギー・モケの手紙

話題にすべきタイミングでエントリーできず遅れて取り上げるのがいいところ、村野瀬玲奈の犬かきなブログへようこそ...と「言ノ葉工房」のるか親方風に書きはじめてみました。(^^;...

歴史を忘れない街角

今日、5月8日はフランスでは祝日。1945年5月8日、第二次世界大戦で枢軸国のくびきから解放された日。国民の祝日は本来普遍的な価値を祝うものだという考えにたてば、この日は、フラン...

裁判員制度の導入

裁判員制度の導入の情報です。

Menu

応援おねがいm(__)m

サヨクブログ興隆のために 1日1回それぞれポチッと!!↓


にほんブログ村 政治ブログへ

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アンケートのおねがい

このブログへの評価をおねがいします。これからの記事に反映させていきたいと思います。

プロフィール

土佐高知

Author:土佐高知
男性/スライム系(LV61・HP715・MP1952)/高知県に生息/酒席は好きだが、晩酌はしない/どちらかといえば「凝り性」/美徳は「きまぐれ」/ウルトラマラソンに向かって日々鍛錬中!!/嫌いなことは陰口と意見を無視する態度
◎ブログの考え◎
TBは、削除しません。ただし、アダルトやスパム、記事に直接関係のないものなどは警告なく削除します。
コメントへの書き込みは、管理人および訪問者の意見交換の場と考えていますので、反対意見でもフレンドリーかつ建設的な態度で行なっていただくようお願いします。無意味な文字の羅列や、コピペ、他者を誹謗・中傷する(この判定は下記のとおり)コメントは警告なく削除する場合があります。多重ハンドル禁止など、ネチケットをまもることは、最低限のルールであることは言うまでもありません。
その他、ここに明文化していないことは土佐高知の判断に属します(重要!)。
紹介している商品の取引は、それぞれの責任でおこなってください。当ブログは一切の責任をおいません。

MAILをどうぞ!

ここでは書けないご意見、お問い合わせをどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QRコード

FC2拍手ランキング

ブロとも申請フォーム

埋め込み

右サイドメニュー

トコトン共産党

ご訪問ありがとう

ただいまのご訪問者

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ブログ内検索

商品検索

賛同TBセンター


「しんぶん赤旗」

ブログジャンキー

わたしのオススメ

お薦めの本、CDなど



















アフリⅠ

アフリⅢ