土佐高知の雑記帳

四国西南部から徒然なるままに、祖国の右傾化、田舎切りすてに異議申し立てほえる。靖国神社の戦争犠牲者冒涜に怒りの発信!軍需産業=吸血鬼を暴き出すお気楽バンパイア・ハンター(^○^)

Archive [2006年07月 ] 記事一覧

マスコミとファシズム

先日、ニポンマスゴミ論を書いた。コメントやトラックバックは少ないのだが、いろんなところで反響があった。うれしいかぎりである。まずはここ阿修羅に紹介された。...

イスラエルの民

イスラエルがレバノン南部で住民が避難していた建物を爆撃、アルジャジーラの報道によると子どもを含む民間人ら57人が死亡した。イスラエル側もほぼその事実を認めている。即時停戦が必要だが、イスラエルとアメリカはそれにこたえようとしていない。...

ニポンマスゴミ論

秋田県の事件について、マスゴミのひどい報道ぶりに疑問を持つものとして一言したい。日本のマスゴミは、容疑者段階であるにもかかわらず、その人の人格や生活、家族などをについてプライバシーを暴き立てることを常としている。しかも警察発表を鵜呑みにしてだ。...

ウルトラマラソンエントリーしたぞ!

ウルトラマラソンの正式エントリーをおこなった。参加費をコンビニから送金したのである(締め切りは7月31日)。四万十川ウルトラマラソンへの参加は、まず第一次申し込みがあって、そこで抽選が行なわれ、当選者に送金票がおくられる。それをつかって期限内に送金したら、正式エントリーになるというしくみ。...

昭和天皇の思い

富田メモについて四度書く。まあ、認識はそれぞれ、ご意見もそれぞれでいいが、富田メモを捏造などと主張するブログを読んでいると、思わず「引かれものの小唄」という言葉を思い起こすような惨状ぶりに、このメモが与えた精神的なダメージの深さを知ることが出来て、ある意味でお勉強になる。...

南北朝鮮による拉致事件

正式発表は先になりそうだが、金大中拉致事件は、KCIAの仕業であることを韓国政府が認めたらしい。当ブログでも「金大中事件と自民党政治の売国性」でとりあげたが、過去に目をそむけず、歴史問題を公表・検証している韓国政府の態度はほめられていい。...

夏だ!梅雨明けだ!

四国、九州地方が梅雨明けした。おとついてはぐずついていたが、きのうは晴れだった。そのなかで堤防を走る3.3キロレースをやった。16分で走ったがヒジョーに暑かった(^^;きょうは昨日よりもさらに雲が少なく暑い。...

ウヨブロガー狂騒曲

「富田メモ」についてひきつづき書く。ウヨブロガーたちが大騒ぎしていることは、きのう書いた。そのうち「信憑性」論については、当ブログのエントリーにトラックバックされている2チャンネルの「検証」を念頭においたものだ。だが、この「検証」を読んでもいまいち説得力に欠けると思っていたので、そのままにしておいた。ところが、これにブログランキングのダントツトップの「依存症の独り言」さんが飛びついたのにはのけぞっ...

石原都知事と靖国

富田朝彦宮内庁長官のメモについてウヨブログがさわがしい。基本的には前のエントリーでのべた、「信憑説」と「謀略説」のあいだで揺れ動いているのだが、石原都知事が注目すべきことをのべている。...

ベネズエラ革命

ゆんべ久しぶりにテレビをみた。おもしろかった。NHK特集「脱アメリカ宣言 ベネズエラ 7年目のチャベス革命」である。いきいきとベネズエラで起きている変化、それをつぶそうとするアメリカとその同盟者たちとのせめぎあいが描かれていた。...

昭和天皇と靖国神社

いやぶったまげた(^^;昭和天皇が死去直前の1988年にのべた靖国神社についての思いを記録していた、富田朝彦宮内庁長官のメモのことである。かつて「天皇と靖国」というエントリーを書いて、侍従長の徳川義寛氏のA級戦犯が合祀されたときのエピソードを紹介したが、こんどは昭和天皇の発言メモだからよりリアルな昭和天皇の声が聞こえてくる。...

ふたたび国民保護条例について

「国民保護条例を哂う」というエントリーにトラックバックが打たれた。当ブログの記事を参考にして、書かれた記事(国民保護法制と本土決戦)からである。非常に好感が持てた。他人のブログに、はてしなく長いコメントをつけて「論争」するより、はるかに生産的な論争方法だ(このブログの一般方針 2006-6-30版もいい!!)。...

アホなTB野郎たち

きのう大量のゴミトラックバックが打たれてきた。「あんたがたどこさ」でいくつかのサンプルを調べてみると、リトアニア、スリランカなどなど…。特定の記事に打ち付けられてきているところをみると、組織的対応だと考えられる。...

安保理決議によせて

北朝鮮のミサイル発射に対して、国連安全保障理事会で全会一致の非難決議を通した。全会一致は重く、国際社会のき然とした態度をしめしたことになったと思う。...

地には平和を

「軍靴の響き」にも出てくるが、戦争中に生きていた世代には生理的に戦争に対する嫌悪感が強い。小松左京もその一人だろう。昭和6年生まれだから、20年のときには14歳。戦争体験を題材にした作品がいくつかあるが、「地には平和を」(1963年)もその一つである。...

金正日将軍マンセー!

この記事を読んで哂ってしまった。やっぱりねって感じ。北朝鮮ミサイル発射からの、タカ派政治家のはしゃぎっぷりやマスコミのはしゃぎっぷりをみていて「こいつらつるんじゃあせんか」と思っていたもの(^○^)...

軍靴の響き

「戦国自衛隊」の原作者である半村良「軍靴の響き」を読んだ。1972年に連載された小説だから、ソ連と中国の対立だとか、焼け跡世代だとか、背景となる設定はふるいものはあるが、軍国主義復活に向かうシステムを暴いたいま読んでも新鮮な小説だった(てか、いま読むべきだと思った!!)。...

堤防の黄色い花

この「ガーベラの花」の記事でとりあげた、堤防に咲く黄色い花。なんのことはない「北の国から」(時代)の正吉が、蛍にとどけた「100万本のオオハンゴンソウ」の親戚の花だということがわかった。...

ウルトラ決起集会

土曜日にウルトラマラソンの「決起集会」をひらいた。参加者は会社員や学校の先生、警察官、団体職員などなど多彩なメンバーの、ウルトラマラソンの完走をめざすことでの決起集会である。...

国民保護条例を嗤う

国民保護条例をめぐる地方議会での攻防は、3月議会で否決においこんだ大月町もふくめ、市長が「こんな条例は憲法違反だが」とことわって提案した土佐清水市も含めて可決させられた。有事法制によって地方を戦争に拘束するものである。...

ミサイルをもて遊ぶな!

北朝鮮につづいてインドが、ミサイル発射実験をおこなったという。いったいこういう時期に何を考えているのか?当然のこと国際社会は、北朝鮮に対するのと同じメッセージをインドにも出さなければならない。...

台風と集中豪雨

台風3号が沖縄県に接近している。梅雨前線も北上を始め、集中豪雨がどこをおそっても不思議ではない状況になってきた。定義は「限られた地域に対して短時間に多量に雨が降ることを言い、別名ゲリラ雨とも呼ばれる」そうだ。...

北朝鮮ミサイル発射と盧溝橋事件

北朝鮮外務省は、脅しなのか本音なのかわからないが、「北朝鮮には主権国家としてミサイルを発射する法的権利があり、いかなる国際法や二国間、多国間協議での合意に拘束されるものではない」「自衛的抑止力を強化する一環として将来的にミサイル発射の軍事演習を継続する」「もしこれに異議を唱えたり、圧力をかける意図がある場合、他の手段で実力行使を行わねばならないだろう」とのべたという。...

七夕によせて

きょうは織姫、夏彦のラブストーリーの日である。天帝が年に一回しかあえないようにするくらいだから、二人の熱愛ぶりは大変なものだったんだろうなと思う。二人が会えるのは天の川にかかる橋の上。しかし、ここは曇天でこんやは二人の逢引をみることはできないだろう。...

(用語解説)ヤドリギ(宿木/寄生木)

①別名ホヤ、トビヅタ(飛び蔦)ともいう。北海道から九州、朝鮮・中国に分布する寄生性の常緑樹で、エノキ・ブナ・ミズナラ・クリなどの落葉高木に寄生する。果実は鳥によって散布される。...

ガーベラの花

きょうは朝からミサイル発射などという無粋なことがあったが、きょうはAちゃんの「ん歳」のお誕生日(^_^)この前「どんな花がいい?」ときいたら「ガーベラの花」???...

ミサイルより花火を!!

いよいよ梅雨もここでは後半にはいった気配がする。昨夜から雨が降り続いている。日曜日には台風も接近する可能性があるというから、集中豪雨の可能性をはらんだ雲行きになっている。これが過ぎれば夏だ。海だ、祭りだ、花火だ!!...

潜と秋水から学ぶもの

ある本を読んでいたら、獄中から秋水が片山潜に手紙をおくって、片山潜にエールをおくった、というお話にぶつかった。その本は「物語 日本近代史」(新日本出版)である。二人は社会民主党の左派と右派に属していて、激しく論戦していた間柄だったので意外に思い、調べてみた。...

(用語解説)鵺(ヌエ)

①野鳥のトラツグミの異名。東アジア、シベリア東南部、およびオーストラリアなどに分布する。 日本国内では留鳥または漂鳥で、主に丘陵地や低山の広葉樹林に好んで生息するが、林の多い公園などでも観察されることがある。積雪の多い地方にいるものは、冬は暖地へ移動する。...

「壊れる男たち」感想文

「壊れる男たち―セクハラはなぜ繰り返されるのか」を読んだ。はじめに4章。次に3章、さいごに1章という具合に逆から読んだ。率直な感想をいえば、著者の金子雅臣さんにはその意図はまったくなかったかもしれないが、筆坂さんのことを書いていると思う。...

Menu

応援おねがいm(__)m

サヨクブログ興隆のために 1日1回それぞれポチッと!!↓


にほんブログ村 政治ブログへ

カレンダー

06 | 2006/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

アンケートのおねがい

このブログへの評価をおねがいします。これからの記事に反映させていきたいと思います。

プロフィール

Author:土佐高知
男性/スライム系(LV61・HP715・MP1952)/高知県に生息/酒席は好きだが、晩酌はしない/どちらかといえば「凝り性」/美徳は「きまぐれ」/ウルトラマラソンに向かって日々鍛錬中!!/嫌いなことは陰口と意見を無視する態度
◎ブログの考え◎
TBは、削除しません。ただし、アダルトやスパム、記事に直接関係のないものなどは警告なく削除します。
コメントへの書き込みは、管理人および訪問者の意見交換の場と考えていますので、反対意見でもフレンドリーかつ建設的な態度で行なっていただくようお願いします。無意味な文字の羅列や、コピペ、他者を誹謗・中傷する(この判定は下記のとおり)コメントは警告なく削除する場合があります。多重ハンドル禁止など、ネチケットをまもることは、最低限のルールであることは言うまでもありません。
その他、ここに明文化していないことは土佐高知の判断に属します(重要!)。
紹介している商品の取引は、それぞれの責任でおこなってください。当ブログは一切の責任をおいません。

MAILをどうぞ!

ここでは書けないご意見、お問い合わせをどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QRコード

FC2掲示板

FC2拍手ランキング

ブロとも申請フォーム

埋め込み

右サイドメニュー

トコトン共産党

ご訪問ありがとう

ただいまのご訪問者

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ランキング

ブログ内検索

土佐高知のランキング

商品検索

賛同TBセンター


「しんぶん赤旗」

ブログジャンキー

わたしのオススメ

お薦めの本、CDなど



















アフリⅠ

アフリⅢ