土佐高知の雑記帳

四国西南部から徒然なるままに、祖国の右傾化、田舎切りすてに異議申し立てほえる。靖国神社の戦争犠牲者冒涜に怒りの発信!軍需産業=吸血鬼を暴き出すお気楽バンパイア・ハンター(^○^)

Archive [2005年11月 ] 記事一覧

こんな独立法人こそ廃止すべきだ!!

「しんぶん赤旗」の29日付に、赤字をかかえるサッカーくじを取り扱う独立行政法人が、100億から300億円もの設備投資をおこなうという記事がでていた。こんなアホな投資はただちにやめるべきだ。そもそもさまざまな問題のある「サッカーくじ」。強引に導入したが、赤字をかかえているとは知らなかった。こんな独立法人こそただちに廃止するべきではないのか。...

「官から民」へのマジック

手抜き工事の記事に一言。もうこれはカルトの世界だ!「何でも安く」の過当競争がはじまれば、どこでも「手抜き」の誘惑は生まれる。それが日本伝来の「物づくり」の信頼の高さを破壊している。冷静に考えれば当たり前のことが、「官から民へ!」のおまじない一言で思考停止に陥れられているのではないか。...

エンゲルス

きょう11月28日は、マルクスの盟友、エンゲルスのうん回目の誕生日。別名「将軍」とあだ名されたエンゲルスは、軍人顔負けの軍事評論をおこなっていたそうだ。自然科学にも造詣が深く「心霊学での自然研究」というユニークな論文もある。じっさいに「心霊実験」してみるんだから、微笑んでしまう。...

軍鶏鍋

芸西からの帰って、鍋料理を食べに一条通の「でん」へ。ここの軍鶏鍋はうまい。観てきたゴルフの話や、「龍馬が暗殺されたのは、これを食べてからやったかねえ?」など、軍鶏鍋に関する話題でしばし盛り上がる。たしか、11月15日夜、龍馬は中岡慎太郎と軍鶏鍋を食べるべく、家のものに材料を買いに行かせた後、刺客に襲われたのだった。鍋料理がおいしい季節になってきた。...

ギャラリーのマナー

けっきょくミシェル・ウィーは予選落ちしてしまった。最後の2ホールで連続ボギーをたたいたためだが、17ホール目のパットのときに、ギャラリーの出した音(たぶん携帯)で集中力が乱されたことがあったらしい。神経質になる瞬間なので、ギャラリーのマナーの悪さが問われた「事件」である。...

霧の町

高知で会議のために、きょうも7時過ぎに家をでた。昨日は少し冷えていたためか、四万十川・後川には川水から蒸気がのぼり、街は一面、霧におおわれていた。太陽も霧にかすんでいた。冬が駆け足でやってきている感じ。...

カシオワールドオープン

いちじょこさんの翌日。二日酔いという最悪の状態だったが、朝6時過ぎの列車に乗って、ミシェルウィーを見に芸西へ。はじめてのゴルフギャラリーであるきまわった。運動不足の友人は、しばらく歩くと、「ゴルフはスポーツだったんだ」と泣き言。普段はカートに乗ってのコースだが、歩いてまわるんだもの…。でも、プロたちも歩いている。...

市展

四万十市展がひらかれている。知り合いも出展しているので、見に行ってきた。工芸、書道、絵画、グラフィックデザイン、写真の各部門。23日の休日、しかも一条大祭だったから、そこそこ見学者がいた。作品を見るよりも、出品者の名前に目が行くのは、不純なのかなあ。それでも久々に「芸術」にふれる時間だった。...

いまこそ原点にかえって

日本外交のもうひとつの行きづまりが「北方領土」。プーチン大統領とまともな交渉ができない弱腰にあきれる。そもそもこの問題は、スターリンの領土拡張主義に対して、日本政府が国際的にもロシアにも通用する、きちんとした足場をもてないできたことが原因だ。これもまともに歴史と向き合ってきていない、ツケである。...

いちじょこさん

あした23日は「いちじょこさん」。25日まで三日間はつづく。詳しいことはよく知らないが、室町時代に応仁の乱をのがれて、幡多に逃げてきた前関白一条教房にかかわってのものらしい。しかし、土佐一条家はほどなく滅びたから、この祭りそのものがどうはじまったのかは、もっと歴史を下ってからだろう。近隣の村々からいろいろな産物をもちよっての出店もでるし、人もくる。屋台もでる。幡多地方の「お町」中村がもっともにぎわう日...

孤立する日本外交

小泉政治の行きづまりは深刻だ。外交ではアメリカベッタリだが、そのアメリカからも迷惑視されているのが、靖国参拝。戦前も世界から孤立して、結局破局へと転がっていったが、こんかいは独伊という仲間もなく、いよいよをもって深刻だ。...

歩けば地域がみえてくる

庁舎問題での署名で、この間から地域を歩いている。なかなか人がいなくて大変だが、けっこう車で走っていては見えないことが見えてくる。いままわっているところは、近郊のいわゆる「住宅地」なんだが、人が住んでいないところもある。また、サーファーらしき人が住んでいたり、発見することしきりなことがある。...

幕末的激動と革命

日本共産党の第24回党大会の決議案が発表された。一部に不満なところもあるが、全体としてよくまとまっている。新しい解明もある。ぜひ、多くの国民が色眼鏡でみずに読んでほしいと思う。とくに1章、2章は、世界と日本の大局的流れを知ろうとするためには、一読してほしい。...

すべり山の銀杏

この木の下に、化石がある。...

江藤新平

彼は佐賀の乱に破れ、薩摩の西郷を頼ったが、断られた。海路土佐に入り、板垣らを頼った。ここでも断られ、大阪に向かうとちゅう甲浦で捕縛された。幡多には彼らの足跡がある。...

戦艦大和とゼロ戦の時代

男たちの大和を読んで…。ずーっと昔々のことだが、戦艦大和とゼロ戦のプラモデルに熱中したころを思い出す。田舎だったから、夏と秋の祭りに中村の玩具屋さんが出店を出しに来ることが楽しみだった。そして、中村の「いちじょこさん」に行って、プラモデルを買うのだ。どういうわけか知らないが(父親は職業軍人出身でもないのに)、家は軍事月刊誌「丸」を毎月購読していて、小さいころから軍艦や戦闘機の写真、図面、戦史に親しん...

無責任極まりない特攻司令官

「特攻」について一言。大西滝治郎中将の自決...

季節はめぐる

きょうは街頭演説。市庁舎の建て替えをめぐって、いまとりくんでいる署名の訴えに、街頭に立った。ここ数日のあいだで、季節は一気に晩秋の面持ちを深めていて、日陰に立つと少し寒い。5分くらいの演説だから、よかったが、これからは街頭演説は寒くなるだろうな、と思う。...

未来社会論(「風の谷のナウシカ」について)

明日あたり休みはとろうか、と思いつつとれないのは「やっぱ俺もルールなき資本主義にとらわれているのかな」と思う。そういえば日本共産党もよく「選挙なみの活動」とかの表現をつかうが、これも「日本的」なのかな。革命運動はながいんだ。もっと不真面目に、もっと手抜きしようよ(^^ゞと、それはさておき、ナウシカについて論をすすめたいと思う。...

小泉「改革」と国民分断攻撃

日本共産党の大会決議案を読んだ。といっても幹部会から中央委員会総会に報告されたものだから、正確には「議案の案」だが、そのなかの小泉「構造改革」のイデオロギー攻撃の手口を分析している部分には、大いに納得した。小泉「構造改革」のスローガンはいう「小さな政府」「官から民へ」「公務員の既得権益打破」「労働組合の特権打破」などなど…。...

コミック版「風の谷のナウシカ」について②

本論からすこしわき道へ…。「風の谷のナウシカ」との出会いは古くて新しい。アニメが公開されたときにはみなかったのだが、ともだちの家でビデオをみたことがナウシカとの出会い、そして例の「凝り性」のはじまりだった。長男が小学生のころだから、もう15年以上も前のことになる。...

コミック版「風の谷のナウシカ」について①

ブログをたぐっていくと、「紙屋研究所」という漫画についての書評をのせているホームページに行き当たった。なかなか面白い。で、そのなかに《「風の谷のナウシカ」を批判する》と題する文章があり、興味深く読ませてもらった。が、この「ナウシカ論」にはやや異論があるので書いてみたい。...

どうせ田舎ですよ

きょうは所用があって列車で高知市へ。列車ではひたすら眠るのだが、高知市近くになって目を覚ますと同時に後ろの席に座っていた人の携帯呼び出し音がなった。「マナーモードにしておけよ」と思っていると、なんとその席で話しだした。途切れ途切れに話が聞えてくる。「もうすぐ高知」「でバスまで一時間も待たなければならないんだよ」「3両編成で特急なんだよ」「田舎だよな」...

いつまで奴隷?

在日米軍基地の再編のなかで、沖縄にいるアメリカ海兵隊のグアム移転が決まった。でその費用は日本政府が持つという。日本政府が目安額を弾いているとアメリカ側は「とてもそんなもんじゃあ足りません!」それにたいしても何もいわず、へへーっ←小泉。...

ウルトラ参加者

ウルトラマラソンへの参加者が周辺でふえる兆しがある。まず、郵便局にお勤めのO君。タバコをやめたらしく、昨夜の宴席で「ウルトラマラソンに出るにはどうしたらいいか」とたずねてきた。説明して、「地元なら応募すればほぼでられる」といっておいた。...

フランスの暴動

フランスで2人の青年が、警官に追われて感電死したことに端を発した暴動は、さらに拡大の様相をみせている。暴動の背景に、フランス社会の根強い民族差別があり、社会的不公正があることは報道からもうかがい知れる。しかし、こうした手段では問題は解決しないだろう。...

おまつり

きのうは、すんでいる団地のまつり。例年は外でかけっこ、相撲、ボール投げなどをやるのだが、ことしはあいにくの雨。集会所に場所をうつして、室内ゲームとなった。いろいろとゲーム本とにらめっこして、即興のゲームを考えてやるのだが、40名近い子どもたちを相手に四苦八苦。ともかく、みんなお菓子、景品目当てもあったのだろうが、2時間ちかく「楽しんでくれた」。...

雨と蚊

きのうの酒席での話題。「きょう風呂にいって蚊にさされた」「風呂場にはいってきちょったが」「そう。いっぱいさされた」「そういやあ、蚊が多いね」「うん、いっぱい飛びよるぜ」「これも温暖化やろか」...

米兵2000人戦死

米兵のイラクでの戦死者が、2000人をこえたという。2003年3月から2年半がすぎた。ここにきて、ようやくアメリカ国内でも反戦の声が広がりつつある。この戦死者をどう判断するかで、生きているものの運命は定まるだろう。...

ホタルの墓

きのう松嶋菜々子の「ホタルの墓」を観た。アニメ版のおばさん側からの物語だが、兄妹など忠実にえがかれていた。とくにせつ子役の子はしゃべり方といい、しぐさといいそっくりだった。アニメでは憎まれ役のおばさんだったが、途中からの松嶋菜々子の豹変ぶりには悲しみがあった。...

Menu

応援おねがいm(__)m

サヨクブログ興隆のために 1日1回それぞれポチッと!!↓


にほんブログ村 政治ブログへ

カレンダー

10 | 2005/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

アンケートのおねがい

このブログへの評価をおねがいします。これからの記事に反映させていきたいと思います。

プロフィール

土佐高知

Author:土佐高知
男性/スライム系(LV61・HP715・MP1952)/高知県に生息/酒席は好きだが、晩酌はしない/どちらかといえば「凝り性」/美徳は「きまぐれ」/ウルトラマラソンに向かって日々鍛錬中!!/嫌いなことは陰口と意見を無視する態度
◎ブログの考え◎
TBは、削除しません。ただし、アダルトやスパム、記事に直接関係のないものなどは警告なく削除します。
コメントへの書き込みは、管理人および訪問者の意見交換の場と考えていますので、反対意見でもフレンドリーかつ建設的な態度で行なっていただくようお願いします。無意味な文字の羅列や、コピペ、他者を誹謗・中傷する(この判定は下記のとおり)コメントは警告なく削除する場合があります。多重ハンドル禁止など、ネチケットをまもることは、最低限のルールであることは言うまでもありません。
その他、ここに明文化していないことは土佐高知の判断に属します(重要!)。
紹介している商品の取引は、それぞれの責任でおこなってください。当ブログは一切の責任をおいません。

MAILをどうぞ!

ここでは書けないご意見、お問い合わせをどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QRコード

FC2拍手ランキング

ブロとも申請フォーム

埋め込み

右サイドメニュー

トコトン共産党

ご訪問ありがとう

ただいまのご訪問者

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ブログ内検索

商品検索

賛同TBセンター


「しんぶん赤旗」

ブログジャンキー

わたしのオススメ

お薦めの本、CDなど



















アフリⅠ

アフリⅢ