土佐高知の雑記帳

四国西南部から徒然なるままに、祖国の右傾化、田舎切りすてに異議申し立てほえる。靖国神社の戦争犠牲者冒涜に怒りの発信!軍需産業=吸血鬼を暴き出すお気楽バンパイア・ハンター(^○^)

Category [原発・環境・食料 ] 記事一覧

キャラバン・いの町を行く

原発をなくす高知県民連絡会が、昨年9月から取組んでいる「伊方原発を停めるための第全県キャラバン」。きのうは吾川郡いの町に入った。ここは伊野町、吾北村、本川村が2004年に合併して出来た町である。まず、いの町役場前に集合。3名の町議さんが待っていてくれた。ここで第一声をあげてキャラバンをスタートさせた。先導をつとめる議員さんが、選挙並の細かなコース割でいのの街並みを駆け抜ける。旧伊野町での遊説を終わると...

福島原発格納容器内のいま

2日、東京電力は事故を起こした福島第一原発2号機内部の空間放射線料は、推定で530シーベルト/hだと発表した。これは人間が数十秒で死ぬレベル。あわせて発表された画像では、圧力容器下の作業足場が高熱で溶けて陥没していることがわかる。メルトダウンを起こした核燃料は、そこからさらに下に落ちていることがうかがえる。高い放射線はロボットにも悪影響を与えるレベル。核燃料の取り出し作業のメドは立たない。いまなお...

伊方原発で溶接をやっていた

きのうは定例の金曜日宣伝。会議があったので正午から、ひろめ市場南口前でハンドマイク宣伝とチラシ配りをした。チラシを受け取ってくれた男性が、シゲシゲとチラシをみて「伊方のことか」「そうです」「伊方と高浜で溶接やっていた。原発の溶接はステンレスを溶接する高度な技術がいる。高知から50人くらいが行っている。あんなもんを20年、30年も動かすというのがおかしい」「なんでですか?」「図面どおりにやっちょりゃあなな...

原発を止める始まりの選挙

伊方町長選挙が終わった。伊方原発の廃炉、原発に頼らない町づくりを訴えた西井直人さんは、765票(得票率12.3%)だった。当選は高門清彦氏(5451票)。西井さんの得票をどう見るか?いろんな見方があると思うが、善戦、「原発を止める始まりの選挙」だったと思う。直近の参議院選挙(比例)の日本共産党の得票は160票。社民党は68票、生活の党67票、民進党637票だったので、野党合計の932票には及ばなかったが、82%に踏みとどま...

米ソの核実験と昭和27年生まれ

友人が胃癌の手術で入院することになった。励ます会が「常連」で開かれる。呑み収めになるかもしれないので帰る。癌。我々のグループだけかも知れないが、男6人のうち2人がすでにかかった勘定になる。わたしは脳梗塞。冗談交じりで「我々の年代は子どものころに米ソの核実験による放射能を浴びているので、細胞異常を起こす可能性が高いかも知れない。他の年齢層より長生きできないかも知れない」と、キャラバンの学習会でも話を...

第二次キャラバンは行く

第二次キャラバンは行く第二次キャラバンの中間報告。ドライバーの小田米八さんからの聞き取り。27日の清水は30人、28日の中村は45人。いずりも会場満杯で、活発な質問、討論となった。街頭演説もそれぞれのナビが丁寧に案内してくれ、予定よりも多い演説をやっている。11月に次のキャラバンを予定している。9月の経験を踏まえて具体化したい。【CM】ぜひ、買ってください。直接の注文はメールフォームからお願いします。☆きょ...

県下全市町村へキャラバンを

第二次キャラバンがきのうから始まっている。遅くなったが、第一次キャラバンの様子が「しんぶん赤旗」に載っていた。第一次キャラバンの学習交流会は、この記事にあるように檮原と窪川。前者は伊方原発から50キロ圏内で、自然エネルギーに熱心に取り組んでいるところ。後者は四国電力が伊方につづいて、太平洋岸に原発をつくろうとしたのを食い止めた窪川原発闘争で有名なところ。収穫は大きかった。第二次キャラバンは昨夜は清水...

キャラバン初日

学習交流会に16人が参加してくれた。焼き肉食べて、くつろいで居るところ。確実に種子を蒔いている、実感がある。...

全県キャラバン

台風一過。全県キャラバンを始めた。吉村虎太郎の銅像下で訴える、...

台風16号(マラカス)の動きがヤバイ

台風16号が進路を日本列島に向けている。しかも四国にとって最悪のコース、北西を通過する見込みだ。雨、風ともに厳重な警戒が必要だ。さらに20日(火)に最も接近する可能性がある。どうしよう?全県キャラバン初日だ。「台風なんぞに負けてたまるか」と思うが、参加者たちの安全が第一。もう少し様子を見たいと思う。【CM】ぜひ、買ってください。直接の注文はメールフォームからお願いします。☆きょうも読んでくれてありがと...

檮原町での学習交流会

伊方原発を停めるための第一次全県キャラバンが20日から始まる。学習会用のプレゼンがほぼ仕上がったことは前に書いた。いまは流しスポットを仕上げている。20日に訪問するのは須崎市、津野町、檮原町だ。そのうち檮原町は一部が伊方原発から50キロ圏内にある。先日、避難訓練が行われたが、複合災害想定ではなく「のどかな日」に原発が事故を起こしたという想定での訓練。参加者から「こんなのが役に立つのだろうか」と疑問の声が...

伊方では福島とおなじことはおきない!!

原発再稼働を進めている人たちは、科学的知見をまったく無視していることも問題だ。一般に福島原発事故は地震と津波による外部電源・非常用発電機を損失とされている。規制委員会の再稼働の条件もその対策となっている。はたしてそうだろうか?いまなお事故をおこした原子炉に人間は近づくことができない。ロボットをつかった接近も出来ていない。いったい何が起きてメルトダウンにいたったのかわかっていないのだ。それなのに原発...

伊方原発停止を求めるキャラバン

伊方原発の再稼動を受けて、一刻も早くそれを停めるために世論に呼びかけ、県内に散らばる人たちと絆を強めようと、9月下旬から全県キャラバンにはいる。夜の学習交流会用にプレゼンテーションをバージョンアップさせた。その作業のなかで伊方原発の酷さを再認識した。岡村眞高知大学教授が、「しんぶん赤旗」で指摘しているように、四国電力の地震に対する認識は「傲慢さ」以外の何ものでもない。1号機、2号機、3号機の建設では、...

原発建設めぐる漁民総会のひらかれた町

伊方原発ゲート前での抗議行動を終え、参加者の多くは九町漁港に移動。そこで集会を持った。九町は半島を挟んで伊方原発の南側にある漁港の町。地元の方が「ここは原発に反対して町をあげて反対デモをしたところ。きょうはそれに及ばないが歩きたい」と挨拶。みんなでデモを行った。途中で「この奥のうちは伊方原発に反対して、毎日、街頭に立った廣野さんのお宅です」と説明があり、狭い路地を入った。2階建ての家は空き家で、数...

原発3号機からあがる煙

怒りのシュプレヒコールをやった。そのあと、マイクが自由になったのでマイクを握った。久々にアジテーション演説風に、①原発が動かなくても電気は余っていて、四国電力はそれを首都圏や関西に安く売っていて、原発を動かすのは足りなくなっているからではなくカネ儲けのためであること、②伊方原発3号機の建設申請には、伊予灘にある海底活断層はないとしていて、それが建設後にみつかったら書類をちょちょと手直ししただけの欠陥...

国家権力に守られて原発再稼働

歩いて行くとゲートが見えた。車両止めの向こうに警察車両。その前にも警察官。ゲート前にはガードマン。その向こうにもいる。そして抗議集会に合流。150人くらいはいるだろうか。四国電力九町越宿舎下の広場に押し込められるような形でいた(地図の黄色星)。県道にはあちこちに警察官と報道がいた。工事車両が入るわけではあるまいに、なんでこんな警備をやるのか。ある意味で高江より酷い警備だ。ガードレールから下を見ると、...

白バイの尾行で第二ピケットラインへ

ここであれこれ聴かれたあと、伊方原発へ向かう。なんと白バイの尾行つきだ。ほかに仕事がいっぱいあるだろうに、こんな交通量も少ないところでおまえら何やってんだ?岡林信康の「おまわりさんに捧げる歌」が頭をよぎった。道を行くと眼下にたくさんの警察車両が止まっているのが見えた。きくと昨夜はもっとすごかったそうだ。行くと第二ピケットライン。ここで車をおりる。ゲートへは歩いて現場に向かう。柵が置かれ、県道は警察...

伊方にはいったら線量があがった

「伊方原発が再稼動される」――8月12日朝6時、高知から3台の車に17人が乗って再稼動に抗議するため伊方に向かった。私にとってはキツイ日程。前日、お世話になった小父さんの通夜に中村に行き、とんぼ返りで高知に向かった。「あぐり窪川」で10時から仮眠して、朝、合流という日程。いささか眠たかった。高速で高知→松山道→八幡浜というコース。松山から警察車両が前になった。途中、石鎚SAで休憩とっただけで、指定の町民グラ...

デタラメ伊方原発3号機

きょうの「しんぶん赤旗」3面の「焦点・論点」に高知大学の岡村眞教授が出ている。「しんぶん赤旗」を読めない方に要点を。岡村教授たちは、1990年ころに別府湾や伊予灘海底を10万円くらいで音波探査した。海底は断層でズタズタだった。それで2000年前から以降も活断層が動いているという論文をだした。それに対して四国電力は、伊方3号機増設の申請(1984年)で1万年以降は活断層は動いていないと主張、国も認め...

原発再稼働と行政の責任

伊方原発の再稼動がせまっている。しかし、周辺自治体の首長は反対を表明していない。まるで思考停止を起こしたようだ。一部が伊方原発の50キロ圏内に入る四万十市長も「世界最高水準の規制委員会が認めたのだから大丈夫」とオウム返し。このあいだ公開討論会にのぞんだ高知県の新エネルギー推進課の課長も、「専門的なことはわからないから規制委員会の言うことは信じるしかないんですよ」と事前の打ち合わせで言った。思わず福島...

Menu

応援おねがいm(__)m

サヨクブログ興隆のために 1日1回それぞれポチッと!!↓


にほんブログ村 政治ブログへ

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

アンケートのおねがい

このブログへの評価をおねがいします。これからの記事に反映させていきたいと思います。

プロフィール

土佐高知

Author:土佐高知
男性/スライム系(LV61・HP715・MP1952)/高知県に生息/酒席は好きだが、晩酌はしない/どちらかといえば「凝り性」/美徳は「きまぐれ」/ウルトラマラソンに向かって日々鍛錬中!!/嫌いなことは陰口と意見を無視する態度
◎ブログの考え◎
TBは、削除しません。ただし、アダルトやスパム、記事に直接関係のないものなどは警告なく削除します。
コメントへの書き込みは、管理人および訪問者の意見交換の場と考えていますので、反対意見でもフレンドリーかつ建設的な態度で行なっていただくようお願いします。無意味な文字の羅列や、コピペ、他者を誹謗・中傷する(この判定は下記のとおり)コメントは警告なく削除する場合があります。多重ハンドル禁止など、ネチケットをまもることは、最低限のルールであることは言うまでもありません。
その他、ここに明文化していないことは土佐高知の判断に属します(重要!)。
紹介している商品の取引は、それぞれの責任でおこなってください。当ブログは一切の責任をおいません。

MAILをどうぞ!

ここでは書けないご意見、お問い合わせをどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QRコード

FC2掲示板

FC2拍手ランキング

ブロとも申請フォーム

埋め込み

右サイドメニュー

トコトン共産党

ご訪問ありがとう

ただいまのご訪問者

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ランキング

ブログ内検索

土佐高知のランキング

商品検索

賛同TBセンター


「しんぶん赤旗」

ブログジャンキー

わたしのオススメ

お薦めの本、CDなど



















アフリⅠ

アフリⅢ