土佐高知の雑記帳

四国西南部から徒然なるままに、祖国の右傾化、田舎切りすてに異議申し立てほえる。靖国神社の戦争犠牲者冒涜に怒りの発信!軍需産業=吸血鬼を暴き出すお気楽バンパイア・ハンター(^○^)

Category [日本のこと ] 記事一覧

選挙に行こう!!アベ政治に(^_^)/~~

きょうは投票日。選挙に行って、高知から新たな自由民権運動を発信しよう。国難内閣・アベ政権を倒そう。広田一候補のマイクおさめ。雨のなかで傘をささずに訴える、広田候補をカメラで追いながら涙腺が緩んでくるのを感じた。しかし、涙を流すのは投票箱がしまってから。とくに今度の選挙は、文字通り嵐のなかの選挙。一人でも多くの人に投票に行ってもららえるように力をつくそう。【CM】ぜひ、買ってください。直接の注文はメ...

広田一候補が窪川で訴える

10月19日13時からJA四万十(窪川)で行われた街頭演説。応援に平野貞夫元参議院議員が立った。広田一衆院高知二区候補の渾身の訴え。【CM】ぜひ、買ってください。直接の注文はメールフォームからお願いします。☆きょうも読んでくれてありがとうm(__)m サヨクブログのランキングアップにご協力を!  励みになります。ポチッとおねがい! ↓    ↓   ↓ 人気ブログランキングへ...

こんなことあんなこと

制限だらけの日本の選挙。だけど知恵をつかえばいろいろできる。基本は憲法の言論の自由。公選法は憲法の範囲内で機能するに過ぎない。【CM】ぜひ、買ってください。直接の注文はメールフォームからお願いします。☆きょうも読んでくれてありがとうm(__)m サヨクブログのランキングアップにご協力を!  励みになります。ポチッとおねがい! ↓    ↓   ↓ 人気ブログランキングへ...

鬼謀の党のルーツ

都民ファーストの東京都議選の勢いはすごかった。世田谷にいたのだが、ここで無名の女性(といってもある筋では有名だったが)がトップ当選。元自民党でくら替え、お国替えした都議も二番手と、選挙運動らしい選挙運動の情報がなかった二人がワンツーをとった。それに象徴されるように都民ファーストは都議会第一党となった。しかし、その内実はひどいものだったらしいことを、都知事選挙のときから小池ゆり子都知事を応援してきた...

緑のタヌキの空騒ぎ

まあ、2017年9月25日から10月3日は、日本の政治史のなかに記録されるだろう。緑のタヌキに振り回された「空騒ぎ」として、国民そっちのけの喜劇として。始まったのは安倍首相が解散に踏み切る記者会見の午後。小池百合子都知事が、それまでの若狭・細野協議で積み重ねていた新党結成に向けての話し合いを「ちゃぶ台がえし」して、「わたしが仕切る」と出しゃばってきたところから始まった。そして民進党・前原氏の解党・合流路線の...

原爆になる原発がいっぱい

日本のミサイル防衛思想でおかしいのが原発問題である。福島原発事故までは、「原発格納容器はミサイルでも破壊できない」という都市伝説をまことしやかに主張している人たちもいたが、それは真っ赤なウソだということが明らかになった。ところが、日本政府は日本海などにたくさんの原発を並べたまま、北朝鮮を威嚇・挑発している。それどころか再稼働を推し進めているわけだから、愚かな話である。運転中に爆発などによって配管や...

高知防空大訓練を嗤う

北朝鮮が今朝、弾道ミサイルを太平洋に撃ち込んだ。8時に車中のラジオで知った。テレビは「電波ジャック」状態で、そのあおりをくらってNHKドラマの「ひよっこ」は放送休止となった。テレビは見ていないが見た人の話によると、北海道の人に「光は見えましたか」「振動はありましたか」とマイクを向けたバカ記者がいたという。マイクを向けられた人は、笑いながら否定したそうだがバカ丸出し(^o^)。尾崎正直知事は「万万が一、...

都議選で前進した共産党

内閣支持率が引き続き低下している。それはさておき、都議選挙について引き続き書く。日本共産党について。高知に戻ってきて、みんなから聞くのは「良く前進したね」「正直、10議席くらいかと思っていた」という感想だ。みんな週刊誌情報がソースらしい。しかし、現地にいてそんな感じは受けなかった。現地は「やれば伸びる」「いけいけ」という肌感覚だったのではなかっただろうか。前回は日本共産党にとってラッキーだった。得票...

小池知事は、橋本か橋下か?

京都で旧知の友と会った。話題は彼の職業、こちらの職業から言って「東京都議選挙」になるのは言うまでもない。そしてそれは高知もふくめて、野党共闘がどうなるかにもつながる。かつて、圧倒的な支持で当選した知事に、橋本大二郎と橋下とおるがいる。前者は自ら「群れ」をつくろうとしなかった。旧来の議会勢力に、みずからの主張・立場をぶっつけた。それ故に、地元メディアなどとのあつれきもつくった。後者はみずからの主張・...

都議選挙をたたかった雑感①

都議選挙が終わった。できるだけブログ、ツィッターをアップしようと思っていたが、その余裕はなかった。せいぜい人の書いたツィッターをリツイートしたり、フェイスブックにコメントをつけてシェアするくらいだった。応援に入った里吉ゆみさん。前回は日本共産党の当選者のうち、17番目、つまり最後の当選者だった。こんどはその雪辱をはたそうと、みんなはひそかに思っていた。そして投票日。午後8時ぎりぎりまで頑張った。開...

どこまで続く私物化ぞ

なんか安倍内閣の腐敗堕落ぶりは底なしだね。下村博文元文科大臣が、加計学園の秘書室長から裏金を受け取ったっていう、週刊文春の報道。本人は記者会見で「事実無根、選挙妨害」とミエをはった。彼の言い分は、室長はパーティ券を集金して届けてくれただけで、政治資金規正法にも違反していないというもの。規正法に違反しているかどうかはあとで述べるにしても、加計学園の秘書室長が当時の現役文科大臣のパーティ券販売・集金担...

改憲策動を挫く都議選挙

安倍首相はいよいよ歯止めのきかない独裁首相となった。憲法九条に第三項を加えて、九条そのものを死文化させる改憲を2020年までに実現することを正面にすえた。そしてこれまでの論議を無視されても、物言えない自民党は死んだ。これまで巷間でささやかれていた「解散総選挙」の選択はなくなった。解散すれば満身創痍の自民党、公明党、維新が三分の二を確保することはむずかしいと見たのだろう。衆議院任期満了の2019年12月までに...

共謀罪成立の前からこれか(怒)

安倍政権の独裁ぶり、恐怖政治ぶりがきわ立っている。前川喜平前文部科学事務次官に対する、個人攻撃をみてぞっとした人たちは少なくないだろう。だってプライベートな時間に出会い系バーへ行っていたことを、安倍内閣のプラウダこと、「読売新聞」にリークし、官房長官がそれをネタに個人攻撃をする。しかも、前川氏によると出会い系バーの案件は、昨年末にあるスジから注意をうけたという。つまり、官邸が主要な官僚の動向を四六...

築地ブランドと豊洲移転

どうやら築地の人たちがのぞんだ、豊洲移転ではないことが東京に来てわかり始めた。豊洲の汚染は深刻なもので、専門家会議の座長は「除去できない」と言い放った。それもそのはずで、豊洲は1980年代後半まで主に工業地として使われていたところである。石川島播磨重工業などの工場があったり、新東京火力発電所、東京ガスの都市ガス製造工場などがあったところ。危険物質に汚染されていたことは、だれの目にもあきらかだ。そんなと...

「あったものはなかったことにできない」

きのうの前川喜平前事務次官の午後4時からの会見。最後まで見てしまった。ノー原稿で質問した記者の顔をはっきりと向いて答える姿には、真実を語ろうとする圧倒的なオーラが伝わってきた。獣医師の数は飽和状態なのに、無理スジから新たな獣医大学をつくらされることを強要される文部科学省官僚としては許せない思いがあったのだろう。それが「あったものはなかったことにできない」という言葉に凝縮されている。国政を私物化した...

青年将校と安倍流専門家と

今上天皇の退位問題で、天皇の気持ちとかけ離れた発言を一部の人物がしていたことが問題になっている。毎日新聞によると、----(引用開始)----安倍晋三首相の意向を反映して対象に選ばれた平川祐弘東京大名誉教授や渡部昇一上智大名誉教授(故人)ら保守系の専門家が、「天皇家は続くことと祈ることに意味がある。それ以上を天皇の役割と考えるのはいかがなものか」などと発言。被災地訪問などの公務を縮小して負担を軽減し、宮中祭...

あたらしい憲法のはなし

きょうは仕事場の当直。電話があった。「憲法改正について、私の親戚は憲法は時代に合わせて変える必要があると言っているが、私はそう思わない。私もいまの憲法はストライキを認めるなど、極道者をつくるもんだと思っていた」どうやらかなりのご年配の男性のようだ。「だけど、あるとき学校で渡されたパンフレットを読んで、先生の話をきいてガラッと変った。憲法は汗水流してまじめに働く人たちを守るためのものであって、税金を...

23日の証人喚問で見えたもの

きょうの籠池氏の証人喚問。彼が誠実に真実を語ろうとしていたことが良くわかった。刑事訴追うけそうな証言を拒否したことでも、そのリアルさがよく伝わってきた。それに対して自民党、公明党、維新の議員たちの醜さが浮き彫りになったと言える。真相究明には国家公務員、大阪府の公務員はもちろん、昭恵夫人と、その「秘書」である公務員の証人喚問は不可欠だ。これを妨害するなら、自民党、公明党、維新は真っ黒政党だ。【CM】...

稲田防衛大臣を即刻罷免せよ

稲田朋美防衛大臣のことについて、書くのは気が進まない。うちの娘がめがねをかけだしてから、稲田大臣を批判すると娘を批判しているような気になるからだ。だけど、これはあまりに酷いことだから書く。この女は国士でも何でもない。ただのウソツキ女だ。森友学園学園の裁判で弁護士をつとめていたことを、国会で追求されたことに対して、「顧問弁護士だった事実はございません」「私は籠池氏の事件を受任したこともなければ、法律...

森友学園を隠蔽する面々

森友学園問題を連投する。安倍首相はこの問題を説明不足として認めた。いまの理財局長は当事者ではなかったんだから、この問題について説明する能力も知識もない。だったら、籠池理事長と当時の理財局長から話をきくしかないではないか。ところが参院予算委員会の自民党理事が参考人招致に反対しているという。石井準一中泉松治二之湯智長谷川岳三原じゅん子彼らはこの事件の共犯者だ。隠蔽を許すな!!【CM】ぜひ、買ってください...

Menu

応援おねがいm(__)m

サヨクブログ興隆のために 1日1回それぞれポチッと!!↓


にほんブログ村 政治ブログへ

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

アンケートのおねがい

このブログへの評価をおねがいします。これからの記事に反映させていきたいと思います。

プロフィール

土佐高知

Author:土佐高知
男性/スライム系(LV61・HP715・MP1952)/高知県に生息/酒席は好きだが、晩酌はしない/どちらかといえば「凝り性」/美徳は「きまぐれ」/ウルトラマラソンに向かって日々鍛錬中!!/嫌いなことは陰口と意見を無視する態度
◎ブログの考え◎
TBは、削除しません。ただし、アダルトやスパム、記事に直接関係のないものなどは警告なく削除します。
コメントへの書き込みは、管理人および訪問者の意見交換の場と考えていますので、反対意見でもフレンドリーかつ建設的な態度で行なっていただくようお願いします。無意味な文字の羅列や、コピペ、他者を誹謗・中傷する(この判定は下記のとおり)コメントは警告なく削除する場合があります。多重ハンドル禁止など、ネチケットをまもることは、最低限のルールであることは言うまでもありません。
その他、ここに明文化していないことは土佐高知の判断に属します(重要!)。
紹介している商品の取引は、それぞれの責任でおこなってください。当ブログは一切の責任をおいません。

MAILをどうぞ!

ここでは書けないご意見、お問い合わせをどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QRコード

FC2拍手ランキング

ブロとも申請フォーム

埋め込み

右サイドメニュー

トコトン共産党

ご訪問ありがとう

ただいまのご訪問者

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ブログ内検索

商品検索

賛同TBセンター


「しんぶん赤旗」

ブログジャンキー

わたしのオススメ

お薦めの本、CDなど



















アフリⅠ

アフリⅢ