FC2ブログ

土佐高知の雑記帳

四国西南部から徒然なるままに、祖国の右傾化、田舎切りすてに異議申し立てほえる。靖国神社の戦争犠牲者冒涜に怒りの発信!軍需産業=吸血鬼を暴き出すお気楽バンパイア・ハンター(^○^)

Entries

アフガンのドイツ兵に、アメリカ兵、日本兵が重なる

ドイツ兵が頭蓋骨を手に誇らしげにしている写真が問題になっている。
アフガニスタンに派遣されたドイツ連邦軍兵士が、人間の頭蓋骨を手にポーズを取っている写真をドイツ大衆紙ビルトが1面に掲載した問題である。



このニュースをきいて、思い出したのは太平洋戦争での米兵のことである。
サイパンなどから日本兵の頭蓋骨を戦利品としてもちかえった、あるいは本国の恋人にプレゼントとして贈ったという話である。

たしか、恋人から贈られた日本兵の頭蓋骨を前にした女性の雑誌の写真もみたような気がする。

サイパン島玉砕の真実:黙殺された捕虜には次のような記述がある。
-----(引用開始)-----
しかし,日本兵の軍刀,寄せ書きの日章旗・旭日旗,軍帽,ベルト,手紙・写真などは,米軍将兵の個人的な戦利品Spoil of warとして剥ぎ取られた。中には,歯,骨,頭蓋骨まで戦利品とした米兵もいた。苦難の戦いを勝ち向いた証として,敵兵の身に着けていたものを,記念品として故国に持ち帰りたかったのである。このような土産物は,米軍将兵の間で売買されることも珍しくなかった。軍刀は100ドル,日本兵の歯は,1ドルだったという。
-----(引用終了)-----

このエピソードは、映画「大日本帝国」にも描かれている。

三浦友和が演じる小田島中隊長は、サイパン戦の最終段階で玉砕を戒め、民間人をまもるために米軍に投降しようと、交渉のために海岸線にでる。
そこで男女一組の士官がボール遊びをした挙げ句、全裸になって海で抱き合うシーンに遭遇する。

目をこらすと二人がボール代わりにしていたのは日本兵の頭蓋骨だった。
怒りに燃える小田島は二人を射殺し、その頭蓋骨を埋めようとするが、最後の力をふりしぼった女士官によって小田島も射殺される。

これと似たようなことは、逆の立場で日本兵も中国などで起こしたことだ。

戦争が人間を獣にする――その真理は民族と肌の色を問わない。



☆きょうも読んでくれてありがとうm(__)m
 来てくれた記念にポチッとおねがい!
↓    ↓   ↓
にほんブログ村 政治ブログへ

*Comment

 

>戦争が人間を獣にする――その真理は民族と肌の色を>問わない。

↑このような言い方を目にすると、つい「動物に例えないでよ」と言いたくなってしまう悪癖があって、久しぶりにコメント書かせていただきますね。

日本語の用法として間違っているわけではないし、
何かのアメリカ映画でも悪魔に向かって「アニマル!」と罵っている場面があって、悪魔は「ほほう、アニマルねえ。人間も皆 アニマル だぜ。」ってやり返していましたので、「人間らしくない」存在や言動に対して「獣」という言葉を使うのは結構行われていることだとは思うのですが、「戦争が人を獣にする」というのは、「人間は道徳的な存在である」という概念が前提になっているようで、つい?と思ってしまいます。

去年の9月2日の朝日新聞の夕刊にも、ハリケーン通過後のアメリカのルイジアナ州ニューオリンズで、「人々が獣のように振舞っている(=略奪に走っている)」という記述がありました。

何故細かい日付を覚えているかというと、その日のブログに書いていたからなのですけれども、平穏な日常が崩れ去った時に人々が獣のように振る舞い始めるというより、そのような行動を取る人々は元々道徳的ではなかったのではないかと思います。

動物の食に言及すると、野生の肉食動物って情け容赦なく草食動物等を狩るわけで残酷そのものに見えますので、残虐非道な人間に対して「あいつはケダモノだ」とか称しますけれど、肉食獣に狩られる動物は死ぬ直前までその動物本来の生活ができているわけで、実は人間の飼って殺すという肉食のあり方の方がよほど残酷な場合があるということをを無視してはいけないと思います。

人種差別や性差別と言う言葉がありますが「種差別」という言葉もあります。道徳的に欠陥のある人を獣のようだと例える用法がある言語に存在する場合、おそらくその言語の使い手たちの意識の隠れた所に、この「種差別」という意識が潜んでいるのだと思います。
  • posted by ふわふわ 
  • URL 
  • 2006.10/28 14:14分 
  • [Edit]

 

人間も獣ですから・・・あえてこう言わせてもらう。
理性を保持してる人間はその理性を簡単に放棄し、より本能的活動にいたることは動物としてのエゴイズムの発揮において、坂東氏の問題でもよく分かったと思われる。
そもそも、人間が獣になるのは、平時にもあることであり、戦争だけに特筆するべきではないだろう。
もっと言えば、戦争という状況においていかに法理、道徳規範が有効になるか?という部分を考えるべきだと思うのであり、一部の兵士を抽出して考えることは少し疑問を感じる。
普段から思うことだが、イラク、アフガン戦争を反対するというある一次元における見解と、だから、撤退するべきだという結論は別次元であるはずである。ここにおいて、アメリカ内部において、撤退論が盛んになっているが、おおよそそのような無責任な行動は政府も有識者も認めることはないと安堵しているが、市中はどうなのか?と心配になっている。
現状NATOが治安維持活動を行い英米基軸ではない方向性である。ここにおいて、日本がどうするべきか?という議論がない。これは、イラク特別措置法の時限後も同じことであり、更なる支援策を考えるべきなのは、言うまでもない。他者を批判するだけ日本はやることを為しているのか、という懐疑的姿勢なしでは、説得力ある外交はできない・・それを湾岸戦争で経験したことを忘れてはならないと思えるのだが・・・
今、イラクをどうするか?という将来像に関しての責任はアメリカだけではなく国際社会全体にあるということを忘れてはならない
  • posted by self0507 
  • URL 
  • 2006.10/28 19:29分 
  • [Edit]

self0507 さん 

self05077さんは、「人間が獣になるのは、平時にもあること・・・」と書いていらっしゃいますが、これは「平時にも人間は人間らしい心を失った状態になる」ということを意味していると思うのですけれど、

一行目の「人間も獣ですから・・・」は「人間も動物ですから」という意味でいいのでしょうか?

言葉の使い方の問題として、「戦争は人間を獣にする」という表現が意味するところは、「戦争は人間を人間らしい心を失った状態にする」ということですよね。

これを言いかえて「戦争が人間を獣にする」と言う時、ここで問題にされている倫理は必然的に人間という種のみが対象になります。

このことについて、もし倫理の及ぶ範囲を人間以外の種に拡げるとしたら「戦争は人間を獣にする」という言語表現は消滅の道をたどることになると思うわけで、

人間は、ピーター・シンガーが言うように『われわれの倫理の地平を「人間」という種の壁を越えて広げる』ことを視野に入れる必要があるのではないか?というのが私の言いたかったことです。
  • posted by ふわふわ 
  • URL 
  • 2006.10/29 13:22分 
  • [Edit]

 

>人間は、ピーター・シンガーが言うように『われわれの倫理の地平を「人間」という種の壁を越えて広げる』ことを視野に入れる必要があるのではないか?というのが私の言いたかったことです。
氏の著作「動物の解放」を思い出すわけですが、ふわふわ氏の指摘通りです。
動物的人類において倫理という壁は消滅する、意識されないことでしょう。
功利主義者というわけではないですが、自分は動物と人類の差異というものを大仰に考えることはできそうもないので・・
  • posted by self0507 
  • URL 
  • 2006.10/29 15:42分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

天木直人さん講演会がネットラジオに

 2006年10月21日高知市の高新文化ホールににて、元レバノン大使天木直人さ

Menu

応援おねがいm(__)m

サヨクブログ興隆のために 1日1回それぞれポチッと!!↓


にほんブログ村 政治ブログへ

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アンケートのおねがい

このブログへの評価をおねがいします。これからの記事に反映させていきたいと思います。

プロフィール

土佐高知

Author:土佐高知
男性/スライム系(LV61・HP715・MP1952)/高知県に生息/酒席は好きだが、晩酌はしない/どちらかといえば「凝り性」/美徳は「きまぐれ」/ウルトラマラソンに向かって日々鍛錬中!!/嫌いなことは陰口と意見を無視する態度
◎ブログの考え◎
TBは、削除しません。ただし、アダルトやスパム、記事に直接関係のないものなどは警告なく削除します。
コメントへの書き込みは、管理人および訪問者の意見交換の場と考えていますので、反対意見でもフレンドリーかつ建設的な態度で行なっていただくようお願いします。無意味な文字の羅列や、コピペ、他者を誹謗・中傷する(この判定は下記のとおり)コメントは警告なく削除する場合があります。多重ハンドル禁止など、ネチケットをまもることは、最低限のルールであることは言うまでもありません。
その他、ここに明文化していないことは土佐高知の判断に属します(重要!)。
紹介している商品の取引は、それぞれの責任でおこなってください。当ブログは一切の責任をおいません。

MAILをどうぞ!

ここでは書けないご意見、お問い合わせをどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QRコード

FC2拍手ランキング

ブロとも申請フォーム

埋め込み

右サイドメニュー

トコトン共産党

ご訪問ありがとう

ただいまのご訪問者

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ブログ内検索

商品検索

賛同TBセンター


「しんぶん赤旗」

ブログジャンキー

わたしのオススメ

お薦めの本、CDなど



















アフリⅠ

アフリⅢ