FC2ブログ

土佐高知の雑記帳

四国西南部から徒然なるままに、祖国の右傾化、田舎切りすてに異議申し立てほえる。靖国神社の戦争犠牲者冒涜に怒りの発信!軍需産業=吸血鬼を暴き出すお気楽バンパイア・ハンター(^○^)

Entries

朝鮮通信使と日本の人びと

NHK・ETV特集の続きを書く。ともかくこうして徳川政権になって、日本と朝鮮は友好的な関

係を確立しはじめる。3度の回答兼刷還使から朝鮮通信使に変わるとき、朝鮮政府部内ではある検討がされる。

まず応援のクリックをお願いします!

それは、日本が再び朝鮮を侵略しないようにするためにはどうすればいいかという問題だった。
当時、朝鮮の人たちは日本のことを「倭国」といい蔑む傾向があった。
日本が武力侵略をしてきた根本には、日本がまだ文化的に発達していないからとの認識から、交流を通じて文化レベルを引き上げることが朝鮮通信使の任務として与えられることになった。

こうして朝鮮通信使には政治的な役割ほもっている人のほかに、書や絵画、音曲、舞踊に長けた人たちも加えられた。
朝鮮の首都・漢城から江戸まで、海陸の道中で日本の人たちとの交流が行なわれた。

日本の庶民にとっても、参勤交代は「下に、下に」と格式ばってつまらないのに対し、朝鮮通信使の一行は文化的な装いで格式ばらないことが評判となった。
こうして江戸時代の「韓流ブーム」が始まった。

しかし、こうした交流は一夕で出来たものではなかった。
番組で紹介されていたのが、1711年の朝鮮通信使・シンユハンと日本側接待役・雨森芳洲との関係である。

シンユハンは朝鮮出兵でもっとも被害の大きかった地域の一つの出身、彼の身内にも被害者はいた。
だから、日本行きはいやでいやでしょうがなかった。
だが、国王の命令には従わねばならない。
いやいや日本に渡った。

日本側接待役は雨森芳洲。対馬藩に仕官し、釜山で朝鮮語を学び接待役となった。
二人は道中、朝鮮語で語り合い、次第に打ち解けるが京都で事件は起きた。
夜の接待会場に選ばれたのが方広寺。
日本側は近くにある耳塚には覆いをかぶせていたのだが、シンユハンら朝鮮側は方広寺が豊臣秀吉建立の寺であることを知って激怒、接待を受けないといい始めた。

苦慮した日本側は、いまある寺は秀吉が建立したものとはちがうとなだめて、事なきをえたが、この話し合いでも雨森芳洲は理と情をつくした。

雨森芳洲は別の場面で趙泰億に対して、朝鮮側が日本を「倭国」と呼ぶことの非を伝え「日本国」と呼ぶように求めた。
こうして二人は趙泰億の日本滞在中に、よく話し合いお互いを理解するようになった。

そして別れ。
シンユハンはそれまで日本に対して持っていたイメージを改め、雨森芳洲に対して別離の詩を送った。

こうしたエピソードは、その後も朝鮮通信使の滞在先でさまざまに生まれたという。

江戸時代。
司馬遼太郎氏は徳川政権下の日本をよく書いていない。
「城塞」のなかで大阪城が落城し、名実ともに徳川の天下になったとき「ちっぽけでつまらぬ日本になった」と書いた。
しかし、少なくとも隣国朝鮮とのあいだで友好関係を育んだことは高く評価されてもいいと思う。

それをぶち壊したのが、坂本龍馬らが活躍した幕末の「革命」をへて誕生した明治政府である。
もちろん朝鮮側にも非はなかったとは言わないが、主たる責任は豊臣政権のように侵略性を露にした日本側にあると思う。

ETV特集の次回「江華島条約 韓国併合への道」(仮)は、そうした時代に光が当てられる。
来年は朝鮮併合100年。
あらためて日本と朝鮮半島の関係を考えさせるいい番組だと思う。


☆きょうも読んでくれてありがとうm(__)m
 サヨクブログのランキングアップにご協力を!
  励みになります。ポチッとおねがい!
↓    ↓   ↓
にほんブログ村 政治ブログへ

*Comment

 

江戸時代って、日本のナショナリズムの成長期であるのに対し、明治以降はそれが劣化していくわけで。
神道+朱子学で The end

上田秋成と本居宣長の論争なんて面白いです。
宣長は日本を皇国として世界の中心に置き、万邦無比の優秀さと卓越性を持つと強調するのに対し、秋成は日本を世界全体の中に位置付け、世界の諸国はそれぞれ独自性を持つとするんです。
構造主義のレビストロースも真っ青の先見性、アジアを遅れた地域としか見なかったマルクスよりも視野の広い人です。
ま、二人の論争の勝者は今では明白ですが。
  • posted by キンピー 
  • URL 
  • 2009.12/30 19:09分 
  • [Edit]

 

司馬遼太郎が江戸時代を好きではないと言うのを初めて知りました。
時々、教育テレビで司馬遼太郎の独り語りみたいなのを見てました。
その中では、藩ごとの個性が専門家の育成に貢献し、ひいては国全体の力が向上するみたいな事を語っていた記憶があり、江戸時代って凄い時代だったな、などと関心したのを思い出します。
私が今住んでいるのは武蔵の国で、農民までこぞってチャンバラが好きで、新撰組の多くがこの地から出たとか、佐賀は大雑把な薩摩とは正反対で、やたらと算術が得意だったし、学業を終える元服が25才ぐらいだったとか、色々な興味深い逸話と共に江戸時代の社会構造やらを大いに評価していたと思ってました。
  • posted by ヒロユキ 
  • URL 
  • 2009.12/31 21:03分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

韓国 接待 弾丸トラベラー

【コラム】ある中小企業社長の悲劇(下) ‎2009年12月24日‎ 検事が「経営者用クレジットカード」で金を湯水のように使い、検察捜査官が二人で2年間に飲食店だけで1億4000万ウォン(約1100万円)分も接待を受けたこともあった。 同席したある経...

Menu

応援おねがいm(__)m

サヨクブログ興隆のために 1日1回それぞれポチッと!!↓


にほんブログ村 政治ブログへ

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アンケートのおねがい

このブログへの評価をおねがいします。これからの記事に反映させていきたいと思います。

プロフィール

土佐高知

Author:土佐高知
男性/スライム系(LV61・HP715・MP1952)/高知県に生息/酒席は好きだが、晩酌はしない/どちらかといえば「凝り性」/美徳は「きまぐれ」/ウルトラマラソンに向かって日々鍛錬中!!/嫌いなことは陰口と意見を無視する態度
◎ブログの考え◎
TBは、削除しません。ただし、アダルトやスパム、記事に直接関係のないものなどは警告なく削除します。
コメントへの書き込みは、管理人および訪問者の意見交換の場と考えていますので、反対意見でもフレンドリーかつ建設的な態度で行なっていただくようお願いします。無意味な文字の羅列や、コピペ、他者を誹謗・中傷する(この判定は下記のとおり)コメントは警告なく削除する場合があります。多重ハンドル禁止など、ネチケットをまもることは、最低限のルールであることは言うまでもありません。
その他、ここに明文化していないことは土佐高知の判断に属します(重要!)。
紹介している商品の取引は、それぞれの責任でおこなってください。当ブログは一切の責任をおいません。

MAILをどうぞ!

ここでは書けないご意見、お問い合わせをどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QRコード

FC2拍手ランキング

ブロとも申請フォーム

埋め込み

右サイドメニュー

トコトン共産党

ご訪問ありがとう

ただいまのご訪問者

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ブログ内検索

商品検索

賛同TBセンター


「しんぶん赤旗」

ブログジャンキー

わたしのオススメ

お薦めの本、CDなど



















アフリⅠ

アフリⅢ