土佐高知の雑記帳

四国西南部から徒然なるままに、祖国の右傾化、田舎切りすてに異議申し立てほえる。靖国神社の戦争犠牲者冒涜に怒りの発信!軍需産業=吸血鬼を暴き出すお気楽バンパイア・ハンター(^○^)

Entries

キャラバン初日


学習交流会に16人が参加してくれた。
焼き肉食べて、くつろいで居るところ。
確実に種子を蒔いている、実感がある。

全県キャラバン


台風一過。全県キャラバンを始めた。
吉村虎太郎の銅像下で訴える、

台風16号(マラカス)の動きがヤバイ


台風16号が進路を日本列島に向けている。
しかも四国にとって最悪のコース、北西を通過する見込みだ。
雨、風ともに厳重な警戒が必要だ。

さらに20日(火)に最も接近する可能性がある。
どうしよう?
全県キャラバン初日だ。

「台風なんぞに負けてたまるか」と思うが、参加者たちの安全が第一。
もう少し様子を見たいと思う。

【CM】
ぜひ、買ってください。
直接の注文はメールフォームからお願いします。



☆きょうも読んでくれてありがとうm(__)m
 サヨクブログのランキングアップにご協力を!
  励みになります。ポチッとおねがい!
↓    ↓   ↓

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ


「パンドラの箱」をあけた小池知事に拍手!!

豊洲市場
築地市場の移転先とされてきた「豊洲市場(江東区)」。
主要な建物の地盤で土壌汚染対策の「盛り土」がされていなかった問題で、小池百合子東京都知事が、移転延期につづいて経緯や安全性を検証する考えを示した。
百合子知事やるやん。

2016091101_01_1.jpg

その後の報道によると、都が遅くとも2011年3月から盛り土をしない方針だったとみられることが分かったという。
盛り土を求めていた有識者会議に十分な説明はなく、方針が180度転換したのは何か?

このころに東京都知事をつとめていたのは石原慎太郎氏。
そして「都議会のドン」内田茂氏は落選中だったが、自民党東京都連幹事長は留任。
隠然たる力をもっていたころである。

都議会は百条委員会を設置して真相究明に当たるべきだと思う。

【CM】
ぜひ、買ってください。
直接の注文はメールフォームからお願いします。



☆きょうも読んでくれてありがとうm(__)m
 サヨクブログのランキングアップにご協力を!
  励みになります。ポチッとおねがい!
↓    ↓   ↓

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ


檮原町での学習交流会


伊方原発を停めるための第一次全県キャラバンが20日から始まる。
学習会用のプレゼンがほぼ仕上がったことは前に書いた。
いまは流しスポットを仕上げている。

20日に訪問するのは須崎市、津野町、檮原町だ。
そのうち檮原町は一部が伊方原発から50キロ圏内にある。
先日、避難訓練が行われたが、複合災害想定ではなく「のどかな日」に原発が事故を起こしたという想定での訓練。
参加者から「こんなのが役に立つのだろうか」と疑問の声が上がったという。

そこで第一回目の学習交流となる。
この町はいち早く再生可能なエネルギーの普及に取り組み、原発からの離脱を先進的にめざしている。
ところが50キロ先に伊方原発があるために、放射能の危険にさらされる。
こんな理不尽なことがあろうか。
そこらもぜひ話し合いたいと思っている。
ぜひ多くの方々の参加を呼びかけます。

【CM】
ぜひ、買ってください。
直接の注文はメールフォームからお願いします。



☆きょうも読んでくれてありがとうm(__)m
 サヨクブログのランキングアップにご協力を!
  励みになります。ポチッとおねがい!
↓    ↓   ↓

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ


カーニコバル事件の真実


東京新聞・加古陽治文化部長を呼んで「木村久夫の青春と時代~未来への伝言」を10月23日に自由民権記念館でひらく。

先日、高知大学南溟会が主催した有田芳生さんの「木村久夫の青春~吉井勇の猪野々からカーニコバルへ」を聞きにいった。
1時間の講演だったが、木村久夫が処刑された裁判を「むちゃくちゃな裁判」「ほぼ無実の罪で裁判になった」という話には、大いに違和感を覚えた。

敗戦直前の7月、8月、日本軍がカーニコバル島民をスパイ容疑で約90人も裁判なしで惨殺したうえ、内臓を取り出して食した事件の裁判をこのように評価するのはいかがなものか。

戦犯裁判に不条理があったのは、日本軍が裁判なしに島民を惨殺した事実を暴かずに、木村久夫ら島民を取り調べた兵士たちに罪を問い、処刑したのに対して、惨殺命令を下した将校たちを見逃したり、軽い刑に処したことだろう。

木村久夫はその不条理を問い、3度にわたる嘆願書を出したがイギリス軍当局の入れるところとならなかった。

加古陽治さんはそうした木村の無念も含めて、カーニコバル事件についても話してくれることだろう。
期待したい。
【CM】
ぜひ、買ってください。
直接の注文はメールフォームからお願いします。



☆きょうも読んでくれてありがとうm(__)m
 サヨクブログのランキングアップにご協力を!
  励みになります。ポチッとおねがい!
↓    ↓   ↓

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ


2度も移民団を出した町

中津川 003
「17歳の特攻隊員」である山脇林(はやし)さん。
彼が15歳で航空兵を志願したのは、「貧しさ」も要因の一つだった。
もちろん、日米戦争緒戦での日本軍航空部隊の大活躍に心躍らせたことも大きな要因だった。
海軍は東宝映画に「ハワイ・マレー沖海戦」を作らせた(昭和17年12月)。
それを全国の映画館はこぞって上映した。
物語の主軸は予科練。
円谷英二の特撮効果もあって大ヒットした。
それに惹かれたこともあったが、貧しさも要因の一つ。

大正村は四万十川沿いの山村。
満足な田畑なかった。
山林に頼る生活は貧しかった。

そのなかでも山脇さんの一家は、父親がなく、兄は軍隊にとられ、生活は母と祖母の肩にかかっていた。
姉は郵便局で働き、山脇さんも高等小学校を中退して働きに出た。

そんななかで食べ盛りの少年が、家計を助けることも考え予科練に志願したのはある意味で当然だっただろう。
母親の反対を押し切って予科練に入り、やがて特攻で戦死した。

貧しかった大正村は、戦前、国策による満蒙開拓団を出している。
そして戦後も南米に移民団を出している。
そのリーダーとなったのが林さんの実兄、山脇敏麿さんである。
助役だった敏麿さんは、移民のリーダーを買って出た。
家族が病を得て途上で帰国を余儀なくされるが、移民への思い入れは強かった。

旧大正町は戦前、戦後と2回にわたる移民団を出した町である。
そのなかでも人々は必死に生きている。

【CM】
ぜひ、買ってください。
直接の注文はメールフォームからお願いします。



☆きょうも読んでくれてありがとうm(__)m
 サヨクブログのランキングアップにご協力を!
  励みになります。ポチッとおねがい!
↓    ↓   ↓

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ


伊方では福島とおなじことはおきない!!

スライド27
原発再稼働を進めている人たちは、科学的知見をまったく無視していることも問題だ。
一般に福島原発事故は地震と津波による外部電源・非常用発電機を損失とされている。
規制委員会の再稼働の条件もその対策となっている。

はたしてそうだろうか?
いまなお事故をおこした原子炉に人間は近づくことができない。
ロボットをつかった接近も出来ていない。
いったい何が起きてメルトダウンにいたったのかわかっていないのだ。

それなのに原発を再稼動させる。
航空機事故に当てはめると、事故原因がわかっていない機種を運行させることとまったくおなじことが起きているのだ。
しかも航空機とちがって、事故を起こせば周辺地域を死に至らしめる器械をだ。
とんでもないことだと言わなければならない。

事故調査委員会による報告のあと、東京電力はあるデータを公表した。
元東京電力社員の木村俊雄さんが執拗に公開を求め、2013年夏になって公表したものだ。
それは原子炉内部の水流などを記録する「過渡現象記録装置」のデータ。

朝日新聞「プロメテウスの罠」を引用する。
「8月後半に東電が公表した過渡現象記録装置の100分の1秒刻みデータを木村が見始めたのは、10日前だった。最初にチェックしたのは炉心を循環する冷却水の動き。「不思議な動きをしていますね。逆流しているように見える」しかしそこから先が進まない。1号機だけで436項目×21万個。データ量があまりにも多く、パソコンが円滑に動かないのだ。知人を介して能力の高いパソコンを探し、この印刷会社に行き着いた」

福島原発を実際に動かしたことがある人でなければ、その存在すら外部の人間は知らないデータ。
その解析で明らかになったことは、1号機の水流は通常の制御棒を入れると徐々に弱まっていたが、ある瞬間から通常にはありえない異常な動きをしていた。

スライド28

木村俊雄さんは言う。
「結論としては、地震で圧力容器に繋がる配管(小口径配管)から冷却水が漏れた。そのことが事故の進展を加速させるキカッケとなる。しかも運転員は気づかない。やがて津波がくる。3月11日17時19分(東電報告書P.125より)、原子炉建屋に入ろうとするがその時にはもうすでに放射能が充満して入れない。津波無くとも、重大事故に進展していた。これでも再稼動新基準は妥当なのか?」

福島原発のある大熊町の地震動は550ガル。
それなのに小口径配管断裂が起きた可能性がある。
伊方原発は福島原発よりももっと繊細な加圧水型原発だ。

スライド32

5キロ先の中央構造線が動けば…。
考えるだけで恐ろしい。

中村時広愛媛県知事は言う。
「伊方原発は現時点で考えられる最高の安全対策が施されている。福島と同じことが起きることはない」
はははははは…。
そりゃあそうだ。
伊方原発が事故を起こせば、瀬戸内海、中国、四国、九州、西日本が壊滅するのだから、福島とおなじことではない。


☆きょうも読んでくれてありがとうm(__)m
 サヨクブログのランキングアップにご協力を!
  励みになります。ポチッとおねがい!
↓    ↓   ↓

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ


伊方原発停止を求めるキャラバン

スライド23
伊方原発の再稼動を受けて、一刻も早くそれを停めるために世論に呼びかけ、県内に散らばる人たちと絆を強めようと、9月下旬から全県キャラバンにはいる。

夜の学習交流会用にプレゼンテーションをバージョンアップさせた。
その作業のなかで伊方原発の酷さを再認識した。

岡村眞高知大学教授が、「しんぶん赤旗」で指摘しているように、四国電力の地震に対する認識は「傲慢さ」以外の何ものでもない。

1号機、2号機、3号機の建設では、想定地震動は200ガルに設定してつくったのに、阪神大震災後にはそれを書類上で473ガルに、耐震指針改訂を受けて570ガルに引き上げた。

しかし、それはすべて書類上のことであって、原発を補強するなどの具体的措置はまったくやっていない。

スライド25

東北大震災のあとに旧保安院に出した、ストレステスト評価でも1000ガルに耐えれるとしたが、これも書類をドガチャカいじっただけに過ぎない。

スライド26

だが、中越沖地震で柏崎刈羽原発を襲った地震動は1699ガル。
熊本地震では1580ガル、しかも2回にわたって震度6強を記録したが、四国電力は高知県との勉強会でも意に介さない態度だ。

しかし、再稼動した伊方原発3号機はすでに水漏れを起こし、停止している2号機の第一次冷却水の配管から放射能水が漏れていたことが明らかになった。

原発は大小さまざまな配管が通っている繊細な器械である。
地震を甘くみている四国電力には、原発を動かす資格がない。
一刻も早く停止することを強く求める。


☆きょうも読んでくれてありがとうm(__)m
 サヨクブログのランキングアップにご協力を!
  励みになります。ポチッとおねがい!
↓    ↓   ↓

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ


「17歳の特攻隊員」の購読を!!

150225_1333~01
「高知新聞」が8月15日の一面で取り上げてくれ、数日後の社説でも取り上げてくれた「17歳の特攻隊員」。出版元のリーブル出版に販売状況を問い合わせたが、芳しくないらしい。

2000部刷っていて、少なくとも1500部くらいは売れないと赤字となる。
販売活動を促進しなければ、と危機感を募らせている。
で、第二次「押し売りモード」に切り換えてがんばりたい。

平野貞夫さんに送ったら、このあいだ丁寧な電話があった。
「特攻も丁寧に描いているが、昭和史でもあるね」と褒めてくれた。

このあいだあるところに寄稿した文章にも書いたが、そもそも特攻に関心をもったのは2007年の「誇りDVD」。

この年に日本青年会議所は、文科省の委託契約を受けてDVDアニメ「誇り」をつくり、学校現場に「靖国史観」にもとづく歴史教育を持ち込もうとしていた。
アニメは女子高校生「こころ」が、夏休みに特攻でなくなったおじいちゃんに近現代史を教えてもらい日本人の「誇り」に目覚めるというもの。
おじいちゃんの教える近現代は靖国史観そのもので、戦前の日本と特攻隊を無条件に美化するものだった。

それに違和感を覚えて身近な戦争の歴史を調べるなかで、母親の実家の近所にいた特攻隊員のことを知り、特攻の真実を調べることがライフワークの一つとなった。

そのなかで出あった一人が、17歳で特攻した山脇林二等飛行兵曹。
「ホビー館」や「カッパ館」のある、高知県山奥の少年がなぜ航空兵を志願し、特攻でなくなったのか――。

ぜひ、買ってお読みいただきたい。



☆きょうも読んでくれてありがとうm(__)m
 サヨクブログのランキングアップにご協力を!
  励みになります。ポチッとおねがい!
↓    ↓   ↓

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ


特攻専用機の「剣」の模型


この前の映画「サクラ花~桜花最期の特攻」上映に小松大洋氏から桜花、一式陸攻の模型を提供してもらった。
実際に模型があると、「こんなになっていたのか」と皆さん興味をもってもらった。
展示は成功だったと思う。

そのとき、小松氏が「こんなものもあるんですよ」と見せてくれたのが、特攻専用機「剣」の模型。
日本製ではなく外国製だという。

KIMG1096.jpg

ジュラルミンを使わず鋼製および木製とし、構造も可能な限り簡素化されは機体で、離陸と同時に車輪が切り離され、再び着陸できないようにしているのが特徴(飛行テストでは胴体着陸した)。

「桜花」とともに非人間的兵器の極地をいった飛行機である。

以下はウィキペディアからの説明。
「キ115 「剣」(つるぎ)は、第二次世界大戦末期に日本陸軍が開発した航空機であり、特攻兵器のひとつである。
キ-115は帝国陸軍における名称であり、エンジンをハ-33(金星)に換装した海軍型は「藤花」(とうか)の名称で呼ばれる予定になっていた。
設計・製造は中島飛行機。生産は昭和飛行機工業と艦政本部も担当している」


☆きょうも読んでくれてありがとうm(__)m
 サヨクブログのランキングアップにご協力を!
  励みになります。ポチッとおねがい!
↓    ↓   ↓

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ


高知新聞社説が取り上げてくれた。


拙著<17歳の特攻隊員>が、今日の高知新聞社説に取り上げられていた。
感謝、感謝である。
埋もれている戦争体験を掘り起こし、記録に残すことは我々の世代の使命かもしれない。

桜花特攻の概要


桜花は、航空偵察員大田正一海軍特務少尉が、ドイツのV1号ミサイルの命中精度を上げるために人間が操縦することから着想、東京帝国大学航空研究所、三菱名古屋発動機製作所の協力のもと、海軍航空本部と軍令部に持ち込んだことから具体化した。航空本部は1944(昭和19)年8月16日に発案者大田の名前から「○大(マルダイ)部品」と名付けて研究試作を下命、28日には量産化が決定された。
平行して桜花特攻隊員の募集が行われ、1944(昭和19)年10月1日桜花特攻部隊として神雷部隊=第721航空隊が開隊された。
大西瀧治郎中将による航空特攻開始(10月20日)の20日前のことである。

開隊された桜花特攻部隊(神雷部隊=第721航空隊)の訓練は、茨城県神ノ池基地で始められた。訓練方法は一式陸攻に吊して桜花は鹿島灘上空に運ばれ、そこから切り離されて自力で滑空し、神ノ池基地の滑走路に着陸するやり方で行われた。
経験者によると、切り離された瞬間、振動も音もなく奇妙な感触で、200、300メートル沈み、着陸コースに入ったらフラップを下して機首を上げ、100ノット(180キロ)くらいのスピードに調整して着陸する、その間2、3分の滞空だったという(御田重宝「特攻・講談社」)。

実戦に投入された桜花は11型。
独力で離陸できなかったため、一式陸攻24型を改造した一式陸攻24型丁と呼ばれる改造機を造り、アメリカ軍艦隊の近くまで、その下部に搭載して運び、そこから発進する方法をとった。
約2トンの桜花を抱いた一式陸攻は、限界ギリギリの離陸可能重量となり、速度も大きく低下したため、充分な護衛がなければ桜花発射地点まで接近することは困難だった。
全長6m、全幅5m、全高1m、全重量2,140kg(弾頭1,200kg)、動力4号1式噴進機(火薬ロケット)、速度648km/h、航続距離37km。

実戦投入は、1945(昭和20)年3月21日の四国沖の機動部隊に向け第一回神雷桜花特別攻撃隊出撃(陸攻18・桜花15・戦闘機32)。母機ごと桜花全機撃墜された(戦果なし)。
以後、6月22日まで10回出撃し、駆逐艦1隻撃沈と6隻に損傷を与えた(戦死136名、負傷197名)。
桜花パイロット55名が戦死、その母機(一式陸攻)の搭乗員は365名が戦死した。桜花は11型のほかに、海軍双発爆撃機「銀河」搭載の22型が生産(50機)、カタパルトから発射される43乙型が計画された。
高知県には43乙型が配備される予定で、準備が進められていたことが確認されている。



☆きょうも読んでくれてありがとうm(__)m
 サヨクブログのランキングアップにご協力を!
  励みになります。ポチッとおねがい!
↓    ↓   ↓

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ


原発建設めぐる漁民総会のひらかれた町

九町と風車
伊方原発ゲート前での抗議行動を終え、参加者の多くは九町漁港に移動。
そこで集会を持った。
九町は半島を挟んで伊方原発の南側にある漁港の町。

地元の方が「ここは原発に反対して町をあげて反対デモをしたところ。きょうはそれに及ばないが歩きたい」と挨拶。
みんなでデモを行った。



途中で「この奥のうちは伊方原発に反対して、毎日、街頭に立った廣野さんのお宅です」と説明があり、狭い路地を入った。
2階建ての家は空き家で、数年前にご夫婦はなくなったとのこと。

廣野さん宅

「廣野さん、全国から仲間が来たよ」
地元の方が呼びかける。

九町を歩くが人通りはない。
畑も荒れ果て、港につながれる船も少ない。
ここが伊方原発建設をめぐる漁協総会の舞台となった町だ。



青い空と青い海、死んだような集落のコントラストに、伊方原発建設をめぐる歴史の暗さを感じた。

伊方原発は再稼動したが一日も早く停めてやる――高知から参加したメンバーは、再稼動を阻止できなかった脱力感を感じつつ、それ以上のファイトを燃やしながら帰路についた。


☆きょうも読んでくれてありがとうm(__)m
 サヨクブログのランキングアップにご協力を!
  励みになります。ポチッとおねがい!
↓    ↓   ↓

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ


原発3号機からあがる煙

煙を出す3号機遠景
怒りのシュプレヒコールをやった。
そのあと、マイクが自由になったのでマイクを握った。
久々にアジテーション演説風に、
①原発が動かなくても電気は余っていて、四国電力はそれを首都圏や関西に安く売っていて、原発を動かすのは足りなくなっているからではなくカネ儲けのためであること、
②伊方原発3号機の建設申請には、伊予灘にある海底活断層はないとしていて、それが建設後にみつかったら書類をちょちょと手直ししただけの欠陥原発であること、
③四国電力の企業理念は「地域とともに」だが、いまやっていることは地域をしゃぶり続ける吸血企業であること、一刻も早く企業理念にもどることを訴えたい、とおおむね話した。

菅直人元首相、福島瑞穂社民党副代表もきてマイクを握った。
ふと伊方原発を見ると煙が上がっている。

煙を出す3号機

きくと、きのうは上がっていなかったとのこと。

一体何なんだろう?
伊方にはいったら線量計が上がったことと無関係ではないのではないか。


☆きょうも読んでくれてありがとうm(__)m
 サヨクブログのランキングアップにご協力を!
  励みになります。ポチッとおねがい!
↓    ↓   ↓

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ


サクラ花、桜花最期の特攻


終戦記念日。
高知美術館で上映中です。
次は12時半~。全部で五回上映。
ぜひ、おいでください。

国家権力に守られて原発再稼働

正面ゲートの警備員
歩いて行くとゲートが見えた。
車両止めの向こうに警察車両。
その前にも警察官。
ゲート前にはガードマン。
その向こうにもいる。

正面ゲートと集会

そして抗議集会に合流。
150人くらいはいるだろうか。
四国電力九町越宿舎下の広場に押し込められるような形でいた(地図の黄色星)。
県道にはあちこちに警察官と報道がいた。

工事車両が入るわけではあるまいに、なんでこんな警備をやるのか。
ある意味で高江より酷い警備だ。

WS000009_201608131944040aa.jpg

ガードレールから下を見ると、海上保安庁の警備艇が止まっていた(地図の青色星)。

保安庁の警備船

こんな物々しい警備をしなければ原発を再稼動できない四国電力。
企業理念の「地域とともに」が泣いてるぜ!


☆きょうも読んでくれてありがとうm(__)m
 サヨクブログのランキングアップにご協力を!
  励みになります。ポチッとおねがい!
↓    ↓   ↓

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ


Menu

応援おねがいm(__)m

サヨクブログ興隆のために 1日1回それぞれポチッと!!↓


にほんブログ村 政治ブログへ

カレンダー

08 | 2016/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

アンケートのおねがい

このブログへの評価をおねがいします。これからの記事に反映させていきたいと思います。

プロフィール

Author:土佐高知
男性/スライム系(LV61・HP715・MP1952)/高知県に生息/酒席は好きだが、晩酌はしない/どちらかといえば「凝り性」/美徳は「きまぐれ」/ウルトラマラソンに向かって日々鍛錬中!!/嫌いなことは陰口と意見を無視する態度
◎ブログの考え◎
TBは、削除しません。ただし、アダルトやスパム、記事に直接関係のないものなどは警告なく削除します。
コメントへの書き込みは、管理人および訪問者の意見交換の場と考えていますので、反対意見でもフレンドリーかつ建設的な態度で行なっていただくようお願いします。無意味な文字の羅列や、コピペ、他者を誹謗・中傷する(この判定は下記のとおり)コメントは警告なく削除する場合があります。多重ハンドル禁止など、ネチケットをまもることは、最低限のルールであることは言うまでもありません。
その他、ここに明文化していないことは土佐高知の判断に属します(重要!)。
紹介している商品の取引は、それぞれの責任でおこなってください。当ブログは一切の責任をおいません。

MAILをどうぞ!

ここでは書けないご意見、お問い合わせをどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QRコード

FC2掲示板

FC2拍手ランキング

ブロとも申請フォーム

埋め込み

右サイドメニュー

トコトン共産党

ご訪問ありがとう

ただいまのご訪問者

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ランキング

ブログ内検索

土佐高知のランキング

商品検索

賛同TBセンター


「しんぶん赤旗」

ブログジャンキー

わたしのオススメ

お薦めの本、CDなど



















アフリⅠ

アフリⅢ